2022/4/20

vs 名古屋グランパス〔J.League Division1第2節〕  FC TOKYO

4月20日 『 FC東京 vs 名古屋グランパス 〔J.League Division1第2節〕 』 味の素スタジアム。クリックすると元のサイズで表示します
本来2月末に開催予定のリーグ第2節ホーム開幕戦の健太グランパスとの因縁ゲームは、新型コロナウイルス感染者多出の影響で延期となり、この日の開催となりました。東京はここのところ浦和・札幌と2ゲーム連続のスコアレスドローが続いており、なんとしても勝利が欲しいところ。一方の健太さんは、東京では滅多に見られなかった3バックのフォーメーション。さて、ゲームは東京がボールを保持する展開も、得点にはなかなかつながりません。後半8分、この日最大の好機が。謙佑のエリア手前からのミドルシュートが右ポストに当たってはね返ると、左エリアにこぼれ、フリーのディエゴがすかさずダイレクトシュート。残念ながらこれはクロスバー。2度続けて枠に嫌われる結果に、ディエゴは無人のゴールへ流し込むだけだったので、なんとも悔しい場面でした。後半、モリげが脇腹を痛めたようで、CKの際もゴール前へも参加せず、ひざまずいてプレーが止まるなど、明らかに不自然な動きでした。ケガなら大事に至らぬことを願います。後半は名古屋に押し込まれる場面もありましたが、最後まで粘り強く守り抜き、スウォビィクの好セーブもあり無失点で、結局スコアレスドローでの新監督対決は痛み分け決着。新生トーキョーが健太さんの目にどう写ったのでしょうか。東京は4試合無敗としているものの3試合連続でスコアレスドローとなりました。ゲーム後、マルちゃんがゴール裏へ挨拶に、律儀なナイスガイです。一方、木本は名古屋ゴール裏へ挨拶に行くことは無し、名古屋サポも早々に引き上げていましたから、移籍選手のゴール裏挨拶は青赤流儀なのでしょうか。青赤魂ここにあり。バモス東京!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


後半8分 No.11 永井謙佑 右足ミドルシュートは右ポスト!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

同後半8分 No.9 ディエゴ・オリヴェイラ 左足シュートはクロスバー!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


祝!J1通算250試合出場達成!! No.7 三田啓貴選手!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


アルベルvs健太 スコアレスドローの痛み分け!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ゲーム後、モリゲが周回挨拶に参加せず引き上げ、ケガでしょうか(?)心配です。
クリックすると元のサイズで表示します


律儀な元青赤戦士 No.3 丸山祐市選手 “GAZOO Racing"カッコエー!
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ