Goldenism

やっぱりゴルが好き!

 

カレンダー

2022年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:びぃじえ
lam-2さん
本人は意外とサバサバしてます。
これも温厚な性格のお陰でしょう(笑)
これがSF号で、おまけにオカマだったら自信は持てません(爆)

場所が脆いガラスだけだったので、ショックは然程感じなかったんでしょうけど、
確かにぶつかった瞬間に止まったので、とぼけてたのかも?

確かにバックとローは意識しないと入らない構造ですよね。
普通なら、そのまま前に倒してのセコンド発進ですから。

この車もそうですが、若い頃にはバイクでも九死に一生を二度ほど(合計で4度)体験しています。
本当に悪運だけは、って感じ(苦笑)

あっ!でも、ひとつだけ良い事が、
それは帰りに舎人ライナーに乗った事(笑)
しかも、あの格好で(恥)
投稿者:lam-2
うーん、ハラのたつ事故ですねぇ。
たとえどんなに大きな車体でも、トレーラーでも、
何かにぶつかって判らないはずはないでしょう。
しかも、バックギアには入れようとしなければ入らない構造のはずです。

まぁびぃじえパパに怪我がなくてよかったですが、
その後の対応もお疲れ様でした。

に、しても悪運が強いなぁ(爆)
投稿者:びぃじえ
マルコパパ
自分でも怪我をしなくてホッとしてます。

相手の状況はどうだったんでしょうかね?
本人はバックに入れた記憶が無さそうでしたが、
保険会社を聞くために相手方に電話したところ、
久々の乗務だったそうです(運転してたのはは社長だった)

私も運転者の端くれとして、トレーラーからは全くの死角だったのと、ぶつかったのに気が付かないのは理解できますが、
その後、何事もなかったかように走り出した時は、流石に頭に血が上りました(笑)

クラクションを鳴らしても止まらなければ、神風BOYのように幅寄せも考えましたから(無謀)

極力、平静を保ちましたが、これがWanを乗せている自家用だったら、間違いなく地を出してたでしょう(爆)

こちらこそ、24日はよろしくです。
でも、何やら天気が…(汗)
投稿者:マルコパパ
恐いですね〜事故自体は大変でしたが、とにかく怪我が無くて良かったです。(((( ;゚Д゚)))
トレーラーのドライバーさんはどうしてたんでしょうか??
クラクションに気が付いて停まるくらいだから、とぼけて逃げたようでは無さそうですが、ぶつかった事にすら気が付かないのでは、おおかた居眠りでもしていたんでしょうか・・・( ̄∇ ̄;)
そうやって考えると、自分の命は周囲の車を運転するドライバーにも左右されてしまうということが良く解ります・・怖いですね〜
文章から迫りくる前の車の様子が伝わって来ました・・・(^^;)

話は変わりますが、24日よろしくお願いします。m(__)m
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ