2015/5/11

J.Mone / Köln  
最近は、オーストリア系のメーカーに押され気味ですが、
ドイツのロータリートランペットといえば、
Josef Monkeです。
最近モンケを仕入れることが多く、改めてその楽器作りの丁寧さに感心させられます。

今のマイスターの作品、ノイ・マインツァーは身内が揃えてます。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

今回仕入れたE♭管と以前仕入れたD管です。
クリックすると元のサイズで表示します

フリューゲルはこんな感じ。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

ベルだけモンケはこちら
クリックすると元のサイズで表示します
使い回しのG管。

クリックすると元のサイズで表示します

なかなかいい個体も少なくなって来ましたが、いい楽器であることは間違いないです。
70年代のベルリンフィルハーモニーの重戦車のようなサウンドもいいですが、それだけでは
ない、ドイツ管って感じがしますね。
1

2015/5/12  21:43

投稿者:響
良いですねぇ。
フリューゲルはebayで2回取り逃がしたものです。
まさか売りに出てたとは…。いつか吹かせて下さいね。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ