2021/10/11

オファーは続くよ。その2  
えーっと、またまたご無沙汰しました。

今度はJochenからオファーがありました。^_^

以前EndersのHigh−Cピッコロだったり、Monkeのバロックやヘラルドピッコロをオファーしてきた、スイスのコレクターからのオファーで、レア中のレアです( ◠‿◠ )

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

Endersの4バルブのG管です。EndersのG管は以前2本所有してましたが、一本はG管オンリー、もう一本はF管替え管付きでしたが3バルブでした。

特徴的なのは、4番管の巻きですね。

現在所有している(在庫、とも言う。笑)GanterのG/F管はこんな感じです。これはこれで、マウスパイプ
1番管に入ってるので、短くて音程取りにくいんじゃ?と思いきや、中々いいです。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

ベルと並行して4番管伸びてます。通常4番管はレヒナーのピッコロのように(というか本家シェルツァーのように)膨らんだ形が多いんですが、ベルと垂直にするため、へんな曲げ方してます。

本家シェルツァーはこんな感じです。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

Endersの楽器はホントにゲージツ的に美しく、前にも載せましたが、3バルブのベルに向かう曲げが美しくてホレボレします。
クリックすると元のサイズで表示します

あ、Endersの弟子のKoenig(王様じゃん。。。)製作のG管がこちら(3バルブ)
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

あ、趣旨が変わってきてますが、G管の幻の名器、ヘッケルのG管はG管とわからないようにダミー管ついてます。昔は指揮者によっては小さい楽器キラうヒトがいたみたいで・・・。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

ひっそりと「もう少しG管使うヒト増えればなぁ」と事あるごとにススメてます(笑)。

あ、Endersの4バルブ、2000ユーロ(送料別)だそうです。興味があれば、是非。
4

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ