2022/5/8

スイスより  
Werniのところから、何本か購入したことありますが、
連絡も早く、まだ会ったことはありませんが、頼りになります。

で、今回Werniのところに出てますが、スイスのプロの方からオファーがありましたので、
アップしておきます。このプロの方、以前スイスからヤフオクにも出品されていた方ですのでご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、プロユースの楽器なので、どれも素晴らしいコンディションです。

B&SのE♭管4バルブ
https://www.secondbrass.com/?id=5&product=2953

SchilkeのE3L−4です。
https://www.secondbrass.com/?id=5&product=3192

E♭管の4バルブは下のEまで出ますので、便利です。僕もSchilkeのE3−4(ベリリウムベル)持ってますが、重宝してます。

上記サイトを見ていただくと、同じプロの方から、ヤマハ2本出てます。
YTR-9820CとYTR-8335Wです。3ピストンのピッコロは以前シルキーのP4を所有していましたが、3バルブは軽くて吹きやすいです。エクステンションロータリーも付いているので、ローレジスターも大丈夫ですね。
YTR−8335Wは神代センセイ監修のもので、仲間内でも評判上々です。スペアの楽器だったそうで、殆ど吹いていないようです。

Werniのところに、超デッドストックがあります。229のライトウエイトベル、NY BachのML C管です。この楽器パリの倉庫に眠っていた楽器のようで、所謂Mint コンディションだそうで。229ライトウエイトベルといえば、C180SL229CCのシカゴモデルも同じですね。どんな感じだったんでしょうかね。

問い合わせしたところ「Selmer−Bachが買い戻したよ」とのこと。お値段はそれなりだったようですが、Bachとしても当時を知る貴重な資料だったんでしょうね。

4バルブピストンのE♭管2本、ヤマハ2本ともお値段はWerniのサイトに出てます。直接が良ければオーナーにつなぎますので、拍手コメントに連絡先お願いします。

シルキーのE3L−4は円安考えてもお買い得ですね。
3

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ