奥羽鉄道

決して実在はしませんが、思い出を随所に配置したNゲージレイアウトです

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:寅パパ
わざわざ判りやすい写真を掲載いただき恐縮です(笑)。実によく理解できました。全体に左に回ったのですね。
しかし大変な工事なんでしょう。知識がありませんが、規模から察するに想像できませぬ。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ