奥羽鉄道

決して実在はしませんが、思い出を随所に配置したNゲージレイアウトです

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:寅パパ
いっそのこと、公社債を発行してみては・・・(苦笑)。
勿論、見学者・利用者からは若干の料金をいただくことになりますが。
えっ?生々しい?
失礼ブッこきました!
大阪から舞い戻った寅パパ
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ