2006/10/26

ぬるい写真が人気?  デジタルカメラ
今日はちょっとカメラとは違った話題。
最近の雑誌などを見ていると、いわゆるハレーションっぽいふわっとした写真が多いことに気づく。
昔ながらのカメラ誌ではそんなことないが、
ファッション誌などではそんな写真が多い。
逆光でハレーションが発生していて、コントラストが低下した写真だ。
ちょっと前まではそういう写真を見ると、カメラマンの手抜きだなぁと感じていたものだが、どうやらそういう写真が今は流行らしい。
私は「ぬるい写真」と表現していたのだが、この「ぬるい」が心地よいと感じるのだろう。(一過性の流行なのか、定着するのかはわかりませんが)
ロモとかホルガとかが流行っているのもその傾向の写真が撮れるからではないだろうか。私も数年前に遊びでホルガ買ったけど、すぐに飽きてしまい、買った1ヶ月後には子供のオモチャになってしまった。

でも、大切なことはそれを心地よいと感じる人がいる以上、写真としては成立しているということ。別に私がその方向に進もうと考えているわけではないが、いろいろな人がいろんな写真を見て、撮って、そして写真を楽しめるのならそれでOKだと思う。
今更ですが、写真ってほんとに面白いですね!
やっぱりカメラのスペックだけじゃ、写真は語れないってことです。

クリックすると元のサイズで表示します
昨日のモデルさんはオスカープロモーションの篠崎彩音(しのざき あやね)さん。
なんと18歳の短大生だそうです。
で、彼女にブログ用の写真を撮らせてもらったところ、それように撮った写真よりもこっちの写真の方がお気に入りだという。
この写真はホワイトバランスをとるためにグレーカードを撮って、そのあとでちゃんとグレーが出ているかどうかをチェックするために、確認用にシャッターを切ったもの。ハレ切りもせず適当に撮った。
だから、画面の下側にはグレーカードが写っているのです。
本人いわく、こういうふわっとした写真が素敵だとのこと。
う〜ん、テストカットがお気に入りというのは、私にしてみれば複雑な心境です。
だって、もっと素敵で可愛く写っているカットもあったのに〜。
勇気がいりました。このカットを掲載することに(笑)
D200にて撮影。
0

2006/10/31  22:53

投稿者:hanawa
>隈元研一さん
だれでも街中の女性に声をかけるのは勇気がいりますよ〜。隈元さんだけではありませんよw
私だって、写真展用など仕事に絡まないと声はかけません。

http://gold.ap.teacup.com/hanawa/

2006/10/31  4:00

投稿者:隈元研一
用件があり、今日は深夜です。今晩は、hanawaさん。
45度逆光で撮ると言うのは得意というよりもスタッフ数でそうなっていたところが昔はありましたが、非常に難しい問題と思います。
でも、きれいな感じにさすが仕上がってますね、カラーガール役の「篠崎彩音ちゃん」の実力もあるようですが…顔立ちの良いお嬢さんですね‥ 。
最近、熊本の町中を歩いていましても、「おっ‥ 」という私好みのお嬢さんとすれ違いますが、さすが仕事を離れていると、タイミングよく声をおかけする勇気も全く無くなりました。「後は棺桶か…殻(空)シャッターカメラマンか…」(…笑)

2006/10/30  11:12

投稿者:hanawa
>百谷泉一郎さん
レス遅くなりました。
ぬるい写真って感じでしょw
でも、確かに若い人の感性にはマッチしているみたいですね〜。
私にもよくわからないのですが・・・。

>隈元研一さん
ハレ気味くらいがいいんじゃないでしょうか。
でも、シングルコートでちゃんと撮ってもハレっぽくなってしまうのと、今のレンズで単なるド逆光でハレ出してるのとはちょっと味が違う気がしますけどね。

>Msumidaさん
18-200mm注文おめでとうございます。
ずいぶん長い道のりでしたね。
もっと早く注文していれば今頃はとっくに使いまくっていたでしょうに〜w


http://gold.ap.teacup.com/hanawa/

2006/10/29  9:49

投稿者:隈元研一
おはようございます、hanawaさん。
ハレ‥ は、最近処分したSIGMA 20−40mmあたりは「どっと出ますね…」、でも、「ハレ‥ 気味」であり「ド派手ハレ‥ 」ではだめでしょうから…。
私たちはマルチコートされて逆光でも問題ないレンズを知らず知らず技術的に求めてしまいますが、若い人たちは「ソフト感」のある「ヨーロッパ玉風の画像」を好むのかもしれませんね、するとNONコートの1980年製以前のレンズが良いのかも、しまったPENTAX SMCコートを3本買っちゃった。(…笑)

2006/10/29  8:18

投稿者:百谷泉一郎
こちらにはたぶん初めてコメントします。

ぬるい写真ですかぁ (@_@;) なかなか良いネーミングですよね。確かに最近の写真雑誌にはそのような写真ばかりのものもありますよね。私としてはふ〜んという感じで見ているのですが、子供なんかに聞くと良いという返事が帰ってきます。見えすぎるより少しオブラートに包んだ状態が受けるのでしょうか?正直言って良く判りません。(^^ゞ

http://gigicat.exblog.jp

2006/10/29  7:08

投稿者:Msumida
塙さん おはようございます。先日ニコンの18−200mmを注文しました。1ヶ月待ちと表示が出ていましたので、注文しました。祭りの写真は、700カットの内、後40カットで編修が終わります。長かったです。アルバムにして、DVDRに焼かなくてはいけませんので、今月中には無理ですね。早くしないと、カラオケ大会の写真を撮らなくてはいけませんので、しんどいです。これで、今年の行事の写真は終わりますが、自分の写真は今年も殆ど撮れずに終わりそうです。

2006/10/28  22:41

投稿者:hanawa
>隈元研一さん
ソフトとぬるめは微妙に違うと思いますけどね〜。
私もソフトは好きです。

>Msumidaさん
心を込めて撮る。大切ですね〜。まったくおっしゃる通りです。

http://gold.ap.teacup.com/hanawa/

2006/10/28  8:19

投稿者:Msumida
塙さん おはようございます。私もどちらかと言えば、きりっとした写真の方が好きですね。ピントが撮りたい被写体にぴしっと合っていなければ写真はしまりがありませんよね。写真講座なんかで、構図のおもしろさだけを強調して、ピントや、ブレに気を遣わない講師の方がいますから、今年の祭りの時も、コンテスト狙いのカメラマンは何でもアップの撮り方をしていました。昨年も、よそから来た方が、子役の顔をドアップで撮らしてもらえたと言ってうれしそうにされていましたが、それで良いのかなと思いました。どんな良いカメラを使っても、ヘボな写りをすることもあります。大半は操作ミスですが、心を込めて撮れば、人を感動させる写真は、誰にでも取れると思います。

2006/10/27  19:27

投稿者:隈元研一
片目…でなく硬め。(ATOKが悪者…)

2006/10/27  19:26

投稿者:隈元研一
hanawaさん、こんばんは
私は昔から、資生堂前田美波里さんポスターの「カキッ」とした(わ、出た…古い…ガラガラ)カットよりも、ハッセルには常時ソフトンをプロテクトフィルタ代わりに入れてましたので、同僚からいつも叱られていました。(なんか…ピント変?…と言う事で…)
片目のレンズにソフトン(国産は駄目ですけど)を入れると、なかなか面白いのですよ、…私だけ???

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ