2007/4/27

Caplio GX100  デジタルカメラ
Caplio GX100は、リコーが発売した24mm相当からの3倍ズームを搭載するコンパクトデジカメ。
雑誌のお仕事で編集部から送られてきたので、しばらく使っていたのだが、なかなか面白いカメラだった。

着脱式のEVFが付いていたり、アスペクト比1:1となる正方形の写真が撮れたり、19mm相当のワイコンが用意されていたりと、ちょっと他のカメラにはない魅力がある。
カメラって本当に不思議で、自分が気に入ったものだといっつも持ち歩きたくなるし、シャッターを切る回数も増える。だから結果として面白い写真が撮れたりするわけだ。
GX100もそんなタイプのカメラだった。別に素晴らしく高機能なわけでもないし、デジタル一眼レフほどの高画質なわけでもない(当たり前だが)。
でも、どこか存在に魅力があるんだな〜、不思議。なんか憎めないヤツって感じのカメラだ。でも、GX100はまた編集部に帰っていってしまった。いいヤツだったのに残念。

リコーはGR DIGITALもそうだけど、そういう不思議な魅力を持つカメラを作るのがうまいメーカー。カメラもそうだけど、メーカー自体も憎めない存在って感じかな(笑)。これはGR DIGITALの後継機にも期待ですな。いつになるのか知らないけど。

クリックすると元のサイズで表示します
1:1モードに設定して撮影。
ちょうどEVFが上方に90度チルトすることもあって、
1:1モードで上からファインダーをのぞいていると、ちょっとだけハッセルをのぞいているような気分になれる。それもこのカメラの楽しみ方のひとつか。

写真はマニュアル露出モードにセットして、新緑の間からもれる太陽の光を強調するようにわざと大幅な露出オーバーにしてみた。
(くれぐれも言っておきますが、カメラが悪くて露出オーバーになったんじゃありませんから。マニュアル露出でそうしたんですからね。)
0

2007/4/28  4:19

投稿者:hanawa
>穂夏さん
やっぱり1:1のスクエアが楽しいですよね。
フレーミング時から1:1というのはやはり気分も構図の撮り方も違うものです。

http://gold.ap.teacup.com/hanawa/

2007/4/27  18:53

投稿者:穂夏
発売日に手に入れいつも持ち歩いています。1:1モードが一番の、というより唯一気に入った点で今はこれにはまっています。RolleiやHasselと違った撮影感に引き込まれています(お約束の不具合はありましたが。。(爆))。難点はGRDに比べて多少かさばること。背広のポケットにはちょっと窮屈ですけど、毎日つっこんで家を出ます。久々楽しいカメラに出会えました!!おかげでちょっと遠ざかっていた本家6×6にもフィルムを通してやらないとという気持ちに。。。

http://contax645best.blog38.fc2.com/

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ