2008/9/11

今度はソニーからα900が登場  デジタルカメラ
昨日、ソニーから2460万画素のフルサイズCMOSセンサーを搭載したα900が発表になりました。
発表イベントに行ってきたので、その感想を少々。

まず、ボディはさすがにフルサイズ機というだけあってでかいです。
ただ、重さはそんなでもない感じ。
本体のみで850gということは、ニコンのD300より25g重いだけ。
フルサイズのフラッグシップモデルと考えれば、予想より軽いといっていいでしょう。
ただし、見た目はペンタ部がでかいせいもあって、かなり迫力があります。

シャッターを切ったフィーリングですが、α350などと比べるとかなりキレ味のいい感じ。
5コマ/秒の連写は立派です。ただし、このクラスでシャッターの耐久性が10万回というのはちょっと心許ない?特に、アマチュアの方はまめにオーバーホールをしたりしないでしょうから、なるべく耐久性は持たせておきたいところです。

フルサイズになっても、しっかりダストリダクション&ボディ内手ぶれ補正を搭載してきているのはGood!
液晶モニターも3型で92万ドットと見やすいし、ファインダーも広くて見やすい。(視野率約100%、倍率0.74倍)
まあ、フルサイズセンサーのカメラはみんな広くて見やすいので、どれくらい見やすいかというのは、実際に複数のカメラを同時にのぞき比べてみないとわかりませんが。倍率だけみるとかなり見やすいということになるでしょう。
画像処理エンジン「BIONZ(ビオンズ)」を2個も搭載して、高速処理をしているっていうのもフラッグシップ機らしいところ。
あと、交換用のフォーカシングスクリーンが用意されているのもいいですね。
(私なら方眼タイプのやつかな〜。)


いまいち、微妙と感じたのは、縦位置グリップ。
縦でも横でも同じようなポジションでファインダーをのぞけるように、シャッターボタンの位置が少し下の方に配置されているのですが、デザイン的にはう〜ん微妙。
縦位置グリップなしの本体のみのが絶対かっこいいと思います。(あくまでの個人の主観ですよ。)

そして残念ながら、ライブビュー機能が省かれています。
カメラの説明ブースにいた方に、「α350とかでせっかくAFの速いライブビューとかをやったのに、このカメラには搭載されていないんですね」と聞いたら、
「代わりにα900ではインテリジェントプレビューという機能を搭載しています」とのこと。
インテリジェントプレビューとは、ボディ前面のプレビューボタンを押して放すと、一旦シャッターが切られ、液晶モニターに現在の設定で撮影するとこんな仕上がりになるというプレビューが表示されるというもの(カードには記録されない)。
で、そのプレビューをみながら、露出やホワイトバランス、Dレンジオプティマイザーなどの設定を変えていくと、その結果がプレビュー画面に反映されるというものだ。
露出やホワイトバランスを微調整して、今度は通常の撮影をすれば、思い通りの絵が撮れますというわけだ。

うーん。確かに。
この機能はこの機能で存在意義はあるでしょう。
でも、ライブビューの代わりにはならないでしょう。
というか、ライブビューは撮影前に仕上がりを見るためのものというよりは、
ファインダーを覗きながらの撮影は厳しいアングルやポジションで活用するもんだと思うんですけど。
(ちなみに、しつこいようですが、私はほとんどライブビューは使いません。でも、無いよりは有った方がいいと思ってます。)

いつもの発表会なら、ここでさらにつっこみを入れるところだが、今回は発表会というよりは、カメラ販売店さんなどを招待したいわゆる発表イベント。
どうも勝手が違うというか、私があんまりカメラのことを知らないと思われてしまったのか、あまり話がかみ合いそうになかったので、おとなしく引き下がりました(笑)。



でも、まあとにかくカールツァイスのPlanar T*85mm F1.4なんかがまっとうに使えるようなカメラが出たことは素晴らしいです。(今まではポートレートレンズとしては長すぎましたからね)

そしてキヤノンとニコン以外にもこういうメーカーが頑張ってくれるのは大歓迎です。

あとは、早く実写して絵作りを見てみたいなーというところです。
高感度も含めて、どんな感じなのか興味津々です。

クリックすると元のサイズで表示します
私が手にしたデモ機には、Sonnar T*135mm F1.8 ZAが装着されていました。
さすがにこのレンズで撮った写真は、液晶モニターでみても立体感があって、素晴らしかったです。(液晶モニターで違いがわかるのか?と聞かれれば、ボケ具合はわかります。味までは・・・まあ気分の問題かもしれませんねーw)

ツァイスのレンズを使いたいためにこのカメラを買うという人がいるだろうという話にもうなずける気もします。

それにしてもペンタ部がでかい(笑)。
威圧感あります。
なんといっても2460万画素ですからね〜。
すごい時代になったものです。
2
タグ: α900

2008/9/19  14:59

投稿者:塙真一
>1ファンさん
100%視野かライブビューのどちらかという質問であれば、私は迷わず100%視野率が欲しいですね。
ただ、今の時代はそれを両立している機種があるわけですから、どちらか一方という選択しかないというものではないと思います。
α350のファインダー視野率が低いのはもちろん知ってます。
でも、α350のライブビュー時のAFは高く評価しています。ライブビューはAFが高速になってこそ常用といえると思っているからです。そこを分かっていると思われるソニーだからこそ、ライブビューの搭載を力の入れたニューモデルであきらめてしまったことが残念だと思ったのです。

2008/9/19  8:47

投稿者:1ファン
ライブビューについてのご意見が右往左往していますが、どっちなのでしょうか。
視野率100%のファインダーをとるか、ライブビューをとるか、となった場合、このカメラのユーザー層を考えると当然ファインダーになったと思うのですが。ライブビューを搭載したα300/350が、下位機種であるα200よりも視野率が低いのをご存じでしょうか。

2008/9/12  1:07

投稿者:塙真一
>show16さん
デジタルカメラは精密機器ですからね〜。
昔のピンホールカメラのように自作は難しいでしょうね〜。

>青空さん
確かにパソコンの性能は必要になりますね。
でも、それなりのカメラを使う人は、そのなりのパソコンを用意しなくてはいけません。
メモリーももはや4GBとかが最低ラインかもしれませんね。

2008/9/12  0:28

投稿者:青空
塙さん、こんばんわ!!
α900発表されましたね。価格も30万円台と、D700のライバルになりそうですね。
しかし2460万画素もあると、PCの方もそれ相当のスペックじゃないと、キツイでしょうね。
でもソニーは、フォトエディションという高性能の
PCを同時期に発売するところは、商売上手って感じです(笑)

2008/9/11  8:14

投稿者:show16
僕もライブビュー使いません・・・
カメラは覗いてナンボでしょう(笑)
BTOできるカメラがあれば超シンプルに作ってみたいです。

http://show16-blog.at.webry.info/

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ