2009/1/9

作品を撮ることとお仕事写真の違い  デジタルカメラ
あまりブログを更新しないと関係各所から「さぼっている」とお叱りを受けてしまうので、近況報告を。

今年はやっぱり作品をどんどん撮っていきたいと思っています。
お仕事としては雑誌の仕事も、Webの仕事もやっていきますが、
これは作品ではなく作例。
撮りたい写真を撮るというよりは、編集部の企画に合わせてレンズや構図などを決めて撮るものです。
そのために、自分では普段使わないようなレンズや撮影モード、機能などを使うこと多く、実は結構ストレスのたまる撮影です。
これに対して、作品は撮りたい被写体に向かって、それをどう表現するかを考えて、それに合わせてレンズや露出、撮影モードなどを決めます。
手段に合わせて結果を作る作例と、結果に合わせて手段を選ぶ作品とはまったく思考が逆になるんです。

作品撮りでは、機材の選び方もあくまでも結果ありきで考えます。
こういう写真を撮りたくて、こういうライティングだからこういう機材を使おう。こういうレンズを使いたいからこのカメラを使おうといった具合です。だから、作品撮りではいろんなカメラやレンズ、照明を使います。

ということで、今年は写真展を始め、色々なところで作品を発表したいと考えています。
でも、それにはやっぱりお金がかかるんですね。なので、必然的にお仕事もガンガンやらねばなりません(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
写真は、Yahoo!のコンテンツの一つにある「月刊チャージャー」というページの、「水着ヨガ教室」というもののワンカット。
2009年初のグラビアっぽい撮影でした。

このポーズも撮りたいように撮ったものではなく、
ヨガをしている最中のカットなのです。ヨガのポーズをいかにグラビア写真っぽく見せるか。結構、苦労しました(笑)。
もちろん、お仕事ですから、すべてが自由に撮れるわけではありません。
時間も場所もポーズさえも制限されています。
不自由の中で、自分の引き出しを総動員して、いかにクライアント満足を得るか。それが求められるのです。
だからこそ逆に、自由に撮れる作品づくりを一生懸命にやらなければと思うわけです。そうしないと、いつになっても引き出しの中身は増えませんからね。

モデルさんはヨガドルとして活躍中の横井詩織(よこいしおり)さん。
ヨガとクラシックバレエのインストラクターというだけあって、
さすがに身体が柔らかく、スタイルも抜群です。
0

2009/1/12  16:27

投稿者:塙真一
>青空さん
まあ、写真にオリジナリティがあっても、誰でもが行ける場所にある被写体の場合、その被写体自体に著作権を主張するのは難しいかもしれませんね。

>Msumidaさん
撮りたい写真を撮って、それがお金になるのが一番理想的なんですけどね。
そうなるように頑張ります。



http://gold.ap.teacup.com/hanawa/

2009/1/12  6:57

投稿者:Msumida
おはようございます。塙さんのご苦労がよくわかります。私も頼まれてよく撮りますが、必ずしも、自分の撮りたい写真や、撮りたい場所でない場合があります。自由に撮れる写真を撮りたいですね。塙さんの場合はそれが、よい仕事に繋がるともっと良いですね。

2009/1/11  23:42

投稿者:青空
塙さん、こんばんわ!!
最近テレビのニュースで、プロカメラマンの著作権侵害の事を、放送していました。
確かに同じ場所で写した感じですが、アングルとか
撮る角度の違いもあり、多少違う感じがしました。もしこれが著作権侵害になるなら、いろんな方が撮る富士山の写真なんかも問題になりますよね。
この裁判の結果がどうでるのか、気になりますね。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ