2009/2/16

海外ロケ  デジタルカメラ
写真展が終了から1日あけて、海外に来ています。
アメリカではありません。
日本よりはちょっと寒いところです。
4日ほど滞在していますが、明日は別の都市に移動です。

土地勘のない場所では、写真を撮ってもそれがどこかのか分からなくなってしまうことがあります。
そんなときに便利なのがGPS機能です。
ニコンCOOLPIX P6000にはカメラ内にGPSが装備されています。
これで撮れば、あとから自分がどこにいたのかをじっくりとチェックすることができます。これがなかなか便利で面白いです。


クリックすると元のサイズで表示します
P6000で撮ったブログ用の記念写真。
現地のモデルさんです。
ブログに掲載する写真を撮りたいといったら、わざわざポーズ作ってくれましたw
さて、私がどこにいるかというのはこの写真のデータを見れば分かります。
この写真を保存して、ニコンの画像ビューワー「ViewNX」で開いて、「GPSマップ」というアイコンをクリックすれば、この写真がどのあたりで撮られたものかが分かります。
なんとも便利な世の中になったものですねー。
関心のある方は、ぜひやってみてください。

0

2009/2/17  1:12

投稿者:塙真一
>ちゃぼさん
天竺じゃないけど、まあそんなところです。

>青空さん
ニコンのCOOLPIX、最新シリーズは機能も増えてきましたね。
富士フイルムのも面白いですね。
まあ、コンパクトはお好きなメーカーのものをどうぞって感じです。

2009/2/16  23:50

投稿者:青空
塙さん、こんばんわ!!
写真展が終わって、すぐ海外へお仕事ですか!!
大変ですね、お疲れ様です<(_ _)>
ニコンといえば、コンデジの新機種がでましたね。
でもこれからのコンデジは、画質だけではなく、
新しい機能を付けて、他のメーカーとの差別化をしないと、この時代厳しいでしょうね。
個人的には、フジの新CCDを使ったコンデジが、
気になります。

2009/2/16  19:04

投稿者:ちゃぼ
あらっ、もう行っちゃったのね^^;
お師匠様、天竺まですか?

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ