2011/6/23

LUMIX GF3  デジタルカメラ
先日、LUMIX G3は解像力が素晴らしいと書きましたが、ではGF3はどうなのでしょう。
GF3も解像力は素晴らしいと思います。
でも、G3を使ってしまうとGF3は物足りなく感じてしまうというのが正直なところ。
というか、そもそもGF3は解像力うんうんにとことんまでこだわるカメラではないと思うのです。

GF3のボディはGF2と比べてもとてもコンパクトになりました。
それでいて、マイクロフォーサーズマウントですから、当然レンズ交換ができます。
レンズ交換ができると、とにかく高性能、高画質を求めてしまいそうですが、
このカメラの場合、どちらかといえば、「コンパクトデジカメの延長線上で使いたいが、
いざというときにはレンズ交換もしたい」という人にぴったりのカメラだと思うのです。

日頃から作品を撮るためにカメラを持ち歩く。というよりは、日記感覚で子供のスナップや風景を撮っておきたい人が、どうせなら少しでも画質のよいカメラを使いたいという欲求を満たしてくれるカメラなのです。
ですから、シーンごとにISO感度を変え、WBを設定し、フォトスタイルで仕上がりを調整する、という突っ込んだ使い方をするにはちょっと向いていないカメラなのかもしれません。
そこまでのことを頻繁にやるならやっぱりG3のほうが使い勝手がいいです。

GF3の正しい?使い方としては、日頃はiA+などを使い、色味と明るさ、ピント位置を考えながら、テンポ良く撮影する。そして、ここ一発のときは、AモードやMモードなどで露出、WB、ISO、色やコントラストを自分好みにセットして作品に仕上げる。
こんな感じでしょうか。
日常スナップ8割。ここ一発の作品撮り2割。こんな人には軽くて小さなGF3をオススメしたいです。

クリックすると元のサイズで表示します
LUMIX Gシリーズの発色が好きです。
なかでもGF3はデフォルトでもちょっと渋めの感じで、私は大好きです。
やはり、その辺はレンズ交換式カメラとしてパナソニックがこだわっているのだと思います。
コンパクトデジカメ感覚で使えるカメラですが、画質(発色、解像力)に関しては、やっぱりレンズ交換式なんだなあと納得させてくれるものです。
くれぐれも「コンパクトデジカメと同じようなもんじゃん」などとたわごとをいわないように(笑)。
32

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ