2011/7/28

写真展鑑賞  デジタルカメラ
大阪出張の帰り道、銀座で二つの写真展を観てきました。
一つ目はRICOH RING CUBEで開催している上田義彦写真展「火山の島」
こちらは7/31(日)までの開催です。
三宅島の景色や、そこに住む人たちのポートレートが多数展示されています。
特に、ポートレートは独特の距離感と空気感があります。すごく勉強になりました。


そして二つ目はキヤノンギャラリー銀座で開催している小澤 太一写真展「チビッコハウスへようこそ!」
こちらは本日からの開催で、8/3(水)までやっています。

スケジュールの都合もあって、写真展鑑賞というのは一日にいくつかのものを同時に観ることが多いですが、
同時に2つ以上を観ることにはメリットがあります。
それは、写真家の目線、写真に対する姿勢、作風などの違いをまざまざと感じることができることです。
もちろん、1つの写真展を観るだけでも、自分との違いを見いだすことができますが、2つ以上になると、自分との違いに加えて、それぞれの写真家の違いも感じることができるというわけです。
そうすることで、「写真って本当に撮る人によって全然違うんだなあ」と実感できます。
そして、自分ならどう撮るのだろう、どう見せるのだろうと考えるわけです。
正確にいうと考えるというよりは、肌で感じるというほうが正確かもしれません。
そして、写真展を見終わったらすぐに自分で写真を撮ることをオススメします。
そうすると、その前に観た写真たちのフレーミングや距離感、色合いなどがどこか自分の写真に刺激を与えてくれるのです。
急に写真が変わるわけではありませんが、ちょっとだけフレーミングが変わったり、カメラを向けたくなる被写体に違いが出たりします。
だから写真展を観ることは、写真を撮る上でとっても大切なことだと思うのです。
みなさんも、ぜひ写真展鑑賞を楽しんでみてください。

クリックすると元のサイズで表示します
キヤノンギャラリー銀座に在廊中の小澤太一氏。
小澤太一氏というとどうも調子がでません。やっぱりいつもどおり「太一」かな。

で、太一に「せっかくだから写真撮らせてよ」って言ったら、なぜかしゃがみこんで私にカメラを向けて、パシャパシャとシャッターを押し始める。
この男、撮らせてよの意味が分かっているのだろうか?


クリックすると元のサイズで表示します
「作者らしく写真の前で撮ろう」と提案すると、なんだか変顔になる太一。
実はシャイなんだよねえ。
撮った写真をその場で見せたのだけど、写真を見た太一の言葉は、
「いいですね〜、モノクロで撮るところに塙さんの悪意を感じます」とにこやかに言う。
(ちなみに、展示されている作品はカラーです)
なんでモノクロだと悪意なのか、よく分からないが、太一の思考は分からないのでスルー。
ちょっと変な男だが、写真は素晴らしいの一言。
アフリカの孤児院の子供たちと生活を共にしながら撮ってきた渾身の作品たち。
必見です!

上田義彦氏のポートレートの距離感と、小澤太一氏の子供ポートレートの距離感。
どちらも人にカメラを向けるという行為について、とっても考えさせられるし、よい刺激になります。

いやいや、写真って本当に楽しいです。
8

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ