2019/7/14

知ろうとするそのときにだけ大きく見開けばいい  











過去はまやかしで現在は一瞬、未来は与太話で人生は蝶が見る夢、塵芥掻き回しながら汗みどろの俺はなにもかも知りながら徒労を繰り返す、滑稽だって?では教えろ、懸命さとはどのみち、そうしたことでしか先へ進めないのではないか?「こんなものは無駄だ」とこぼしながら、有り余るときにはなにもせず、結局はほとんどのものが水泡に帰していく、よれたサランラップみたいな水面に、ひとりごとのような弾ける音がする、ひとつ、ふたつ…まるで楽譜を忘れた楽団の早過ぎる終演だ、そのあとのメロディーは辿られることがなかった、では教えろ、懸命さとは所詮、後ろめたさの贖罪に過ぎないのか、なにかを選ばなかった、なにかを選んでしまったそのことで生まれたいくつもの軋轢への…理由など求めることに意味はない、そう、何度も言ってきたことだ、理由には意味はない、行動し続けることだ、けれど―理由をないがしろにしてしまうこともまた愚行だ、あやふや過ぎる動機には腑抜けた意思しか語ることは出来ないだろう、ふたつの極の間を絶え間なく行き来することだ、速度を変え、視点を変え、感情を変えて…あやふやな、曖昧なものでありながら、見失ってはならない線というのは必ずある、ヒトの骨格のように確かなもののことだけはきちんと感知していなければならない、俺たちは生きながら骸骨にはなり得ない、だから内側を剥き出しにしようとする、人生に食い込み過ぎた連中の末期症状だ、俺は震えている、全身を駆け巡る微弱な生体電流に感電している、そういうことは必ずある、探し過ぎた爪は痛みを感じるものだ、そうは思わないか?ある種の確信めいたものに到達するには途方もない時間がいる、おまけにそれは流動的に過ぎる、流れを失うな、けれどある時にはとどめなければならない、そんなものの扱い方など子供の内にわかるようなものじゃない、確信のある連中なんか捨て置いておくことだ、彼らは楽な手すりを掴んでよっと一度這い上がっただけなのだから…進んだのか?どこへ?上に登ったのか、前に進んだのか、後退したのか、地下へ潜ったか―本当にどこかへ行こうとしている連中にはそんなことまるで理解出来ない、なぜなら彼らの動力は懸命さだからだ、強迫観念とも呼べそうな羅列の欲望にさいなまれて、血眼になりながら吐き出している、どうだ、このリズムか、この旋律か、歌おうとしているもののことは、いつだって俺が一番知りたがっている、放電だと例えられたことがあった、それは俺はとても気に入っているよ、放電、まさにそれだ、言ったろ、震えているって―おそらくはそいつらの軌道を俺は書き写そうとしている、言葉による現象の模写だ、その目的により俺の思考は俺の全身をくまなく駆け回る、綴るのに必要なのは決して、頭と指先だけではない、己個人、それすべてが必要になる、そうでなければよく出来た嘘になってしまう、だから俺は、すべての糸が絡まることを悪いことだとは思わない、真理を端的に言い表せるのは、おそらく神と呼ばれる年寄りだけだろうさ、神はひとつの大きな概念に過ぎない、ヒトによって翻訳された神など俺は信じようと思わない、目を閉じてみろ、そのときお前を覗き込んでくるのが本当の神だ…俺は電流を化けさせながら、その神に祈り続けているのだ、お前の真実を晒せ、お前の真実を寄こせと―神は黙っている、どんなアクションも寄こすことはない、そうさ、いつだってそうなんだ、あれは俺たちをただ眺めているだけに過ぎない、ただそれが、俺たちよりもほんの少し長い時間そうしているってだけのことさ、つまりだ、それは思考であって思考ではない、意識的でありながら無意識の領域にあるもの、知覚出来ているのか出来ていないのか―そんなもののために俺は生きているんだ、お題目が必要なものじゃない、生まれたときに始まり死ぬときに終わる、なあ、一生遊ぶことが出来る代物さ、それがわかるから止めることが出来ないんだ、いまは二十二時過ぎで、カーテンで隠された窓の向こうでは静かな雨の音がしている、こんな夜が何度あっただろう、そして、これから何度訪れるのだろう、俺は指を止めてカーテンを眺める、答えは風の中、って、よくいったもんだよな…それは一瞬で通り過ぎてしまうってことさ、初めて聴いたときにはそんなことわからなかった、きっとディランは俺よりもずっと早くそのことに気づいていたんだろうな、なんて考えながら少し前から俺はずっと、このしたたりを終わらせてくれるものを探している、もう少しでそれはやってくるだろう、そうすれば俺はすべてをしまい込んで、なにかを成しとげたような顔をして眠ることが出来るだろう―もしかしたらそれは、俺自身よりもあんたのほうが、強く感じることが出来るかもしれないな。






0

2019/7/11

その時刻のことはどうしても思い出せない  



















オーヴァードーズで死んだ海外の俳優のニュースでワイドショーはもちきりだった、俺は適当に皮を剥いた林檎を丸一個たいらげて顔を洗った、そいつの映画は一本も観たことはないが名前くらいは知っていた、世界的にヒットし続けているシリーズものの主演だったはずだ…間違いない、と言えるほどの関心は持ち合わせていなかったけれど―梅雨の晴間、になりそうな日だった、仕事は休みで、予定はなにもなかった、休みの日に予定を入れておくのは好きじゃない、それだけで半日は損したみたいな気分になる、朝起きたときの気分でその日なにをするのか決める、そんな休日が好みだった、心臓の手術で休んでいたミック・ジャガーは無事復活し、ローリング・ストーンズはツアーを再開した、彼らのニュー・アルバムなんてものを未だに臨んでいる俺は間抜けだろうか?もうあいつらトシだから、とファンの連中でさえ白けたことを言っている、だけどストーンズだぜ、と俺は常に言い返していたが、近頃は曖昧な返事をするようになった、ビガー・バンは良いアルバムだった、連中があれで最後にするつもりでいても不思議はないだろう…いまではロック・バンドも石を投げれば当たるほどいるし、コンピューターの進化により楽曲の幅も広がっている、インターネットを駆使した宣伝活動も山ほどある、どんなジャンルが聴きたくとも、即座に検索することが出来る、それどころか、スマートフォンに頼めば勝手にセレクションして流してくれさえする、ロックン・ロールはもうスタイルの一環に過ぎない、魂は時代遅れらしい、けれど、生き永らえることのカッコよさを教えてくれるのはいまでもローリング・ストーンズだけだ…ミック・ジャガーはきっと、マディ・ウォーターズみたいにキャリアを終えたいと考えているはずだ―デニムとシャツに着替えて外に出た、鬱陶しいほどの雨が数日振り続いた後は、鬱陶しいほどの太陽に照らされる一日だ、近くのでかいドラッグストアでいくつか買物をするだけの予定だった、きっとそれ以上は歩く気にならないだろうことは目に見えていたし…まだ昼前なのに自転車に乗った学生を時々見かける、テスト期間中だろうか?中間テストは今頃だったっけ?もう学生自分のことなど思い出せなかった、というより、自分が果たして学生だったことがあったのかどうかさえ疑問だった、あの、同じ年ごろの連中と馬鹿でかい建物に半日押し込まれるシステムはいったいなんなのだろう?それが果たして自分になにかをもたらしたのか―?邪魔になっただけだった気がする、ひとつの大きな流れに乗っかることが昔から嫌いだった、俺はそのころからひとりで生きる事ばかり考えていた、用意された程よいハードルを飛んで得意になっている連中を見ると虫唾が走った、たくさんの人間たちが集まる建物の中で、ひとりで過ごせる場所ばかりを探していた、そしてそれはいまでも変わらない―別に、システムに関しての不満だの怒りだのがあるわけじゃない、ただそれが自分に関係のあることだとは思えない、それだけのことなのだ…散歩をしているといろいろとくだらないことを考える…けれど、演劇部があったのはよかった、部活はそこそこ熱心にやっていた、舞台は見られたもんじゃなかったけれど、役を演じるのは楽しかった、そういや、まとまった文章を初めて書いたのは自分でやり始めた芝居の脚本だったか、そんなこと滅多に思い出さなくなったな―アニメのキャラクターを豪快にパクった立看板のある散髪屋の前を通り過ぎて、市営の広いグラウンドに出た、長雨のせいで下はぬかるんでいる、俺は雪に足跡をつけて遊ぶ子供のように、そこに靴をめり込ませて遊びながら歩いた、腕時計を見るとまだ目覚めて一時間も経っていなかった、しまったな、と思った、まだ開いている店さえほとんどない時間だった、そうして太陽はすでに俺のシャツに汗を滲ませていた、大人しくドラッグストアに入り買物をすませた、駐車場で軽い接触事故があったらしい、若い女と年老いた建築作業員が揉めていた、少しの間遠巻きに眺めたがどちらが悪いのかまるで判らなかった、そもそも接触事故が起きるような狭い駐車場ではなかった、こんなところで接触事故を起こすなんて特殊能力の持主でもない限り無理だと思っていた、でも現実にそれは起こっていて、当事者の二人の頭の程度は論争を聴く限り同じようなものだった、車の安全性がいろいろと問題になっているが、結局ハンドルを握るやつが駄目なら車自体に何の対策を施しても無駄というものだ、そこからさらに少し歩くと、昔友だちが住んでいたアパートの廃墟があった、そのアパートのことはありありと思い出せる、まともな人間が少なかった、夜中に叫び声をあげたり、窓から家具を捨てたりするやつらばかりだった、友達はそんななかで平然と酒を飲んでいた、一度住人の一人と夜中にばったり出会ったことがあったが、大きく開いているのになにも見ていない、そんな目をしていた…いまでも時々あんな目に出会うことがある、日常の、何気ない世界の中で、ほんの一瞬。










0

2019/7/7

本能と理性の境界のあいまいな場所から  













いささか崩れた螺旋の軌道を半睡の水晶体の転がりで追いかけながら、その夜に貪り倒す空虚の後味は渇望の挙句の死体みたいで、仰向けの俺は小さなライトの光を世界の真理のように見つめている、ヘヴィ・メタルは激しさを増すほどに抒情的な旋律を鮮やかにする、部屋の壁で跳弾するそれぞれのセクション、センテンス…もの思いを垂れ流す頭の調律の仕方を知らない、気がふれる前に覚えたタイピングの数々をひとつずつ探りながら、夜明けが来る数時間前に指先は剥き出しの俺をもぞもぞと形作るだろう、感触が必要とされる、解釈よりもよっぽど必要なことさ、なまじ文字が読めるやつは意味でがんじがらめになるが、読めないやつは分かるところだけ抜き取るぐらいしか能がない、突堤の先で撒き餌をぶちまけるみたいに言葉をばら撒いて誰がなにに食らいつくのかただただ眺めている、そう言う時の冷笑が誰よりも得意なのは特別自慢出来るようなことでもない、だけどスタンスってのは自分には想像もつかないようなところで完璧に語られてるなんてことは別に珍しいことじゃない、俺自身がわざわざ出向いて行ってあれこれと説明するよりずっと効果的な場合だってある、もちろんそれは時には足枷のように俺自身に制限をかけることもあるけれど―気にする必要はないよ、不具合なんて誰にでも生じるものだ、大切なのはそれがどんなふうにそいつ自身のログに記されているかってことだ、嘘つきが多いからね…人生において間違いなど犯したことなど一度もないっていうような顔してる連中が砂利みたいにそこら中で小さな音を立てている、そうだね、気が向いたら相手してやらなくもないけれど…生きる理由だの人生の意味など、社会的あるいは人間的価値観など俺はもうついぞ気にしたこともないけれど―そういうのはひとりで立てないやつらの松葉杖みたいなもんだからね―気にすることがあるとすればこれから何を書くのかっていうこととこれから何を覚えるかっていうことぐらいさ、結局のところ、そいつの意味はそいつ自身が示していくしかない、そこにはそいつが持っているすべてのものが含まれる、思考はもちろん、筋肉や骨格なんてものも全部さ、知ってるか、詩なんて考えなくても書くことは出来るんだぜ…肉体はビートを感じるか、そのことはすごく大事だ、出来る限りのものは削ぎ落して、感知出来るものを少しでも増やすことだ、すべては自分自身というひとつの生きものだ、心と身体を分けて考えるのは言い訳ってもんだぜ…俺はカーテンを開く、内側に昨日がべっとりと張り付いているせいで真夜中よりも暗い、俺はそれが暗喩しているもののことを知っている、そうしたもののために俺の意識は反芻と変換を繰り返す、楽曲化された不協和音を譜面に起こすみたいに―こんなこといつかもあった、こんなふうにいくつも書いた、そんなことを考えながら―おそらくそこにはなにかしらの理由はあるだろう、だけど俺はそれをそうと知ることはない、そんなことを突き詰めることからはもう十年も前から遠く離れてしまった、理由など知らぬままあればいい、それを知ったところで、あるいは確かに言葉に出来たところで人生にどんな違いが現れるわけでもない、俺は知らないでいる、近付こうとしながら、知らないでいる、遮二無二連ねながら…それは朧げに脳髄の奥底で静かに蠢いている、それはきっと細胞の核のようなものなのだ、目には見えないところにいて、なにかしらの作用を及ぼしている、そういうものが確かにそこにあるのだと知ってさえいれば、それ以上なにを知る必要もない、そうだね、少しでも知っていれば、短い日記に書くネタぐらいにはなるかもしれないけれど…簡単に作ることの出来るものには興味が無い、簡単に語るだけのものには興味はないんだ、そこには確かに誤解など生まれ得ないかもしれないが、といってそれ以上の理解が存在するわけでもない、どんな障害が生じるとしても俺はわけの分からない確かなものについて話続けたい、思考は一本の歪な糸となって脳味噌から這い出てくる、そいつが内壁をこすりながら出て行く音はちょっと他では考えられないような官能的な代物だ、崩れた螺旋はさらに崩れたり膨らんだり収縮したりを繰り返しながら、俺の身体を擦り抜けてどこか新しいところへ出向いて行こうとしている、ああいうものはいつだって無限にうろついている、もしも死の床であいつを見かけたら、俺はきっと死神が来たって勘違いするだろうな―囁くものたち、貫こうという意思を持って―俺の第三の目を真っ直ぐに狙うといいさ。












0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ