月世界の旅行者  












夜明け前、くすんだ窓ガラスは、まだ覚めやらぬ俺を映し、見覚えのない拳の傷、戯れに噛んで夢の名残を押しやる、退屈だけがいつも、上質に仕上がっていく、こんな朝にもう一度目を閉じたら、多分すべてがお終いに走り出してしまう、だから、俺の叫びはこうして量産されていく、知識と教養に任せて見栄えのいい言葉を並べてる連中には、きっと、逆立ちしても分かることはないだろう、こだわりを持つのは悪いことじゃない、でもそれは自分の為だけにしなくちゃいけない、ストイックを他人に強要し始めたやつは、もうそれ以上先へ進むことは出来ないよ、窓を開けて、シャツを脱ぐ、震えが止まらなくなるまでそうして、時雨交じりの風を浴びている、時折そうしてみないと身体が麻痺してしまう、すぐにも外へ繰り出してみればいいのだけど、まだそんな気分にはなれない、だからこうして今日をインプットする、震えながら服を着て、簡単な朝食を作る、スペースを占領するでかいテーブルを手放せないのは、なにも動かさずに食事が出来るからに他ならない、利便性とミニマムは必ず仲良しなわけではない、イデオロギーに延髄の皮を持ち上げられて振り回されている連中にはそのことが分からない、近頃の持たない主義にどうこう言う気はないが、ひとことだけね、捨てることと片付けることはまるで違う、断捨離だのなんだのには、過去を気にしない女のような愚かさを感じるよ、そこにはまるで学びや責任というものが感じられない気がするんだ、なにもかも押し入れに突っ込む代わりに捨てているだけじゃないか、俺は滅多にものを捨てない、あれこれ試してみれば、ものに囲まれながら快適に生きることだって出来る、模索こそが重要なファクターなのさ、本棚やラックの使い方はひとつではないことを、生活の中で学んでいくべきだ、すべてを抱え込んで生きるんだという覚悟の示し方だ、どうして楽な方にしか流行は動かないんだろう、世の中はいつしか、誰も何も持論というものを持たないゼリーみたいな流動体になってしまうのかもしれないな、水のような清らかさはないんだ、どろんとしてさ、よどんだ感じなんだよな、朝食の皿を洗う、フレームだけの皿置きが好きだ、明快なスタイルだ、使い勝手を気にし始めると余計な要素が次々と詰め込まれる、便利さを追求すると、自由さは失われるのかもしれないな、いったいどうして、あれにもこれにも使えるものがたくさんなくっちゃいけないのか、そのどれかひとつでも的を射ていれば、陳列棚に並んでいるものはもっと少なくて済むはずだろうに、コーヒーをもう一杯飲む、二杯目を入れる時にディランの歌を思い出すのはクセみたいなもんだ、インスタントコーヒーは安くていい、安くてでかいのが一番だ、ネスカフェだけは選ばないけどね、ユーチューブで格闘技やロック、それにポエトリー・リーディングの動画を見ながらのんびりしているともう午前が終わり始める、用があるわけでもないのに着替えて街に出る、本屋を覗いて何冊か買う、本屋を歩くのは好きだ、そういえば、去年あたりこの店で、ずっと店の中を歩き回っているだけのおばさんを何度か見たな、虚ろな目をしてさ、本には目もくれずにずっと歩いているんだ、何度か遭遇するうちに足音だけで分かるようになったよ、彼女はなにかを考えているのだろうか、その考えに脈絡はあるのだろうか、俺は彼女がそこを歩いている理由をずっと考えていた、仮に俺が脳味噌に支障が出るまで生きることが出来たら、彼女と同じようにこういう店を歩くかもしれないと思えて仕方がないのさ、ねえ、これは彼女の悪口じゃない、この世は無常なんだ、俺の家族の半分は気が狂ってる、いや、もしかしたら、もうまともに暮らしているのは俺だけかもしれない、でも俺だって決してまともじゃない、病院の世話になる必要がないだけさ、俺は店を出る、俺の精神がままならなくなったら、それは果たして俺なのだろうか、それはただ、俺の名前のついたどんなものでもないいきものにすぎないのではないだろうか?不思議としつこく絡みつくその日の考え事は、午後の早い街を歩く様々な人間たちをぶよぶよの肉の塊に見せた、やれやれ、俺は頭を掻いた、こんな一生の終わりもあるのかもしれないな、なんて考えながら自販機で缶コーヒーを買い、プルタブを引き上げると一息で飲み干した、ごみ箱に捨てて昼飯のことを考えながら歩いた、個性を狂気だと片付けてしまうのは確かにシンプルだ、でもそんな結論、どんなものも生み出しはしないよな。















0

リズム、グルーブ、その連続  











食虫植物が翅を休める虫を絡め取ってゆっくりと飲み込んでいく映像が脳裏でずっと繰り返されていた、一度首を刎ねられてまた繋がれたかのように身体はどこかバランスを欠いていた、信号を伝達する回路がどこかでイカレている、それも、おそらくは重要なセクションの一部で…眠り過ぎたあとみたいに視界はぼんやりと曇っていたがどちらかと言えば眠りは足りなかった、ベルトコンベアの上で定期的に刃を落とされるみたいに夢は寸断された、おかげで記憶までが少し曖昧になっているように思えたけれどそれは今に始まった話じゃない、人生におけるモチーフの問題—そいつにこだわる限り仕方のない話だった、ヒーターが照らしている部分は暖かかったけれどそれ以外は凍りついていた、インスタントのコーヒーを一息に飲み干したらサーモグラフィーを体感しているみたいにその経路をはっきりと感じることが出来た、おそらく俺は誰にも判らないように語ることが上手過ぎる、でもそれこそが俺がやり続けてきたことの証なんだ―途方もない時間をかけて追い求めてきた人間は遅かれ早かれそういう場所に辿り着くものさ、スタイルなんてひとことで片付ければ済む話かもしれないけれどね…でも俺よく言ってるだろう、語りつくせないものを語るために生きてる、それは決してひとつの言葉で片付けられるようなものじゃないのさ、回りくどく語れば語るほど素直に正直な形になる、そういうもののために俺は書いている、それは底なし沼に潜るようなものだ、それは畏怖すべき行為のように思えるかもしれない、でも逆に言えば、それは潜り続けることが出来る場所なんだってことー片付けるのって、あんまりいいことじゃないよ、少なくとも俺に言わせればね…それはリズムを失う、それはグルーブを失う、それは思考を失う、それは連続を失ってしまう、一生は切り取って整理している間にも先へと進んでしまう、並べ終わることにはリアルだったものが石ころのように思えてしまう、いいかい、大事なことはひとつだ、尻尾を追いかけ続けることだ、それは真実かもしれない、あるいは実感かもしれない、ただのスピードかもしれない、もしかしたら取るに足らないものかもしれない、だけど一度追いかけ始めたのなら決してそれを止めるべきじゃない、もしかしたら自分の鼻先に吊るされた餌がなんなのかなんて話はどうでもよくて、ただただそいつに釣られて動き続けることが大事なのかもしれない、リズム、グルーブ、その連続、精神と魂はそれによって再生され続ける、人間は半永久機関だ、動力は自分自身のすべてだ、それが自己表現の真実だ、少なくともそうすることで俺は生命を先へと進めてきた、無自覚にならず、無意識のままに…もちろん、そう、そんなものに浮かれていなければ、こんなふうに身体のバランスを失ったりすることはないかもしれない、回転数が変わり過ぎるのさ…だけど、だからこそ、より変化をもとめようとするのではないのか?俺はリズムに固執する、精神にも、肉体にも、余計な脂肪なんか少しも身に着けちゃいないよ、それは判断を曇らせるからねー醜くなって、口先だけで武装し続けるなんて御免だよ、あらゆる信号は正しく流れなくちゃいけない、あんたの詩は放電だって言われたことあるよ、上手いこと言いやがるって思ったぜ、だからあんまり自分じゃそう言わない、そいつほどうまく使えそうにないからね、どんな手段だって試してみることさ、手段なんてものにたいした意味はない、内容なんかどうだっていい、スタイル?くそくらえだ、自分自身の現在をどうすれば一斉にぶちまけられるのか、懸命に考えてみることだ、判って欲しいなんて考える必要はない、心配ない判るやつには判るんだよ、理解を念頭において話を進めようとしたら進化なんて絶対に手に入れることは出来ないぜ、キャンペーンをやってるわけじゃないんだ、これはある意味で人生の動機であり、結果であり、指針なんだよ、迷うヒマがあったら一度顔でも洗って、いまの自分に出来るすべてを継ぎ込んでみるんだね、未来やイズムなんて認めてもらうためにあるわけじゃないんだぜ、知るためにあるんだ、知るためにあるんだよ、俺たちは知るだけ、ただ知るだけ、そうすればきっと、また新しいフレーズを綴ることが出来る、人生の続く限り…。











0

実感は理性的じゃない  






雑居ビルの片隅の
空き部屋みたいな光景が
心情として焼き付けられていた


雪の夜


悪魔が暖炉を探して
往来を彷徨ってる
人々は戸を閉ざして
気の早い春を待ちわびている


俺たちはワルツを聴いた
ディスクをセットして
時節や曜日なんかが
床の塵になるまで
お前は知ってるフレーズをハミングし
俺は歯の裏でハイハットの真似事をした


二軒先のドアを
ノックする音が聞こえる
時計は真夜中あたり
訪問には適していない
やむをえない用件かもしれない
当人にしてみれば
考えたくもないような


俺はコーヒーを注いだ
歯を磨いてしまっていたけれど
夜を埋め尽くす材料がなにもなかった
冷たさが空間を占拠しているようで
なにかしら
スマートな抗いをしたかった
小声で愚痴るみたいな
みっともない真似じゃなくて


あの、昨日のさ、と
お前が突然話し出す
あの歌はきっと
自殺そのものの歌なんだよ、と
俺は歌詞を思い返して
なるほど、そうかもしれないな、と思う
曲を探したけれど見つからなくて
スマートフォンで偽物の音楽を流した


不思議なほど睡魔がなかったけれど
一応ベッドに寝転んだ
とりとめもないことを話していると
急にお前は黙り込む
どうしたんだ、と問いかけてみると
いや、どうにも、とかなんとか
もごもごと繰り返して
世界が終わるみたいな夜だなと思って、と
小さな声で言った


俺は仰向けになって
天井を見つめた
灯りはすでにしぼってあり
空間であることをやめたような素っ気なさがあった
世界が終わるみたいな夜か、と
奇妙なフレーズを反復した
お前は気が済んだのか
じきに寝息を立て始めた


遠くで泣声が聞こえる
でも気のせいかもしれない








0




AutoPage最新お知らせ