Eat The Rich  















時間を掛けて、俺はそれを解体する、もう暴れることはない、俺に手を掛けさせることは…もともと、そんなにたいした手間じゃなかった、背後から延髄に一撃、それだけでよかった、意識のないままの悪あがきが、数秒続いただけだった、キツ過ぎる香水の香り…それが俺の殺意を果てしなく呼び覚ました、俺は多段式の警棒をコートに隠している、世間は物騒だからね…それに、そうした備えがないと、今日みたいな衝動を持て余してしまって、困るだろ…死体をバラすのは難しいって、皆言う、俺にはそれがなぜなのかわからない…多分皆動揺しちまって、なんとかしなくちゃってオロオロしながら始めるから、だらしない結果に終わってしまうんだ―そういう目的があるなら、内庭のある家を選ぶべきだ…、ほら、ホテルなんかであるだろう、壁に囲まれた小さな庭さ…枯れた池なんかあるとさらにいい―俺は運よくそうした家を手に入れることが出来た、一階が料亭だった、四階建ての小さなビルだ―魚を泳がしていただろう巨大な水槽は思いのほか役に立った…とにかくそういうことさ、外で怪しまれることさえしなければ面倒なことにはまずならない、俺はちょっとしたツテを使って、ここを中心とした半径数キロ内の監視カメラの位置はすべて把握している、まったく、やりにくい時代になったもんだよな…昔はこんな苦労しなくてもよかった、古い映画みたいに、言い伝えのせいにしたり、まったく関連のない別々の出来事のように細工することが出来た、隠すのだってそんなに難しいことじゃなかった、大規模なマンションのごみ捨場とかさ…鍵がないところがたくさんあったから…まあ、いろいろなことが難しくなったってこと、それでも、俺は運が良かった、もちろん、すべてのプロセスを完璧にこなす力もあった、だから今もこうして、少しずつ楽しむことが出来る…少し刃の長い、短い日本刀みたいなシルエットのナイフを使う、それを、力を使わずにゆっくりと骨と肉の隙間に差し込むといい、紙束の中に一枚、薄いアルミ板を差し込むときのような興奮がある、もちろん、それはきちんと、過敏なくらいに手入れされていなければならない、そして、カッターでスチロールを切る時みたいな感じで―動かす、すると、ふわっと肉体が骨から浮き上がる、チキン食べたことあるだろ?骨にくっついてるやつを、噛み千切ったときのこと、思い出せるかい―俺はよく思い出すよ、これをやってるときは…必ず一度はね―ヤバいコミックなんかじゃ、人間の内側って真っ赤っかにするだろ―実際はあんな感じでもないぜ、もちろん、おおまかにはあれでいいんだけどね…肉体の内側って、結構いろんな色で構成されてるもんなんだ、思ってるよりよっぽどカラフルだぜ、いや、インスタ映えとかはしないけどね…仮にしたところで、載せるわけにもいかないけどな―切り離した肉は細かく捌いて、タッパーや密閉ビニールに入れて保存しておく…すぐに使うものは冷蔵へ、余りそうな分は冷凍へ―冷凍は放置されていた業務用のやつを自分で直して使っている、よく冷えるから長いこと保存できる…まあ、食材にするのはそれが一番理にかなってるからさ…取り立てて美味いというものでもないよ、ああ、動物の肉だなって、そんなもんだよ…新鮮さっていう点で言えば、マーケットで買ってきたものとかよりずっと上だけどね―俺はいつもそれをするとき、ドンヘンリーのアルバムを流しながらするんだ、いや、特別好きってわけじゃないんだけど…なんかしっくりくるんだよな―ほら、妙にコンテンポラリーな、ポップなアルバムがあるじゃないか、あれだよ、あれじゃないと駄目なんだ…骨は工事用のハンマーで砕く、バイブレーターとか電動ドリルとか使えばもっと楽だろうけど、ものすごく大きな音がするからね…しょっちゅうそんな音を立ててたら、詮索好きな年寄りとかの格好の餌食になっちまう、俺は下品じゃないご近所さんになんて、会ったことがないよ…まあ、そんな話はいいとして…これが終わったら晩飯を食うとするかな、俺はパスタを作るのが好きなんだ、それにね、オリーブオイルが一番合うんだよ、この肉はさ…。











0

そういうわけで俺は今夜も禍々しい陽炎と対峙している  




















鈎爪の傷跡みたいな疼きの記憶、冷えた床の上で陽炎のようにゆらゆらと燃えさかる、心許ない火柱の真ん中の羅列が今夜俺を掻き回している…ラジオ・プログラムはチャイコフスキーを垂れ流していて、その旋律は医療チューブの中を流れる人工血液の永遠的な循環を連想させる、それを他の誰かがどう思うのかなんて俺には知る由もないが、少なくとも俺の趣味じゃなかった、真冬の寝床で生じるイメージとしてはいささか平坦過ぎた―そうは思わないか?イメージは幾重にも積み重なり、また輪郭を曖昧にして、いくつかがどろどろに絡み合っているようなそんな融合があちらこちらにあり、一見するにそれが何のためにそこに羅列されているのか、想像すら出来ないくらいに混沌とした状態が望ましい…ありがちな、整理して、テーマを絞って、なんて言い草に耳を貸す必要はない、それはダイエット食品のカロリー表示を見ながら用意される食卓のようなものだ、つまり、懐疑的で馬鹿馬鹿しい…それは食品としてまともではない、偽善的な食事だ、わかるだろう?脂肪が落ちないのは食いもののせいじゃない、精神のせいなのだ―違うものに例えてみようか?部屋が片付かない、要らないものを捨てるだけでいい、そんな風潮があるじゃないか、そんなものは片付けですらない、それは片付けるという概念を放棄した、最も安易な手段だ、すべてのものがそこに在り、それをどう扱うのか、どこで何を持ち出すのか、その算段がイメージの本質だ、イメージの本質ということは、人間としての本質でもあるということだ、本質がぶっ壊れている、安易で適度なものにばかり飛びついて、手早く済ませて終わった気になっている―情報は山ほどあるのに、ただの見出しの収集家になっちまって、それをまったく上手く飲み込むことが出来ない、お笑い草だぜ…慌てるなよ、結論を急ぐのが得策であった試しはないぜ、少し時間を掛けて考えてみることだ、ひとつのイメージが分裂したり再生されたりして、少し形を変えるまで待つことだよ、そのプロセスがあって初めて、人間は本質を理解することが出来るんだ、ま、お前がもしも掲示板で他人の上げ足を取って居たいだけの存在になりたいのなら、これ以上俺がかけてあげられる言葉はないけどね―人生はたまにリプレイされる、わかるだろう、思ってもいないときに、何気ない瞬間に、現在の場面にまるで関係のない何かが脳裏からやって来ることがある…なぜだ、と俺たちはそのイメージについて考えるのだ、無意識にね―無意識に、そのことは大事だ、なぜ俺はいまこんなことを思い出しているのだ、そこまでは必ず、無意識のまま進む、その後の思考についてより意識的になるためにだ…それからどうする?もっと深いイメージを求める、不意に思い出されたその記憶を掘り下げていくことで、いまの自分がその記憶を受け止めることが出来る、その認識はそれが最初に記憶として植え付けられた瞬間と同じであるときもあるし、まるで違うように思えることもある、そしてそのふたつの認識が、しばらくの間漂い続け、そのうちに、なぜその記憶がいま必要だったのかということを悟るのだ、本能的に、それから、自覚的に―俺にとって詩とは、心ゆくまでその絡み合った糸のようなイメージで遊ぶことだ、解きほぐすのではない、それは人工的だ…時折ほどけたり、再び絡まったりというさまを見て楽しむのさ、そうすることによって出来たスペースに、また別のものを押し込んでおくためにね…つまり、他の何かを用意すること、ではない、同じものをどれだけ違うところから眺めることが出来るのかということなんだ、お前が球体だと思っているそれは、少し転がしてみたら小さな穴が開いているかもしれない、他の場所には何かが刺さっているかもしれない―そのすべてを見ることなく球体だと思って済ませてしまったら、お前はもう二度とそれについて知ることはない、納得のいく形で認識されたものを、初めて知識と呼ぶべきだ、だってそうだろう、そういうものじゃなければ、人間はきちんと成長することを忘れてしまう…見てくれを気にしてばかりいる連中を見れば少しはそのことが理解出来るはずさ、とっちらかった部屋は魅力的だ、探せばなにかしら見つけることが出来る、もちろんこちらに、探す意思があればということだけどね…そういうわけで俺は禍々しい陽炎と対峙している、ハロー、と俺は呼びかける、向こうが俺をこうして気にかけてくれるというのなら、細胞が稼働している限り全力で答えるのみさ。










0

アンダーカヴァー・オブザナイト  














分厚い硝子瓶の表面には精巧な細工が施されていた、じっと眺めているとそのうちに、想像上の神殿の回廊にでも迷い込んだかのような気分になりそうな気がした、おそらくは花瓶だったのだろうそれは、なにをいけられることもなく一枚板のカウンターの上で静かに天井照明を分解してばら撒いて遊んでいた、ローリングストーンズはウィラブユーと口ずさんでいて、アルコールは脳味噌をほんの少しリラックスさせただけに過ぎなかった、誰かが吹かしたマルボロの煙が微かに流れて来ていた、まるで関連性はないというタイミングで鼻をつまんでやり過ごした、二十三時で、週末の夜に彷徨う連中はその夜の奇跡を諦め始めて、虚ろな瞳でキューのタップにチョークを擦りつけていた、あいつは最初のショットを失敗するだろう、俺にも、周囲をうろついている連中にもなぜかそのことがわかった、「くそ」案の定その、ブロンドの若い男はつまらないミスをしてキューを叩きつけようとしてなんとか思いとどまった、あまり背の高くないその男の佇まいは、二十年くらい前の西部劇のムービーを思い出させた、あれは確かリバー・フェニックスの主演じゃなかったかな?勘違いかもしれない、記憶なんて余程のことでなければ確かに機能することはあまりない、もう家に帰ってシャワーを浴びるべきだった、日付変更線を越えるまでここに留まってしまうと、明日の休日は眠っている間に終わってしまう、そんなことはこれまでにも何度もあった、いつもはもう少し気をつけていたのに今日は少し長居をしてしまっている、いつの間に背中で繰り広げているゲームには興味を失っていた、あの若者は酔い過ぎていて集中力を欠いている、おまけにあいつの相手をしている細身の中年の男は、数年前に隣町で行われた割と大規模な大会で優勝のトロフィーを手にしたことがある、若者がそれを知っていたかどうかはわからない、それは知らないうちに始まっていたから、どちらが吹っ掛けてどちらが答えたのかなんてことはまったくの謎だった、といって、そこらのやつに聞いて回るほどの関心もなかった、だいたい俺はビリヤードそのものにたいして興味を持っていないのだ、若者は今度は本当にキューを床に叩きつけた、ちょっとあんた、店員が少々腹を立ててそいつの右腕を掴んだその時だ、そいつは身を翻して店員の腕に小さなナイフを突き立てた、ああ、と店員が短い悲鳴をあげてダークブラウンの床にしゃがみ込んだ、ちくしょう、と若者は歯噛みをした、中年の男は面倒にならないうちにさっさと引き上げていた、おまえらなんかな、と若者はナイフを振り回した、集まろうとしていた客や他の店員らがさっと距離を取った、どいつもこいつも馬鹿にしやがって、とそいつはたどたどしい呂律でそう言った、それから、全員殺してやるからな、と出来る限りのコワモテ声でそう付け足した、そりゃ大変だ、俺が腰かけているスツールはたまたまそいつの背中の位置だった、俺は静かにスツールを下りて、一番近くに飾ってあったズブロッカのボトルを握り、ドラゴンを退治する勇者みたいに若者の頭へと振り下ろした、若者は一度ぴいんと背伸びをして横向きに倒れた、ボトルは割れて、高い化粧品みたいな香りが辺りに漂った、ふう、と俺はもとの席に腰を下ろしてバーテンを呼び、弁償すると言ったが彼はそれを飲まなかった、あんたが動いてくれなければ酷いことになってたかもしれない、と言って、今日の飲み代はタダにすると宣言した、そんな、と俺は異を唱えたが押し負けた、これからも来てくれるなら三度に一度はあんたから料金はもらわないよ、とバーテンは言った、それは魅力的だ、と俺は舌なめずりした、でも当面は若者のために救急車を呼ぶべきだった、まだ誰もそれをした気配がなく、若者はズブロッカの漬物になって床に転がっていた、電話を使わせてくれと言ったら、バーテンがじゃあ私がやろうと言って電話を掛けてくれた、喧嘩騒ぎだと言ったら警察が来ることになって、俺は日付変更線を過ぎても店に居なければならなくなった、とはいえ、それはそんなに長くはかからなかった、俺が経緯を説明して、バーテンがいくつか付け足しただけだった、あんたみたいな人がたくさん居たら俺たちの仕事も減るんだがな、格闘家みたいな黒人の警官は皮肉とも賞賛とも取れる表情でそう言った、俺はこれで給料をもらえるわけじゃないんだぜ、と返したら楽しそうに笑って帰って行った、パトカーが走り去るのを見届けてから俺も帰ることにした、今日はすまなかったね、それから、ありがとうとバーテンが言った、なに、と言って俺は首を横に振った「たまたまさ」、そして俺は店を出て歩き始めた空は曇っていて、つまらない舞台の暗転みたいにすべてを隠していた若者のことがほんの少し気になったけれど、病院まで歩いてみようという気には到底なれなかった。









0




AutoPage最新お知らせ