死後硬直の夢  







ディスプレイされた
高価なネズミのような
まだあどけないヴァネッサ・パラディの
コンパクト・ディスクの横で
二十八歳のアリサは
アイスピックで自分のこめかみを貫いた


死に塗りつぶされた部屋
彼女の生前のどこかで
凍てついた悲しみのかけら
電気機器のモーターみたいに
そこいらで鳴り続けている
ゲイリー・オールドマンの
懐かしいパンク映画のポスター
窓からの陽射で少し焼けている


どんな思いなのか
それとも気まぐれなのか
青いカラコンを入れたまま
くすんだ色になったその目は
最期の瞬間になにを見ていたのか
スマートフォンの
コーティングフィルムのようにここに張り付けられた
のっぺりとした
耐え難い日常だったのか


ディープ・パープルが聞こえる
開け放たれた
どこかの家の窓から


死体を発見したのは
妹のナギサで
彼女は腰を抜かし
錯乱し
小便を漏らし
悲鳴を上げ続けて
総合病院の
薄暗い
鍵の掛かるフロアーに担ぎ込まれた
いまも
あまり
良い状態ではないらしい
親族はそれきりだった


窓には
焼けて溶けた
プラスティックのような
蝸牛が居て
饒舌な空っぽの部屋の中を
覗き込んでいた
ずっと
ただ
ずっと


耐え切れず破裂した人々の魂は
行くべきところとやらに向かうことが出来るだろうか
消えてなくなることにとらわれるあまり
そこからどこにも行けないのではないだろうか
空は雨を落とそうかどうか迷っているみたいに
少しずつ灰色の雲を増やし始めた
すでに表札が外された部屋の中で
悲しみのかけらたちも、やがて
もう…


拘束され
薬を注射された
冷たいベッドの上で
ナギサは目を開けたまま夢を見ている
緩く閉じたカーテンから垣間見える夜空が
逃れようもないものを突き付けてくる


ここはどこだろう、私はなぜこんなところで縛り付けられているのだろう、お姉ちゃんが信じられないような残酷な終わりを選んだというのに…私は今すぐあそこへ行って、部屋を片付けたり掃除をしたり、大家さんに謝ったりしないといけないのに、なぜ…もう叫ぶのにも疲れてしまった、こんなベルトなどなくたってもう指一本すらまともに動かせはしないのに…生きている私のほうが、死んでしまったお姉ちゃんよりずっと、完全に残酷に死んでしまったみたいな感じがする、一番怖いのは死ぬことではない、死を突き付けられることだ、いまの私にはそのことがはっきりと分かる…お医者さんも警察の人も誰も来てくれない、誰も私に何が起こったのかきちんと教えてくれない…お姉ちゃんはもう骨になったのだろうか、骨になって、お父さんやお母さんと同じお墓に入っただろうか、遺書は?遺書はなかったのだろうか、もしかしたらもう私の部屋に届いているのかもしれない、ほどいて、ほどいて…私は狂ってなどいない、ほんの少し取り乱しているだけじゃないたった一人のお姉ちゃんがあんな死に方をして、まともで居るなんてそれこそ気が狂っているわ、誰かほどいて、どうして誰も来てくれないの、どうして誰も話を聞いてくれないの、私をここから出して、お姉ちゃんのところへ行かせて…


ナギサは同じ夜を彷徨い続けていた


カーテンの隙間になにかが見えた気がした、それは絶対に見てはいけないものだということがナギサには分かった、けれど彼女に出来ることはなにもなかった、誰も触れていないカーテンがゆっくりと開き、アイスピックが刺さったままのこめかみから血を流してにたにた笑っているアリサの姿が浮かび上がった、ナギサは悲鳴を上げた…


ひとつの悪夢が終わり、新しい悪夢が始まる
それがいつ終わるのかは誰にも分からない



タクトを振っているのは亡霊なのだから。











0

十四歳で死んでいったやつらに  










十四歳のある日
ぼくは
あらゆるものが
きっとこのままなのだ、ということに
気がついた
ひとは、ある種の
限られたコミュニテイは
このまま
もう
どこにも
行くことはないのだと
そして
その
突然の認識は
やはり
正しかった


十四歳で
死んでいったやつらは
おそらく
そんな風に
気が
ついてしまったのだ
ぼくは
「いやだなぁ、くだらないなぁ」と
思いつつも
だらだらと
生きていた
それは
書くことが
たくさん
あったからで


十四歳で
死んでいったやつら
おまえたちは利口だったよ
ウンザリするような
毎日に
手を付けることなく
無邪気に楽しんだだけで
人生の
幕を引いた


何十年も
何十年も
過ぎて
ぼくは
相変わらず
いやだなぁ
くだらないなぁ

思いつつ
詩を書いて
暮らしてる
そのほかの諸々は
わりと
どうでもいい


だけど
十四歳で死んでいったやつらよ
五十歳は
十四歳よりも
ずっと
楽しい
それは
確かなことだ


ぼくは
十四歳の
壁を
越えたかった


だから
歳を
取るだけ取ったのだ
寝床で歯ぎしりをしながら
煙草で
自分の手を焼きながら


十四歳で
死んでいったやつら





おまえたちは
とっても
利口だったよ







0

常にこめかみにあてられた銃口が囁いている  










漆黒垂れ流す深夜、息の絶えた獣の響かぬ声を聞きながら、寝床の中で目を開き、湿気た記憶の数を数えていた、思えば必ず身内の誰かが脳を病み、自我を曖昧にし、かろうじて自己紹介が可能な程度の人生を生きていた、それが宿命といえばそうなのだろう、けれど俺はそれらの要因をすべて、こんなものに注ぎ込んできた、リズムを手に入れれば狂気は甘美になる、もしか俺はずっと幼いころから、そんな手段を得ようと躍起になってきたのかもしれない、こうして考えてみるとそれは、叶ったような叶わなかったような奇妙な感触ではある、しかし結論など問題ではない、それがあろうとなかろうと砂時計は繰り返し反転する、同じといえば同じ、違うといえば違う、そんな些細な体感が果てしなく続いていく、知ろうとしなくなった、悟りなど一過性のものでしかない、それにとらわれるともう同じものしか生み出せなくなる、イズムにがんじがらめ、そんなやつは珍しくない、余計な靴を履けばどんなに懸命に脚を動かしても走るのは遅くなる、そういうことだ、なにか、車の盗難防止用アラームのような声で鳴いている鳥が飛び去って行く、夜を彷徨う鳥たちの声はなぜこれほどに忘れられない?寝返りを打つと俺にしがみついている誰かの腕が見える、それは現実的な質量ではない、便宜的にそういった姿でここに現れているのだ、からくりを知っていたって逃れられるわけじゃない、むしろ、見えるほどに厄介なものになる、時々は阿呆のように聞き分けのいい連中のことを楽だろうなと思いもするけれど、そんな人生を歩く自分を想像するだけでゾッとする、もう一度寝返りを打つと腕は死体のそれのように俺の胴からぱさりと落ちた、そしてそれきり見当たらなくなった、あれはきっと記憶の中から零れ落ちてきたものだろう、気まぐれに目を閉じてみたが睡魔はやって来なかった、もう一度目を開くと漆黒はさらに濃度を増したように思えた、世界はまれに襲い掛かって来る、俺はその瞬間をいつも知っている気がする、寝床に居る時には特に…子供の頃、天井が自分を喰らいに来ると信じていた、それは天井などではなく、天井に擬態したなにかなのだ、随分長いことそう信じていたような気がする、だから俺は朝が嫌いだった、おそらくはすべてを知る前に喰われたかったのだ、でも今もこうして寝床の中でそれを見上げている、宿命、運命ー名はどうでもいいがーそんなものを知っている連中はやつらの好物ではないのだ、やつらにとっては自我ははらわたのようなもので、喰ってももの凄く苦くて吐き出してしまうような代物なのだ、だから今もこうして寝床の中でそれを見上げている、もしかしたらそれは本当は天井でもあるいはそれに似たなにかでもなく、もっと違う、なんらかの意志のようなものなのかもしれない、俺が見ていたのはきっとその蠢きなのだ、仰向けになって天井を眺めていると、小さな灯りの届かない隅の方で、闇がじわじわと形を変え続けている気がした、生きている…いつからそれを見なくなったのだろう?眠るときに、すべての灯りを落とすようになったからかもしれない、完全な闇の中では、闇は認識出来ない、これを矛盾だと思うだろうか?ではお前は空気を認識出来るか?俺が話しているのはそれと同じだ、こんな風に寝床の中で、眠る前にうろうろと思考が彷徨う時間こそが、人生の真実なのではないかと考えることがある、人生の真実とは意識そのものだ、そうじゃないかい?もう人間たちはそのことを忘れ始めている、俺にはそのことがはっきりと見える、そうでなければ自ら愚かになりにいくような真似など出来ない、そんなことを思うと示し合わせたように数人の酔っ払いが通り過ぎる、彼らは時間を無駄にする天才だ、もう一度仰向けになる、俺を喰らおうとしているのはおそらくいつだって俺自身だ、そうでないとすべての辻褄が合わない、俺の心中には鬼が住んでいて、そいつが俺の魂を喰らおうと機を窺っている、多重人格者のホストが奪われるみたいに俺と取って変わろうとしているのだ、もしかしたらそいつと入れ替わったところで人生には何の支障もないかもしれない、けれどそうなったらもう二度と俺は天井を眺めることはなくなるだろう、深く暗い湿気た場所で今度は俺が鬼となって、俺を奪い返す時を待ちわびるのかもしれない、そのとき俺が考えることは何だろうか?それはもしかしたら棺の中で思うことと同じなのかもしれない、死とはなんだ、思えばこれほど曖昧なものもない、そいつは生きてる人間には実感出来ないものだから…だからこそその瞬間を追い求めるのだろう、俺のように真夜中に、たったひとりであれがこうだこれがそうだと声もなく喚き立てる人間にとっては、それはこの上なく胸躍る裏切りであり成就なのさ。












0




AutoPage最新お知らせ