俺、息の切れた金曜の午前さま過ぎに  散文




俺、息の切れた金曜の午前さま過ぎに、とてつもないのっぺりとした感情に襲われてしばらく膝を突いていたんだ。仕事を終わらせて、部屋に戻って、シャワーを浴びた後のことだった、山奥のカーテンの様なもやの中を潜り抜けるときみたいに空気が変わるのを感じてさ、あっ、あっと妙な声が口をついて出た、どこかからふいに落ちるときみたいな軽い調子でだよ。あれはなんと言えばいいんだろうね、塩と酒と味の素で調えた錦糸玉子の一切れになったような気持ち…重さが無くて、細くて、見るからに脆い…試しに指で摘み上げてみるときには細心の注意を払わなくちゃぷつりと切れてしまう、そうなると寿司に添えるときだって切れっ端は無視されてしまう…そういう懸念をいつも含んでいる感じ、判る?俺、息の切れた金曜の午前さま過ぎにそういう気持ちで膝を突いていたんだよね、そういうときってもうなんていうかどうだっていいんだなぁなんてことをいろいろ考えちまうんだ、今日彼女に送った写メールの表情の出来とか、帰りに口の中で溶かすことが出来ずに噛み砕いて飲み込んでしまったカンロ飴の儚さとかそういったことってよ、こだわってみると意外と面白いことだったりするんだけど、何もこだわらないやつにとっちゃどれもこれもどうでもいいことじゃん?いわば俺そういう人種にシフトしたみたいになってたんだよね…そんでまあなんだかそれは良くないことのような気がしたんでね、とりあえずそこから回復するのをじっと待った、そこから回復するのを待ってそういう状態がちょっとした気の迷いみたいなもんだってことを確信するためにこうしてどうでもいいことをあえてこだわりながら息の続く限り文章を連ねてみようという試みをしてるわけ…まあ自慰行為っちゃ自慰行為だね、だけどさ、そういう行為が売り物になったりする世界ってあるじゃん、巷のビデオ屋とか行けばいくらでも値札つきで並んでるじゃん…まあもうビデオなんか置いてないかもだけどね…俺はさ、こういうことはいくらでも好きにやっちゃっていいと思うんだよね。読みやすい文章って何。面白い文章って何。結局のところ主観でしか書かれないものでしょ、そんなの出来てると思って書いてるやつのほうがよっぽど始末に負えないだろうな〜要はさ、オナニーだって金になるってことなんだから。好みのコがアレしてたらみんなやっぱりナニでしょうよ…まてまて、安易に下ネタとか持ち出してアバンギャルド気分とか止めといたほうがいい。特に今は息の切れた金曜の午前さま過ぎ。そんなときにそんなことしたって別に何の救いにもなりゃしないよ。午前さまって不思議なんだよな、針が少し進むたびに何かを宣告されているような気がする。多分、他にあまり気にするものがないからそんな気分になっちまうんだろうね、今日はちょっと太陽を浴びすぎたしな。日射病なんてぶっ倒れるだけじゃないんだろうなきっと、太陽の幻影は意外なほど人間を蝕むものだよ、考えてみりゃそりゃそうだよな、何億光年とかいうふざけた距離から光を放って、それでこんだけ俺に汗を掻かせてんだもの…俺たちみんな炙られて過ごしているんだよな。そういう一体感の持ち方ってどうよ、興味ない?まあそれもそうでしょう。俺にも自分がどういう形で誰かと連帯を得ようとしているのかまったくピンときやしないんだ。そんなこんなでばたばたとキーボードを叩いているうちにだんだん眠気が訪れたりするんだけど人間って不思議なものだね首がすでに舟を漕ぎ始めていても惰性でなんだか指先は動き続けているんだ、このまま動かしていたらとんでもないことになるかもね。閉ざしておいたほうがいいようなことまでつらつらと引っ張り出して大恥を掻いてしまうかも。汗の次は恥かよ。まったく忙しないな。まあそんなわけだからもうそろそろ筆を置いてしまおうかと思う、こんなのよほど興味のあるやつしか目を通したりしないだろうしね…先に自慰とか言っちゃったからなんだか隠したい気すらするんだ、ほら、隠したほうがイカしてるって側面も確かにあるじゃないか?長い長いおやすみの挨拶だと思って読んでくれるとありがたいな。実際この文章には誇るべきものは何もない、ぎこちない自動書記みたいなもんでさ…なんかそういう風に続いちゃうときってあるじゃん……無い?








0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ