もとの、もくあみ  
















薄暗がりで誰かを嘲笑い過ぎて、いびつなかたちにかすれたこころだ
綿菓子のように頼りがいがない、真下へ向かって飛ぶジェットプレーン
あなたは明かりを消した部屋で、わたしは名札を出さない家で
小さいけれど剥げないシールみたいな暗闇を見ている、床に根が生えたよう
今宵の世代の黙示録は数枚めくれば終局を迎える
あなたは真横に引いた傷で、わたしは胃まで零れる嘔吐で(サルトルなんかメじゃないネ)
近ごろの暖かさのせいで雑草を食らう羽虫が迷い込み―食欲を満たそうとする、わたしは違う、わたしは違うよ
雑草なんてハードコアには一生ご縁のない内奥
ライトの明かりをふたつ落してかりそめの休息の準備をしよう―悪夢の中で出会うことがあったら声をかけておくれよね、閉塞の中で期待してるよ
プリンスがコンピューターのうたを歌ってる、最近の音楽はターンテーブルに乗らない
あなたはノートを閉じた机上で、わたしは誰かに書かされる言葉で
ねぇ、ねぇ、本心なんてさ、どんな分からなさで語られたって構わないものじゃない?
こころのかたちを直そうとして何度もしくじったあとで
それは直してるんじゃなくて改ざんしてるんだと気付いた
腫瘍のようにわたしたちは、真実を求めて生きていくのですね
きれいなことなんてないね、きれいなことなんてないよ、いろんな言葉がチェリーブロッサムなおもむきのこんな世界で
いったいどんな確信にしがみつけるっていうんだろう?溺れる者はわらをも掴んで、わらと一緒に沈んで行くんだ
沈没が沈殿になって、いつかは地層になって
何千年かあとに研究なんかされてたら笑っちまうよね
王様以外の、庶民とかのミイラってどうしてできるか知ってる?
それは災害と放置、災害と放置、災害と放置のたまものなのさ
報われない死が掘り出されて、レンドゲンを撮られる、ガッシャン
それで歳とか性別とかを割り出してるひとたちがいるわけです
何の為って
さあ
なんででしょうね
明かりをつけることは
わりといいことづくめだって
昨日
新聞で読みました
だけど、寝るには眩し過ぎるから






また
もとの
もくあみって有様です















0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ