2009/5/26

俺はそのまま死ぬ気はない(Visions Of War)  














むしり取られた神経から泣声ばかりが漏れる、濃縮された諦観の長雨だ、半分萎えた視神経が見つめたがるのはいつも俺自身の完全否定に繋がりそうな朽ち落ちた景色ばかりで、穿孔、穿孔、穿孔、穿孔、受け入れられるのは何も無い穴ぼこばかり
お前の神経は何だ、どれもこれも、オーバーヒートをやらかしたみたいに赤く焼け焦げちまいやがって、何を肯定しようとしている、そんななりで、そんな有様で、どんなものにオーケーを出そうとしているんだ、穿たれた、穿たれた、穿たれた痕跡ばかり、お前を安らかに見せる原因など爪の先ひとつも見つけられはしない
死体安置所でお前の身体をいじくりまわす検死医どもの薄笑いが目に浮かぶようだよ、お前はこの上ないセンセーショナル、お前の細胞のひとつひとつに生きとし生ける物たちが大喜びだ、むしれ、むしれ、むしれ、むしれ、死んでからの裂傷などたいして目立つような有様ではない
ゴ、ゴ、ゴ、ゴ、と、目玉の奥で何かが鳴っている、出て行こうとする、出て行こうとする、出て行こうとする感情の必死さだ、お前の心がお前の身体を否定しているのだ、お前の心がお前の身体を、お前を構成する細胞のプログラムそのものを、憎め、憎め、憎め、憎め、許して忘れることの出来る出来事なんてそうそうないはずだろうがよ、綺麗な顔をしようとするな、憎しみが渦巻いているのならそれがお前の表情そのものさ
俺は殺人を犯したいんだ、出来ることなら名指しで宣言したってかまやしないぜ、なぶり殺しにしてスカっとしたいんだ、アンタ、どうして顔をしかめる、そんな感情を抱いたことが一度もないなんて、はたしてアンタ宣言出来るのか?ああ、なるほどアンタは都合よくポジティブなんだな、俺のこの、俺のこの弱弱しい眼の色が判るかい、これがどんな感情を含んでいるのか?俺は生まれ変わろうなんて思わないぜ、生まれ変わって、光の下を歩こうなんてそんなに思わない、だって俺は憎しみを充分に愛しているから、憎しみが、神経を焼こうとするほどにそれをこらえてきた俺を知っているからさ、俺は殺人を犯したいんだ、憎しみが昇華するにはそれしか方法がないとしたらさ
指先まで粘っこい炎に焼かれているのを感じるんだ、それを思い出すとき、それを思い出す時にさ、俺はあの瞬間やあの瞬間を許そうとは思わない、あれを許そうと思ったことなど一度もない、俺は憎む、憎む、憎む、それが俺の血肉を満たしてきた、憎しみや、苦しみが
聖者のように生きた者だけが人生を肯定できるわけじゃない、そんなことも理解しないで俺は産道などくぐり抜けて来たくはない、100万の火薬庫をくぐり抜けて、赤くただれた肉体の痛みが教えてくれるものを真実と呼びたい、そうとも、俺はお仕着せの真実などにはてんで不感症なんだ、感じることが出来ない、感じることが出来ないぜ、何人もの手垢でそいつはベトベトになっているんだ、無条件に受け入れ体制が整っている奴らなんて自分の掌が汚れていることにもたいして気付けやしないのさ
爆弾を落とせ!激しく吹き飛ばしてしまえ!人間の破片が道々を埋め尽くすまで、投下、投下、投下、投下!オペラグラスで見つめるのだ、飛び散っていく、世界、爆弾を落とせ!破裂が見たい!ハード・ロックみたいな果てしない爆撃を眼下に繰り広げてくれ、吹き飛んでいく、吹き飛んでいく、吹き飛んでいく、俺の潜在的な、憎しみ、苦しみ、悲しみ、生まれてきてよかった、たくさんの死の花で俺の人生は飾られるのだ、穿孔、穿孔、穿孔、穿孔、受け入れられるのはいつでも何もない穴ぼこばかりだ
おろして、おろして、おろしてくれ、爆撃機の通り過ぎた破壊の道路の上に、死体の血を存分に吸ってくるから、おろしてくれ、俺をそこへおろして、もったいぶらないで、我慢出来ない、今すぐ欲しい、モラルが欲望に勝ることなどない、血が流れればすするさ、そいつが俺のモラルであり、勝利であり、死であり、生であり、成就であり、結末なのだ、焦げ臭い、赤黒い血液がまだ温かいうちに、さあ、さあ、パイロット、俺をそこへ
はっ、はあ!俺はたまらなく愉快になるんだ、俺のこうしたくだらない話に本気で眉をしかめるやつらがいる!俺は冗談を言ってるだけだぜ、冗談を言って、ほんの少し愉快な気分になろうと目論んでいるだけなんだ、判るだろう、殺したいって思ったことあるだろ?無いのか?お前らは回教徒か?いや、多分あるぜ、回教徒だって、多分、回教徒に限った話じゃないさ、神が絡めば鉄砲撃っても聖戦だものな、そこで死んでるものはおんなじなのにさ、殺したいって思ったことあるだろう、認めちまえよ、認めちまいなよ、お前が大切にしてる綺麗な世界なんて、指のひと突きで壊れちまう程度のものさ、俺は殺人を犯したいんだ、なあ、お前、





殺されるって思ったこと、ないのか?














0
タグ:  殺人



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ