2011/7/31

ジェネレーター  







またたくあいだに裏切るような
そいつがいちばん愛おしい真理だ
カット・イン、カット・アウト
見過ごしたものも
見咎めたものも


瞬間的ななにかをあさい傷のように残して
このおれの前から居なくなる


定義できない人生を求めているんだ
にんげんなんかじゃにっちもさっちもいかないような
はしからはしまで振り回されるそんな人生を
イデオロギーで膝をつくひまなんかない
時間の絨毯爆撃の
なかを
かいくぐるみたいな人生を


ほーら、おまえは自分を素晴らしい人間だと宣伝したいが
肝心の宣材がそれじゃあだれも食いつかないだろう
所詮おまえのなかだけで解決を見たものを
わざわざ気にするやつなんかいるわけもないじゃないか


終わらないものを差し出せ
終わらないものを差し出せよ
一生そいつと絡んでいくんだって覚悟を
終わらないものにしてこちらに差し出して見せろよ
食料の近くでぶんぶん飛んでるハエみたいな
うるさいだけの自己主張なら金輪際口を閉じてろよ


どんなにくたびれても止められないときがある
どんな場所に追いやられても
叫ばずにはいられないひと言ふた言がある
だれかがおれに叫ばないかと声をかけてくる
だからおれはなるべくなまぐさいやつばかり集めて
こぎれいな床の上でポエトリーリーディングするのだ


またたくあいだに裏切るような
そいつがいちばん愛おしい真理だ
カット・イン、カット・アウト
見過ごしたものも
見咎めたものも


まれにいたみつづける傷があるぜ
ほんの一瞬のあさい切り傷でも
なぜか治癒せずにいたみつづけるものがある
そいつが教えてくれるものをむさぼりたい
教会にあつまる薄汚い路上のにんげんみたいに
屠れよ、そのすがたを見せつけてみろよ
おきまりのフレーズ以上のなにかをおまえがまだ持っているのなら
だれかにたちむかうとき以上に
おまえが自分にたちむかえるのならよ


小理屈は本屋の、一番売れない奥まった本棚に
青白い言葉は図書室の資料室のところに
それぞれはみ出さないようにきれいに並べておきな
ほんとうに生きようとするときそんなものはなんの役にも立たない


嘘をつきながら正直になれるかい
汚いものをうたいながら美しくなれるかい
おまえが欲望以上のものになろうとするときに
そこに摩擦をかけてくるものがあとどれだけ存在するんだい
純潔のファシズムは一切のスローガンを必要としない
ひっくり返しに来るだけの言葉なら
またひっくり返されて終わるだけのことだろうさ


またたくあいだに裏切るような
そいつがいちばん愛おしい真理だ
カット・イン、カット・アウト
断面からふきだしたものは
濡れたと思いきやほら乾いている
わかっているのに必要以上にぬぐってしまうものさ


ほーら、せめても肉体の感触だけで
今日あったことを確かめているがいいさ




0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ