2006/3/28

遠く離れた明かりの手がかり  






空欄に書き込む言葉をずっと捜しあぐねて暗幕の向こうに潜った
歪んだまま結束した均一、それをほどいて並べなおすには
気が触れるほどの無駄な時間が必要になる
下手な音楽がきちんとキープされたリズムより心に響くことだってあるさ、その線引きを何処で決めればいい?
吐き出され、連なるものはいつの間にか前例ばかりを気にして
不実なパズルのように崩壊していく
薄暗い一角の中で手に触れるものが、鋭利なものだとしたら…俺は探すことを止めるだろうか?
傷みなど留まっている場所からも絶えず溢れ出して来るものだ
何も見えない暗幕の向こうで真理臭いものから余計なものまで見つめた―それは一種の制約の外だった―問われるでもなく、見せられるでもなく…なんと言うかな
それは風の匂いのようにそこにあったんだ
カビのような、鼻を突く空気、どれだけ長くここは閉ざされていたんだろう?窓を探せ、窓を探すんだ
閉ざされたままの場所などあっていいはずが無い
見えるか、見えないか…その選択に比べたら
どこかをすりむくかもしれないなんて予感はこの際どうでもいいじゃないか
全てを見たくなるのは本能さ、だけど
明かりの無い場所で何を見つめることが出来るって言うんだ?
窓を探さなくちゃ―明かりを隠してる窓を、思えば俺はいつからそれを探し続けているんだろう
疲労や苛立ちを感じないのは…きっと何もまだ片付いていないせいなのだろう
風が欲しい、本物の風が
俺はいつでもそれを探しているんだ
執拗に繰り返されるカウント、それは何処にも居ない誰かの声で聞こえてくるんだ―それが何を数えているのか
俺には、それすらまだ判らない
散らばったものは幾つだ―!?出すべきでなかったものは幾つだ―!?自問を続けるが、そのほとんどは俺が決めるべきものではなかった
そんなことに気付くことすら今まで出来なかったのさ
言葉があれこれと飛び回るばかりで、何も先に進みはしない―なぁ、まずはスイッチか何かを探せばいいのかな
それとも、手探りか…要は暗闇の中じゃ、出来ることは非常に限られてるって事ぐらいさ
マッチか、ライター…ポケットに


あったかな?






0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ