2019/4/23

欲望は漆黒のような深紅  






















狂気こそが真実を知る、あらゆるものが散乱したテーブルの上には、デフラグされた混沌の形跡がある、指先が本当に触れたいのはキーボードではない、その先にある脳味噌の最深部だ、聞け、正常にこだわるのは愚かしいことだ、理性は本能を超えることはない、だが、本能で理性を研ぎ澄ませることは可能だ、感覚とは本来制限のないものだ、主旨を持つ指先はそれに沿うものしか掴むことが出来ない、(爪切りが欲しい)と願う時に、爪切り以外のものが目に入らないのと同じことだ、爪を切ることが目的ならそれで問題ない、だが、真実はそうはいかない、望むものに触れることは結論ではない、それはただのお飯事に過ぎない、目に見えるものを正確に認識するには、見えていない部分のことを知ろうとしなければならない、視覚情報はただの入口であって、すべてを語っているわけじゃない、爪を切ろうと思いながらあらゆるものを眺めていると、爪を切った後になにをするべきかということも考えることが出来る、俺にはお前の心の奥にあるものが見える、それは俺が狂気をもってこの世を謳歌しているからだ、正気がこねくり回した真実の中だけで遊んでいるお前の、倍近くもある振り幅の中で俺は生きている(これを自慢話だと思うか?)、ひとつの現象に対して少なくともふたつの見方がある、だから俺は結論を持つことがない、だからこそそれは最も真実であると言えるのだ、俺は限界のある個体でしかないからだ、そう、一番の問題はそこだ、驚くほど沢山の人間がそのことを知らない、誰もが限界のある個体である、いや、生きもののすべてがそうだ、そして、おそらくは植物だって、無機物にしたってそうだ、それは限界のある個体だ、限界のある個体が知るべきものは、限界のない思考だ、そうは思わないか?結論を導き出すのは簡単だ、一番手元にあるカードを引けばそこに書いてある、たとえばそれがハートの5なら、「ハートの5だ」と言えばいい、そうすれば誰かが答えてくれる、「確かにハートの5だね」と、多少手の込んだ工程こそあれ、結論を求める連中はそうして生きている、でも俺はそんなカードなどになんの興味もない、それは合言葉のようなものだ、コンサートで行われるコール&レスポンスのようなものだ、切れはいいがなにかの役に立つようなものではない、それによって得るものはなにもない、俺はカードの箱をさかさまにして、床に散らばったカードを模写するだろう、つまりそれがいま俺がやっていることだ、対象がカードではないだけだ、だからこそイントロダクションにはものが散乱したテーブルが選ばれた、なるほど、そう考えることは愉快だ、覚えておくといい、カードは52枚ある、それに、いくつかのジョーカーだって隠れている、カード・ゲームを知らない人間だって、ジョーカーというやつのことはよく知っていることだろう、だけどそいつだって、ジョーカーがカード・ゲームの主役ではないことはよくわかっている、カード・ゲームについてすべてを語ろうとすれば、必要な文章は狂気的になるだろう、わかるかい、俺がやっているのはそういうことだ、俺が、様々な旋律を使って語ろうとしていることは、俺はそれを、片付けようとはしていない、俺は知ろうとしている、そこには理由がある、それは俺自身を知ることなのだ、ひとつの現象によって開かれる回路を、とことんまで追いかけようとしているのだ、俺がそれを知ること、知ることの目的はいつだってそれだけだ、言葉がある、詩がある、文章がある、小説がある、俺はそれを使う、俺はそれを綴る、俺はそれを歌う、俺が記録したものが、もう一度読まれることによって更に深い階層の俺自身を引き摺りあげてくる、俺は束の間目の前に現れたそいつの手をしっかりと握って、その先に向かうための指針とする、聞け、乱雑さを悪とするな、整理されることを良しとするな、そこにあるものをそのままに見つめて、視覚情報として得たものの裏側を、奥底を、どこまでも探っていくんだ、始めに言っておく、そこに終点はない、それはどこまでも続いて行く、先に向かうことが億劫になっても、そこで終わりだと決めてはならない、知るべきことに終わりはない、狂気こそが真実を知る、きちがいのように求めるのだ、モグラのように掘り続けろ、巨大な岩は迂回することが出来る、そこがどんな場所でも、目の前に広がるものだけが世界ではない、俺たちは到底知り得ることのない巨大なフィールドに立っている、生きている限り求め続けることは不可能ではない、立ち止まった場所で自分を誇らしく語るのはやめておけ、それを正当に見せようとしている間にいろいろなものを見落としてしまう、ハッハ!また新しい俺が引き摺り出された!俺はそいつの手を握り締める、そいつからは深いところにある内臓の湿度と血のにおいがする。








0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ