2019/6/30

ケモノの夜  
















断首されたばかりの蛇のようにのたうちながら俺を封じ込めようとそいつは現れた、俺は逃れる隙があるかどうか見極めるためにそいつから目を逸らさないままで立ち尽くしていた、そんな風に対峙してからどれくらいの時が経ったのだろうか、忙しなく動いているくせに近寄ってくる速度はずいぶんと遅かった、無駄な動きが多過ぎるのだ、と俺は思った、意図が多過ぎると動作は空回りが多くなる、そいつにはあまりにも俺を取り込んでやろうという意図があり過ぎた、おかげで俺は早くからそいつに気付くことが出来ていた―だがどういうわけか俺の身体には退くということが許されておらず、脚を動かそうとしてもほんの少し肩が揺れる程度だった、あらかじめプログラムされたことであるようにそんなことしか出来なかった、なので俺は逃げる事はとうに諦めてこの訳の判らないものがじりじりと近付いて来るのをただただ眺めているのみなのだった―これは夢なのだろうか、と俺は思った、あるいは静かに静かに俺の身体を蝕んできた狂気かとうとう俺の意識ととってかわるときが来たのかと、それともそんなことの一切を飛び越えて人生の終わりが俺の首根っこを掴みに来たのかと―もちろんそこに突っ立ってあれこれと考えてみたところでこの状況がなんなのかなどと理解出来るはずもなかった、情報が少な過ぎる、と俺は考えた、視覚的に、聴覚的に、感覚的にこの身に飛び込んでくるものが、ここにはあまりにも少な過ぎた、天国なのか地獄なのか、地球なのか宇宙なのかさえ判断がつかなかった、オーケー、場所は重要ではない、と俺は結論づけた、重要ではない―もちろん差し当たっての最重要事項は、相変わらず忙しなくのたうちながら俺の方へとやってくるそいつのことだった、俺は今度は前に向かって踏み出してみようとしてみたが、やはり同じように脚はぴくりとも動かなかった、ここに突っ立ってそいつと相対する、それは逃れられないことのようだった、それは逃れられないことのようだ、と俺は脳味噌にメモを取った、それにしてもあれはいったいなんなのだろう?前にも言ったようにそれは断首された蛇のようにも見えたし、出鱈目に操作される縄跳びの縄のようにのたうつさまからはウツボのような凶暴さも感じられた、俺を食らうつもりなのだろうか?頭らしきものがまるで見当たらないのに―?軟体動物みたいに、あるいはヤツメウナギみたいに、ここからでは判別出来ない位置に頭部を隠しているのだろうか?でもあの動きは筋肉によるものに見える、地球上の生物とはまるで構成が違うものだと考えることも出来る、だが、やつの在り方にはどこか、よく見慣れたもののような気がしてならなかった、そのとき、もうひとつの考えが脳裏によぎった、もしかしたらあれは生きものでもなんでもなくて、そんなふうに作られたおもちゃのようなものなのかもしれないという可能性だ、そして俺はなにもわからなくなった…選択肢をたくさん用意する考え方は心を育てるには申し分ないけれどもこんな時にはまるで役に立たないな―あれがなんなのかすらわからないのに、ここでこんなことをあれこれと考えているなんてまったく無意味なことだ、俺はそれ以上考えることを止めることにした、目を閉じて両手を広げ、そいつが俺の身体に到着するまで待ってみようと考えた、そのうえでなにかしらの考えが頭に浮かぶのなら、それを実行してみればいい、もしもこれが原因で死んでしまうのなら、それはそれまでということだ…俺はすべてを投げ出して状況に身を任せた、目を閉じたときに気付いたのだが、この世界にはまったく音がなかった、ただただこちらに近付いて来る強烈な意図だけがあった、これはぞっとしないな、と俺は考えた、でもそれ以上感想を持つことはしなかった、やがて強い衝撃がやって来て、俺は一瞬天地がわからなくなった、よろめきながら目を開けるとそこは駅のホームで、時刻は深夜らしかった、俺をそこまで運んできたのだろう最終電車が、警笛を短く鳴らしてどこかへ走って行こうとしていた、俺は両手で顔を拭って、その手を擦り合わせた、自動販売機で水を買って、駅員が驚いて振り返るくらいに喉を鳴らしてそいつを一気に飲み干した、梅雨の合間の短い晴間の中に立ち込めた湿気が身体にまとわりついて、その感触はまるで盛りのついた雌の蛇のように冷たくて重たかった。










0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ