2019/8/22

赤く渇いたシュルレアリスム  












真っ白い壁に毛細血管のような亀裂が植物の成長を早回しで映すフィルムを思わせる速度で広がっていく、それを夢と呼ぶことはもうやめた、どんな名前をつけたって、それが俺の眼前で起こっていることには間違いがないのだ、感覚を小理屈で押さえつけるようになったらそれは人間としてはおしまいというものだろう、だから俺は抗うことなく、目の前で起こることに個人的見解を持つことなく、不意打ちの豪雨をどこかの軒下で眺めるみたいにただ見ていた、ひとつのルートが広がりきると僅かな隙間から新しい亀裂が生まれまた四方八方へと広がってゆくのだった、これは表面だけのものなのだろうか、と俺はぼんやりと考えた、その素早さは、その身軽さは、たとえば塗装なり壁紙なりを引き剥がそうとして生まれたものだと考えるのが妥当だと思えた、けれど、唯一そんな身軽さを感じさせない軋みが振動となって俺の腰のあたりにまで響いていた、これは間違いなくこの壁のすべてで進行している破壊だ、そう確信せざるを得なかった、それなら、と俺は考えた、これほどのダメージを受けておきながら、なぜこの壁は崩れることなくこうして立ったままでいるのだろうか?何か騙されているような気分だった、とっくに粉微塵になっていてもおかしくないほどあらゆる方向に亀裂は走っているのに、まるでこの壁が壁であることにそんな亀裂はまるで関係がないのではないかと感じさせるほどの堅牢さを感じさせた―でもそんなことが起こり得るだろうか?あるいは、そんな構造を備えた壁などこの世界に存在しているだろうか?結局のところそれは俺には受け入れられないのだろう代物だった、根本的に違うのだ、と俺は無理やり自分を納得させ、壁の前に胡坐をかいた、もう頭を空っぽにして、なにが起こるのかを最後まで見届けるつもりだった、俺がそんな逡巡を繰り返している間にも、亀裂は走り続けたし、壁は壁であり続けた、俺はそのどれに注意を払うでもなく、ただただ終わりだけを待っていた、長編小説のように最後のページまで読み続けたならすべてははっきりするかもしれない、だけど現実は小説のように厳しくも優しくもない、現実とは一言でいえば、なにもない一本道を歩き続けているだけの映画みたいなものだった、ただ太陽と月が入れ替わり、季節が入れ替わり、それとともに歳を取るだけだった。もしもこの壁が壊れもせずただ自分に亀裂を走らせ続けるだけだというのならその意味は理解出来ないが現象としては馴染み深いものだった、単調さは生き続けるためのポテンシャルだというわけだ…俺はそう考えながらしばらく亀裂が走るのを目で追っていたが、ふいに手を伸ばしてその壁に触れてみた、すると…その瞬間に亀裂は走るのを止め、一瞬時間までが停止したかのような錯覚が訪れた、それから、亀裂を覆うように赤いものが染み出してきた、信じられないことだがそれは確かに血液だった―始めは瘡蓋を剥いだ後に滲むようにうっすらとしたものだったが、やがてダラダラと溢れ出し、壁を覆うように流れ落ちて、床を染めた、床で広がり、俺の足に、尻にまとわりついたその血からは、体温のような温かさまで感じられた、俺は目を見開き、それがどういうものなのか見極めようとしたが、無駄だった、そんなことわかるわけがない、血を流し続ける壁、それは亀裂以上に執拗に続きそうに思えた、けれど不思議にそこを立ち去る気にはなれず、俺はただ座って流れる血を見つめ続けた、それがどのくらい続いたのだろうか?五分だった気もするし、一時間だったような気もする、血は最後にミストのように吹き出し、俺の全身をうっすらと染めた、まるで残虐な殺人鬼のような有様で俺は次の展開を待っていた、そこにある壁はそれ以上どんなアクションも起こさなかった、死だ、と俺は思った、いまこの壁は俺の目の前で死を迎えたのだ…俺は立ち上がり、壁に向かって拳を打ち付けた、数回で皮膚は切れ、今度は俺の拳が血を流し始めた、大量に流れた血の跡に俺の血が上書きされ、その模様はどこかポップな印象すら与えた、壊さなければならない、俺はそう感じていた、両手が使い物にならなくなると蹴り飛ばした、脚は拳のように傷つきはしなかったが、次第に関節が衝撃を受け止められなくなってきた、ふう、と俺はまた床に胡坐をかいた、そして、素知らぬ顔で突っ立っている壁と再び黙って向かい合った、死んだのだろうか?本当に―?次第にそんな考えが浮かび上がってきた、あれはもしかしたら生き永らえるための策なのかもしれない、毒を飲めば吐き出そうとする、そんな習性のようなものなのかもしれない、習性―習性か、俺は笑い出した、習性か、壁のくせに…答える声はなかったし、咎めるものもなかった、ただ壁はそこに在って、俺は笑い続けていた。






0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ