Spring Can Really Hang You Up The Most  






さようなら、うつくしい雨が消えていく
冬の破片があちこちできらめく街
ささやかに風の模様が刻まれた傘をたたんで
きみはアーケードの中へ姿をくらませた

九十日垂れ流されたクリスマスキャロルが口をつぐんで
ニューイヤーの装いが忙しなくさしだされる
ひとごみはやれやれと
ただそうしてきたからというだけの理由で年の瀬を執行する

おれはときどきそんな街のなかで
信じるものがあったころを思い返す
いまにして思えばそれは
残り時間が暇潰しに描いている希望のようなものだった

もう、そうさ、おれたちは
これからどんな気をつかうこともない
洗濯もののように横たわって
字幕つきの夢を見続けることだって出来る

凍てつくような週末のはじまり
コートのポケットに突っ込んだ両手は
どんなに握りしめてもあたたかくなることはなかった




0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ