伝えること  

咳はまだ止まらない。幹事長の言ってた通り、最悪の状態だった当時の研○所時代は
埃というか、空気の汚れと言うか、それにかなりやられてたな。
あの頃の咳は、ホント激しかった。
今考えると懐かしい思い出…じゃねーな!しんどい・きつい思い出。
今、少し蘇ってるって感じだよ。参ったな。

ちょっと感じたこと。

「自分自身が向上するために自分の持ってる知識や技術を人に伝える」
これってすごく大切なことだよな。

人に何かを伝えるってことは、自分が得ている知識や技術をただ単純に伝えるのではなく
伝えるべく相手の状況や環境など、全ての情報を知った上で、わかりやすく且つ、
簡潔にしっかりと伝えることのできる力を有してないといけない。
だから、簡単なようである面においては、すごく難しく大変なことだ。

あと、人間は自分が得た知識や技術はやっぱり自分のものにしておきたい。ってことで
人には本気で伝えないというか、完璧には伝えないってゆー奴もいるだろう。
まぁ、出し惜しみするっつーのかな。これ、ある面当たり前だよな。

でも、待てよ!ちょっと考えてみりゃわかるはずだけど

今もってる知識なんて、時の流れと共に過去のものになっちゃうわけで、
自分自身が向上したいのなら、更に違った知識や新しい知識を求めるのは
これもまた当たり前なんじゃねーかってことだよ。わかる?

つまり、自分自身が常に向上心を持ち、更に上を目指してる奴ってーのは、
今もってる知識など出し惜しみもせず、多くの人に広く伝えて、知識や技術を共有する
ってゆー大きな心を持ち合わせてるってわけ。
これってすげー必要だよな。「そー思わない?」

てなわけで、心の大きな人間目指して、今頭にあることは、どんどん伝えていきたいね。

だってよ。「今伝えたことは、もう過去のこと」だからな!
(俺は先を常に行く!!) Are You OK?


これにて本日終了。




0



2007/10/25  9:23

投稿者:大将

確かにそれも言えてますが、たとえ同じような指導をしていたとしても
それを自分のものとして、表面だけをまねるのではなく、しっかり理解して伝えてるのであれば
それはそれでいいんじゃないかって思いますがね。

2007/10/25  0:15

投稿者:人は見ている

他の指導者がやっている事をまるで自分の知識の様にえらそうに教えることしかできないのもどうかと思いますがね。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ