2008/12/26

岳南点景  写真
今日で仕事収めの会社も多いのでしょう。当社は29日までやりそうです。
まだ年賀状も書いてないので、明日にでもゆっくりやりましょうかね。

さて、先週の土曜日にFe4の撮影収めが厳かに遂行されたのですが、どうも更新をサボって最後の蔵出しとなってしまいました。
やはり対象が車両なので、同じ感じに撮れるのは止むを得ない事ですよね。そんなんで今回はイメージカット的な写真ばかりを並べて見たいと思います。
他のメンバーの着眼点との違いなども見てもらえば面白いですよ。
つばささんtakeさんシービーさんのブログです。

湯河原で東海道を撮った後、さらに西へ向かい岳南鉄道の起点である吉原に到着しました。
夏にシービーさんと浜名湖撮影の行きすがら通った時、中々魅力的な鉄道だなという印象がありましたので、是非富士山も綺麗に姿を現す冬場に来訪してみたいと思っていた路線なんです。
東京はこの日、結構雲が掛かってたので心配してたのですが、途中から雲もすっかり取れて青空の下くっきり姿を拝めるシチュエーションとなりました。

クリックすると元のサイズで表示します
ホームからもこの眺めですよ。ここはJR東海の駅ですけど。

クリックすると元のサイズで表示します
このカラーは本家の井の頭線でも使われていなかった色ですね。昼間は単行の電車2両でまかなっているようです。

クリックすると元のサイズで表示します
吉原駅に停車中。整理券機が無ければ井の頭線と何ら変わりません。
奥の機関車は沿線の製紙会社広告機です。

クリックすると元のサイズで表示します
山頂をアップで。クネクネと登山道の形跡も良く分かりますね。

クリックすると元のサイズで表示します
岳南江尾駅。終着駅の雰囲気がありますよ。書体も旧漢字で書かれているところなど渋さがありますね。

クリックすると元のサイズで表示します
比奈駅で出会えた501型電機。機器類にも年季を感じさせます。

クリックすると元のサイズで表示します
501のサイドビュー。501の書体がいかにも元名鉄を物語ってますよね。

クリックすると元のサイズで表示します
一日中こんな天気で富士山が隠れることも無く、無事ラストカットを撮って帰路につきました。

貨物輸送の比重も多い私鉄ですから、今やJRでもあまり見られなくなった貨車入れ換え作業なども身近で見られるなど、魅力たっぷりの鉄道と言っても間違いないと思います。
岳南鉄道のHPに富士山との組み合わせで撮れるスポットも紹介されてましたので、また時間を作って撮りに行きたいなと思わせる場所でした。
0

2008/12/28  14:25

投稿者:line
シービーさん。
やっぱり好みでしたか。もう少し時間があればいろんな場所で撮ってみたくなる魅力のある線区ですよね。
若い頃は、中小私鉄など興味の対象外だったので、撮りに行く機会もなかったでした。当時の国鉄は魅力的でしたからね。
今はJRよりこのような私鉄の方が懐かしい光景を見せてくれるので、写欲は膨らみますな。

2008/12/28  14:17

投稿者:line
つばささん。
今回はあまりロスタイムも無く、目的はほぼ達成できましたよね。天気も味方してくれたので、久々のヒットでした。
18切符の移動距離だとあの辺がやっぱり限界ですね。新幹線を使えばあの直線で夕日に染まる富士とのコラボも撮れたのでは、と思うとちょっと残念な気もします。

2008/12/28  14:09

投稿者:line
takeさん。
工場内を走る区間も印象に残ってるのですよ。やはり平日に行くともっと活気があるのでしょうね。
前面展望も面白そうですな。期待しています。
最近の撮り鉄旅は、中小私鉄絡みが多いですから、次はどの辺にしましょうかね。下仁田電鉄なんか良さそうですけど。

2008/12/27  13:45

投稿者:シービー
さりげなく女性を撮っていたんですね。好みのタイプです。
視点を変えた撮り方は、さすが事務局長という感じですね。
岳南鉄道、初めて行って虜になっちゃいました。
また行ってみたいです。1日乗車券も硬券、そして400円という安価な切符、そして富士山と。

2008/12/26  22:49

投稿者:キハ181つばさ
かなり凝った画風で構成しましたね。
今回は時間の関係で500系メインみたいになってしまいましたが、やはりジヤトコ前の直線区間は外せないと思います。春先だと霞んできそうなので、寒いうちのトライのほうが良いかもしれませんね。

2008/12/26  22:25

投稿者:take
いやぁ岳南。魅力的な私鉄でしたね。
運賃もリーズナブルだし、あたりの景観も街中、工業地帯、田園地帯と様々でした。いずれ元国鉄職員の方のでっかい声が入った動画を公表しますが、富士山にまっしぐらに走るシーンが入ってました。
降りたかったですよ。

http://do-raku-oyaji.cocolog-nifty.com/blog/

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ