2009/6/16

東京口を賑わした急行電車  鉄道
このところ梅雨らしい天気が続いてますねぇー。まあ、涼しくて仕事もはかどりますよ。
今週末は久しぶりの出張仕事もあるので、週後半は天気になって欲しいですな。

また古ネタに戻ります。
昭和50年前後に東京駅に出入りしてた電車急行と言うと、大所帯の順で「伊豆」「おくいず」「東海」「ごてんば」そして殆ど運休中だった「長州」がありました。
新幹線の博多開業がゴーサントウと呼ばれた改正時で、それにならって下関行の「長州」は時刻表から姿を消してしまいました。結局運休中のまま廃止となってしまったようで、現車を見る機会も無かったと思います。最終運転日は果たして何時だったのでしょうか。
その他の急行電車はこの改正でも殆ど動きが無く安泰な感じでしたね。
「東海」「ごてんば」は別にして伊豆方面に向かう系統は、週末や季節による変動が多く、10往復を超える設定もありました。ただ、撮影対象とするにはヘッドマークも無く面白味にも欠けていたので、ブルトレの合間にやって来る程度を撮ったに過ぎなかったようです。
そんなんでも、今や懐かしの車両となってるので紹介して見たいと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
根府川〜真鶴間を走る153系「伊豆」。これは珍しく列車番号が表示されていたので判明できました。

クリックすると元のサイズで表示します
田町付近を走る153系。列車種別幕も列車番号表示も無しですよ。とにかく東海道の153系はこの辺りがいい加減でしたね。

クリックすると元のサイズで表示します
高運転台の500番台を先頭にした急行かな。これも幕は破れてるし、番号入れは見ての通り。

クリックすると元のサイズで表示します
臨時にはグリーン車無しの167系も運用されてました。多分「おくいず」だと思われます。
「伊豆」は全車指定席を基本にしてたので、冷房無しの167系は格下の「おくいず」系統に入っていました。

クリックすると元のサイズで表示します
これも良く分からん列車なんです。159系に見えるのですが、155系も押込み型ベンチレータに改造されたやつがあるので特定できません。
果たして急行なのか修学旅行なのか、今となっては調べる由もありませんな。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和56年頃だったかな、「踊り子」が運転されるまでの繋ぎとして185系が「伊豆」運用に付いてました。
奥に見えるのが東戸塚駅。今や周辺も変わってしまいましたね。

その後「踊り子」が特急として運転を始めると伊豆方面の急行は無くなり、そして「東海」も特急となり東京駅での定期急行電車は長い歴史に終止符を打ったのです。

いつもポチ有難うございます。
0
タグ: 急行 東海道線 153系

2021/3/3  20:06

投稿者:いわき2号運休中
急行長州運休中
快速やひこ運休中

2009/6/18  14:48

投稿者:line
takeさん。
私も多分そうではないかと思います。
当時電車急行はほぼ冷房化されてたので、臨時に関しては非冷房のリスクがありましたね。同じ急行料金払ってその差は大きかったですよね。
伊豆方面は房総方面同様に、海水浴シーズンはいろんな車両を寄せ集めて運転してましたね。今では考えられませんな。

2009/6/18  14:33

投稿者:line
瑞穂さん。
153系の顔はお初でしたか。この頃はまだ小目玉になっているのは無かったので、本当の元祖ですね。
個人的には大目玉が下がってる基本番台の顔つきが好きですねぇー。
国鉄時代は急行に新型車両を暫定投入する場合が有りましたが、JRになってからはこんなケースも無くなってしまいましたね。

2009/6/18  14:25

投稿者:line
つばささん。
153系も番号札入れがセンターのやつと左側のやつがありますね。
この修学旅行色は155系の可能性が高いと言うことですね。写真を拡大してみると9568Mの表示がしてあるのですが、昭和48年頃に撮ったやつなので時刻表も無く特定できませんでした。

2009/6/18  14:18

投稿者:line
シービーさん。
あの独特のカラーはモノクロだと中々分かりづらいですよね。
上野、新宿発の急行はサハシの連結もありましたから、やはり格落ちの感じでした。「伊豆」は元々157系で運転されてたので、全車指定席を維持してたのですかね。ただ車両的に格下げになってしまったので、乗客には不評でしょうな。

2009/6/17  19:59

投稿者:take
たぶん155系も「おくいず」ですね。
田舎に帰る時に何度か乗ったおぼえがあります。
クロスシートに勉強机つきなので、家族で弁当つつきながら乗っていくにはうってつけでしたが、悲しいかな非冷房。
でも窓を開けて走ると風が爽やかだったのを思い出します。

http://do-raku-oyaji.cocolog-nifty.com/blog/

2009/6/16  23:35

投稿者:瑞穂
ちゃんと先頭から見たのは初めてかもしれません。
顔がオレンジ一色だったのですね(@_@;)!
さりげなく写りこんでる0系が時代を物語ってるようです。

そうそう!
185系を初めて見て「あれが踊り子号?」と友人に聞いたら「まだ伊豆号として走ってるんだって。」と答えてくれたの、覚えています。当時は意味がよくわかんなかったけど(爆。

http://gray.ap.teacup.com/4005re_mizuho/

2009/6/16  22:50

投稿者:キハ181つばさ
出番と思って勝手に調べてしまいました。
横サボの位置とかスノープラウとか、貫通幌の形状とか、個体差が有って決定的な違いが判りませんでしたね。
最後に1つ、決定打となるか分かりませんが、列車番号札の差し位置。155系が向かって左側についているのに対し、159系は貫通扉部に付いているようです。
159系の写真が最末期の1枚しかないので単体の時代考証が出来ませんが、あまりいじる場所ではないので、決定的な違いのような気がします。

2009/6/16  21:48

投稿者:シービー
修学旅行色、カラーで撮ってあるんですね。
私は全て白黒でしか撮ってないので、羨ましいです。
東海道の153系は、急行という表示も無く、ちょっと格落ちって感じでした。
時刻表で夜行急行の長州の運休中、利用者が少なくて運休中だったのでしょうかね。

http://blogs.yahoo.co.jp/mrcbcross14

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ