2009/9/20

特急「いしかり」「ライラック」  国鉄特急
普段の日曜日と違い、明日もゆっくり出来るので気が楽ですねぇー。
カラッとした快晴の陽気も心地よいです。この時間からスーパードライを開けてますよ。

国鉄特急ネタとしては、新しい部類に入りますが、北海道の電車特急の基礎を作り上げた初代「いしかり」と2代目「ライラック」です。
昭和50年から485-1500番台で望んだ初の電車特急「いしかり」でしたが、やはり北海道の冬には勝てず、早々に2代目の781系にバトンを渡す格好になったのは周知の事ですね。
昭和49年には「白鳥」として日本海縦貫線で使用試験的使われ方をしてた1500番台に数度遭遇してました。そして昭和50年の冬に最後の蒸気を撮りに渡道した際に、初めて函館線を走る485系に再会したのです。しかし、運休やら遅れで惨憺たる状況になってましたよ。

クリックすると元のサイズで表示します
ワイド周遊券でしたから乗りはしませんでしたけど、急行「カムイ」が定時運転してたので、皆さんそちらを使ってたと思います。
翌年はテールライトが外嵌め式等に変わったりと、少しは改善されたのですかね。

その後、無煙化が完了すると北海道に行く機会も無くなり、後発の781系に出会ったのは国鉄末期の頃。
既に「いしかり」は「ライラック」に名前を変えていました。
ヘッドライトも外嵌め式になった外観は、どうも改造車の雰囲気が漂っていて特急車両には似つかわしくない感がありましたね。
まだ、国鉄でしたから機能を優先した結果なんでしょうかね。

クリックすると元のサイズで表示します
53.10以降の列車ですから、文字マークはありません。
当初は6連モノクラス編成で、運転席上部の整風板も無かったので、スッキリしてますな。

クリックすると元のサイズで表示します
そしてJR化後の姿。4連になり運転本数を増加させたようです。
沼ノ端〜植苗間。

クリックすると元のサイズで表示します
整風板でだいぶイメージが変わりますねぇー。
この後、JR北海道色に変更されてしまいましたが、その姿を撮ることは適わないまま廃車されてしまったのが残念なところです。

しかし、485系が北海道に渡る前から走り続ける711系は今だ現役ですから、極寒地仕様の電車としては最高の車両であった事が証明されましたね。
特に札幌〜旭川ノンストップの急行「さちかぜ」は、急行の表定速度No.1を誇ってましたから羨望の列車でしたな。
サボの写真だけでも撮っときゃ良かったですよ。

いつもポチ有難うございます。
0
タグ: 国鉄特急 485系 781系

2009/9/23  14:20

投稿者:line
シービーさん。
昨日はお世話になりました。
781系の「いしかり」時代は結構短かったですよね。貴重なショット撮ってましたね。
やはり皆さん国鉄色が払拭されてきた頃の写真って、撮ってなかったのですね。私も平成初期の頃は全くと言って撮影に出かけませんでした。
その反動か、今や線路の上を走ってるものだったら何でも撮るようになりましたねぇー。

2009/9/23  13:14

投稿者:line
つばささん。
北海道の電車特急もJR化後は、愛称名がいろいろ変遷してるので、今でも良く分からない部分があります。
今や北海道オリジナルの設計で車両も作られてるので、冬季の対策も完璧なんですかね。781系は最後の頃に、エアポートの運用に入ってたので、乗った事はあったのですが、撮影するのは忘れてました。やはり、ホーム撮りもしとかないといけませんな。

2009/9/20  22:44

投稿者:シービー
485系1500番台の「いしかり」には遭遇できなかったでした。
781系になってからでしたが、それも暗くなっている時間帯なのでマークがとんでしまって。
私も北海道色のライラックは撮ってないです。
TBさせていただきます。

http://blogs.yahoo.co.jp/mrcbcross14

2009/9/20  18:47

投稿者:キハ181つばさ
初期の「いしかり」、貴重ですね。私も「白鳥」時代に辛うじてオリジナルの1500番代を1枚撮っただけです。初めて北海道に行ったときは昭和55年だったので、既にイラスト化されていましたし、翌年には「ライラック」に変わっていました。
私も北海道色の「ライラック」は一度も見ずに無くなってしまいました。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ