2010/5/21

原形小窓で大ひさしのEF5870  鉄道
今日は暑かったですねぇー。やっと展示仕事が1つ片付いたのですが、これから連続するので気が抜けない日々が続きます。

また古ネタ。
昔はゴロゴロ居たEF58なんですが、いろいろ特長を持ったタイプが存在してたので、機番毎に眺めて見ると面白いのが出てきます。各地を点々と移動するにあたり改造されたりと、写真の姿がいつまで続いたのか分からない所も魅力的だったりして。
当時は、特に気にも留めてなかったので特定のやつを追いかける事も無く、今に至ってしまったのですが、やっぱり原形大窓機だけは来ないかなーと願っていたことを思い出されます。
ただ、この大窓は西側にいたので東海道筋で狙うしか無かったんですよね。しかし、結果的に持ってるフィルムには今だ1枚も見つかっていません。60、61は別ですけど。

上越は例外としても、東北筋の宇都宮には原形小窓も数多く所属しており、それなりに丹精な顔つきを見る事ができました。その中でも特長的な顔付きをしてたのが70号機です。
原形小窓に大型ひさし付きと言う顔。上越型で見られるHゴム仕様のタイプとはやっぱり違う感じを受けるんですよ。

クリックすると元のサイズで表示します
121列車を牽くEF5870。

クリックすると元のサイズで表示します
「津軽」の回送かな。2枚とも昭和51年頃撮った写真です。

やはりHゴムが無いだけでかなり印象が違いますよね。どこか広島の鉄人28号を思い起こします。西の方にも同形態のが居たかも知れませんが、当時この顔付きはこの70号機でしか見られませんでした。

いつもポチ有難うございます。
0
タグ: EF58 宇都宮 小窓

2010/5/23  15:48

投稿者:line
シービーさん。
お世話さまでした。久しぶりに長時間飲み続けてしまった。
EF58も7割がたスキャン済みですが、この手の顔はこれしか出て来なかったです。ただ、当時幾らでも居た機関車でしたから、かなりの数をスルーしてたので見過ごしはあるかも知れませんね。
もう少し浜松や米原区のやつを撮っとけば良かったと後悔してます。

2010/5/23  11:55

投稿者:シービー
昨日はお疲れ様でした、そして色々と有難うございました。
この70号機は、撮ってないかもしれないです。何せ南浦和辺りで撮っている頃にも、見た事がないかもしれないです。
特徴ある窓周りですし、東北線にこういった姿のEF58がいたというのも知らなかったでした。

http://blogs.yahoo.co.jp/mrcbcross14

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ