2010/6/3

485系1000番台「特急つばさ」  国鉄特急
前記事に続けて、電車化「つばさ」本来の姿と言える新製485系1000番台で編成された姿を紹介しましょう。
電車化に間に合わず暫定的に使用された基本番台を置き換える格好で、昭和51年に登場した国鉄最後の485系が1000番台です。北海道向けの1500番台が先に登場しているのが不思議なとこなんですが。
この1500番台の耐寒・耐雪設備は散々な結果だったのは有名な話ですから、その後に登場した1000番台の方が逆に北海道に持っていっても活躍できるんじゃないか、なんて話も当時出てましたねぇー。
実際、485系の中では最強の耐寒・耐雪仕様を備えた区分で、秋アキに集中配置され当時2往復だった「つばさ」のみの運用を賄ってました。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和51年、デビュー直後の姿。西日暮里駅。
まだピカピカの新車って感じですね。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和51年。王子付近。
外観からは300番台と区別がつきません。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和53年。上ノ山〜羽前中山間。
サシを除いて1000番台で統一された編成も美しいです。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和52年。白岡〜久喜間。
この頃は、1日中張り付いていても飽きない場所でしたねぇー。

昭和53年を境に鉄活動も収縮してしまったので、ヘッドマークがイラスト化されてからの姿が殆ど残って無いんですよ。まあ、53年からイラスト化が始まっているので「つばさ」の文字マーク時代も意外と短い期間しか無かったと言う事になりますね。
ところで、この1000番台は今も残ってるんですかね。最近の事情には疎いもので。

いつもポチ有難うございます。
1

2010/6/4  18:22

投稿者:line
つばささん。
そう言えば屋根が銀色に光ってました。今のやつは塗ったような感じですよね。
正面だけでは300番台と見分けがつかないので、今となっては側面のナンバーを見ないと判別できないのでしょうね。
西日本も既に置き換えが決定してるので、やはり東日本の485系が最後の存在となりそうです。あと何年持ち応えるのかなー。

2010/6/4  18:11

投稿者:line
シービーさん。
これも狙って撮ってたと言うより、撮影の合間に来たって感じですかね。
当時の上野〜大宮間と言ったら、何時行っても何かしら走ってきますので、暇さえあれば出かけて行ったようです。
まあ「ひばり」「とき」あたりはかなりスルーしてたと思います。今思えば贅沢な話ですよね。

2010/6/3  22:01

投稿者:キハ181つばさ
全検に入る前は屋根がギンギラギンですね。如何にも新車って感じで、今の485系とは年齢が明らかに違うように見えます。
今残っている東日本の485系は、殆ど1000番代が中心ですね。基本番代は全滅しているんじゃなかったかな。西日本に少々ってところでしょうか。

2010/6/3  21:31

投稿者:シービー
文字のみの「つばさ」、こんなに撮ってられたんですか。
私は撮ってないようです。
気動車から電車になって、魅力がなくなったので撮らなかったかもしれないです。
あ〜今思えば失敗したかな〜。。

http://blogs.yahoo.co.jp/mrcbcross14

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ