2010/10/22

浜川崎今昔  鉄道のある風景
先日かなり久しぶりの南武支線、鶴見線を訪れたのですが、何年ぶりかと調べたところ1979年に浜川崎を訪れてたようです。と言うと31年前なんですよね。
いやーそんなに月日が過ぎていたとは。

その頃に撮ってたネガを見てる限りでは、何処で撮ってるのかさっぱり思い出せなかったのですが、今回駅前をぶらついて当時の場所を思い起こす事が出来ました。
しかし、古い写真をプリントしてかなかったもので、同アングルとはいかなかったのが残念なところ。まあ、近い場所なんでまた行って見ますか。
そんなんで、今昔の写真でも見比べて見ましょう。

クリックすると元のサイズで表示します
まずは現在の南武線浜川崎駅。改札側からホームを見たアングルです。
ホームの屋根は木造なんで変わって無さそうですね。

クリックすると元のサイズで表示します
そして31年前。改札側を見て撮ってました。
こう見ると、雑草が生えて無いだけで、あまり変わってない感じですね。

クリックすると元のサイズで表示します
クモハ11も今こうして見ると渋い味出してますよね。

クリックすると元のサイズで表示します
駅を出て踏み切りの真ん中から尻手方面を見た感じ。保線用の機関車が朽ち果ててます。
しかし、雑草が伸びきってますな。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは鶴見線の浜川崎駅。跨線橋を降りて右に進むと南武線浜川崎駅になります。この位置関係も今回行って思い出した一つです。

クリックすると元のサイズで表示します
31年前の同じ位置。草ボーボー以外は意外と変化なし。
奥に見える高架線が電化されてますが、今は架線も無く廃線のようでした。
南武線のED16もここまで来てたんですね。

最後に、浜川崎付近で撮ったと思われる写真なんですが、結局?だった走行写真。

クリックすると元のサイズで表示します
線路脇にこれだけ空間のある場所って見当たらなかった。
南武支線のクハ16+クモハ11の2連。

こうして見ると、やはり30年前の方がこと鉄道に関しては賑わってたように感じます。貨物列車の数も格段の差があったんでしょうね。
今や草ボーボーの線路が寂しさをかもし出してますよ。

いつもポチ有難うございます。
0

2020/3/12  11:53

投稿者:炎穂
高架橋、現在は未使用で浜川駅のシンボルとなっています

2015/9/8  21:15

投稿者:line
炎穂さん。
この辺って意外と変わってないですよね。
今や工場夜景の聖地ですが、当時は工場撮るなんて輩は居
なかったですよねぇー。

2015/7/24  14:08

投稿者:炎穂
高架橋の貨物線が走っていた頃ですか
確か私が幼稚園か小学校低学年の頃でした
いや懐かしいです

2010/11/1  17:42

投稿者:line
tgv844さん。
やはり工業地帯の一角なんで、建物なんかも昔のままで時間が止まってるようです。
今では、線路を通る列車も少なくなったのか、雑草が埋め尽くしてる風景が寂しさを感じさせますよね。

2010/10/30  11:49

投稿者:tgv844
あまり変わっていないですね。塩浜と鶴見線を結ぶ高架橋の架線柱がなくなっているくらいでしょうか。

2010/10/23  15:55

投稿者:line
つばささん。
この南武支線も少しは増発されたような気もします。旧国時代は鶴見線の方が運転本数は格段に多かったので、多分片道しか乗ってなかったですね。
当時、南武支線あたりで撮ってれば、貨物も撮り放題だったと思われますが、全く撮って無かったです。やはりアングルとかに無理があったんですかね。

2010/10/23  15:49

投稿者:line
シービーさん。
こちらから羽田空港へのアクセスルートでも出来れば、また変わってきそうです。実際、羽田神奈川口の話も出てますし。
全盛期は機関車もかなり溜まってたんでしょうね。今回はEF64が1両しか見れませんでしたよ。

2010/10/22  22:08

投稿者:キハ181つばさ
懐かしいですね。
これと同じような風景を昭和54年頃に撮っています。最後の17m片運車運転路線でしょうかね。
旧型国電ファンとして意識的に定着したのも、ここ、浜川崎支線を訪れたからと思います。言わば旧国の原点みたいな場所でした。

2010/10/22  21:51

投稿者:シービー
首都圏のローカル線でしょうが、貨物列車の衰退により寂れの速度が加速しちゃったかもしれないですね。
専用線もほとんど廃止なり、鶴見線=貨物というイメージは薄れちゃいましたね。

http://blogs.yahoo.co.jp/mrcbcross14

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ