2010/10/29

特急「はくつる」  国鉄特急
季節外れの台風のお陰で、折角休めそうな週末が丸潰れです。
ここの所、ネガスキャンの時間も取れてたので、まとまったネタから紹介してみます。と言っても年代が限られてるので、その辺はご了承の上で。

583系で運転されてた頃の「はくつる」です。
全部、昭和50〜52年の写真で、その後のイラストマークやJRマーク時代は記録に残ってませんでした。
上野〜青森間の東北線のみを走ってた唯一の寝台特急で、北海道連絡では一番の長距離コースの一翼を担っており、上り下りとも函館で「おおとり」「おおぞら」に接続し、当時の東京〜網走間の鉄道最速ルートの一部でもありました。ただ、昼間の「はつかり」より時間が掛かってたし、常磐線回りの電車「ゆうづる」と殆ど同じ所要時間でしたから、何らかの速度制限があったのでしょうね。
しかし、最速ルートと言えど昭和50年では、上野〜網走間が23時間30分と言うまる1日コースだったんですよ。新幹線青森延長後は、果たしてどの位時間が縮まるんでしょうかね。

クリックすると元のサイズで表示します
西日暮里駅より。昼間の運用のため食堂車は連結されてましたが、夜行については営業は無かったです。

クリックすると元のサイズで表示します
尾久〜赤羽間。これは、東大宮への回送ですかね。
朝方のこの時間は「ゆうづる」の回送も含めて色んなのが来ましたね。

クリックすると元のサイズで表示します
赤羽駅より。今では全く面影も無いほど変わってますね。
現在は特急も止まりますが、当時は1本も止まる特急が無かったですよ。

クリックすると元のサイズで表示します
尾久〜赤羽間。やはり文字マークに長編成が583系には似合いますな。

クリックすると元のサイズで表示します
最後に、臨時「はくつる51号」。EF58が14系座席牽いてるだけの写真なんですが、ネガ袋に書いてあったので、わざわざ撮りに行ったようです。EF65牽引を期待してたのかな。

結局「はくつる」もこれしか撮って無かったようです。上り列車は上野9時台でしたから良い時間帯なんですが、意外と枚数が少なかったですねぇー。
多分、9時半から始まる東京ブルトレ到着タイムと被ってたんで、そちらの方に行ってたんでしょう。

いつもポチ感謝してます
0
タグ: はくつる 583系 国鉄

2010/11/3  16:22

投稿者:line
シービーさん。
昨日はお世話様でした。「はくつる」は結局乗る機会は無かったです。上野〜青森間は客車「ゆうづる」に1度乗っただけでしたね。
今もそうですが、やはり寝台利用は割高感があって中々手が出ないですよね。
昭和53年から仙台に住んでたので、この手の夜行は真夜中に通過してしまいます。そんなんでイラストマークは撮れなかったかな。

2010/11/1  20:22

投稿者:シービー
はくつる、文字のみ時代のものは撮ってなかった気がします。
絵入りマークばかりで、その辺が時代の差でしょうか〜(笑)
はくつる、青森から上野までサロで乗車した事がありました。車内はガラガラでした。

http://blogs.yahoo.co.jp/mrcbcross14

2010/11/1  17:57

投稿者:line
舞さん。
この時代が一番賑やかな感じでしたね。
上野近辺は貨物列車は少なかったですが、思わぬ物が通って行ったりと暇を持て余す事も無かったです。
今のように情報が発達してなかったので、偶然に頼るとこも多いですが、それなりの喜びもありました。最近は情報が全て露出してるので、逆に面白味は減りましたね。

2010/11/1  17:50

投稿者:line
つばささん。
しかし、モノクロしか出て来なかったのが悔やまれます。やはり自家現像から焼付けやってた時期なんで、カラーフィルムなんて使わなかったようです。
この頃は、テール側を撮ることが殆ど無かったので、折角の51号のテールマークも残ってません。ひょっとすると白幕だったかも知れませんけど。

2010/10/31  21:22

投稿者:舞
上野や東京にいると、ホントにいろんな車両が見られて楽しいです。
駅からちょっと出ると、こんな風景も撮れるんですよね。

晴耕雨読じゃないけど、天気が悪ければそれなりにやれることってありますね。オールドファンにはありがたい記事、台風のおかげです。

http://ameblo.jp/mai-0311/

2010/10/30  13:21

投稿者:キハ181つばさ
構図も良いしシャープなのですごくカッコ良く見えますね。この時代、私は駅撮りばかりだったのでうらやましいです。
九州組みの車両もちゃんといますし、51号まで撮っているのはさすがですね。103号機のワイパーカバーが懐かしいです。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ