2011/3/30

昭和46年夏の津田沼電車区  鉄道
今月ももう終りですね。いろいろあったのでやけに早く感じます。
やっと桜も開花し今週末辺りが見頃になるのかな。しかし、鉄道とのコラボも今年は寂しい状況になりそうですな。
ゴールデンウイーク関東付近の在来線特急指定席券の発売も見送られた状況を考えると当分は普通列車しか走らないのかも知れませんね。

さて、また国内の昔ネタに戻ります。まだ私が小学生だった頃の話です。
昭和46年、国鉄千葉鉄道管理局内で唯一の電車区が津田沼電車区でした。県内には松戸電車区もありましたが、こちらは東京北鉄管に所属。JRになってもこの辺の区分は変わってませんね。
総武快速線開業前ですし、千葉以遠は気動車や客車も多く一つの電車区でも十分賄えるようで、総武緩行用の101系を始め165系、113系、73系と意外と多くの車両が所属してました。
この津田沼電車区も房総夏ダイヤが始まると、普段見られない車両がやって来るんですよ。子供心にウキウキしてお邪魔したのを覚えてます。
当時は突然小学生のガキが数人で見学したいのですがーと訪れても、嫌な顔せず見学させてくれる有り難い時代でしたねぇー。今思うとかなり迷惑だったと思いますが、まあそんな事があったので今も鉄道好きなのかも知れませんけど。

クリックすると元のサイズで表示します
レギュラー組の165系急行「うち房」。当時、房総西線の千倉までが電化されてたので、そこまでがテリトリー。
ヘッドマークは2種類あって、銀ブチと帯色と同じ青ブチがありました。

クリックすると元のサイズで表示します
夏ダイヤになると登場する、113系臨時急行「うち房」。普段は普通列車で走ってるのが、夏だけ急行に使われるなんてのは、国鉄では良くある話でしたね。

クリックすると元のサイズで表示します
津田沼所属車だけでは賄えないので、小山や新前橋の115系も借りて来て活躍中。これも急行に入ってましたね。

クリックすると元のサイズで表示します
中央線からは船橋行の臨時快速「かっぱ」も運転。昼間は津田沼に留置していました。
この列車、始発駅が何処か分らないのですが、ご存知の方いらっしゃいますか。お教え頂ければ幸いです。

クリックすると元のサイズで表示します
73系も総武緩行線の都心側では引退してましたが、津田沼より先の電化区間はくまなく走り回ってました。

クリックすると元のサイズで表示します
事業用車は良く分らんのですが、電車区となるとやはり色んなのが見られましたね。
南チタの配給車かな。

翌年の昭和47年に総武快速線が開業し165系は幕張区へ移動。暫く残ってた113系も去り、津田沼電車区も通勤車ばかりとなり、鉄的にはつまらない場所となってしまいましたね。
幕張区が出来てからは車両数的にも充実したのか、夏ダイヤでも他区から拝借するような事も無くなりガッカリしたのを思い出します。

いつもポチ感謝してます
2

2012/1/15  18:04

投稿者:line
シービーさん。
この頃、千葉管内の電車は全て津田沼でまかなってたので、他区からの臨時列車も入区してたりと面白かったですよ。
家からも近かったし、チャリンコ転がして暇さえあれば覗きに行ってました。しかし、その後に出来た幕張電車区は見学させてくれなかったなー。

2012/1/13  19:30

投稿者:シービー
電車区の見学ってなかったですが、ここは車種が豊富で良かったんですねぇ〜。
やはり今見ても、この車体の色がイイですねぇ〜。
国鉄の車両で育った私にはタマリませ〜ん。

2011/4/16  18:17

投稿者:line
つばささん。
当時は今ほど何に付けても煩くなかったですから、それだけを考えても良い時代でしたよね。もっと電車区とか見学に行っておけば良かったなー。
確かにフィルムもケチって使ってたので、あれもこれもと撮るわけにも行かず、撮り逃がしたのも多いかも知れません。

2011/4/13  22:16

投稿者:キハ181つばさ
この辺りの列車や車両たちは、見ていてゾクゾクしちゃいますね。
もうちょっと早く生まれていれば、気動車の「水郷」「犬吠」も撮れたんですが、やはり写真代がネックになっていましたね。いい時代でした。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ