2011/4/27

横須賀線が地下に潜る日  鉄道
いよいよゴールデンウィークですね。少しはイベント業界も復活しつつありますが、昨年程の忙しさは今だ戻ってこないなー。
まあ、こんな雰囲気なんで思い切って明日から出かけてきます。国内ですけど。

さて、また昔ネタが続きます。
今じゃ横須賀線と総武快速は、地下トンネルを介してスルー運転されてますよね。まずそこに至る経緯を説明しときます。
昭和47年に総武快速線が誕生し千葉方面から始めて東京駅までのルートが完成。当初から横須賀線との相互乗り入れが計画されていましたので、車両的にも横須賀線と同様な113系スカ色が登場してます。
昭和51年、総武快速が延長する格好で品川駅まで到達。これでスルー運転の準備は整った感があったのですが、その後の昭和55年まで実現する事がありませんでした。この辺の経緯はイマイチ分らないのですが、貨物専用線だった品鶴線の整備の関係なんでしょうかね。
そして、昭和55年10月改正により、ついに東京地上駅からスカ色の車両が見られなくなった訳です。

この辺りの動きはオンタイムに見られた世代でしたから、この地下線移動前に地上区間を走る最後の姿を撮影に行ってました。
昭和55年夏の記録です。

クリックすると元のサイズで表示します
東京〜品川間が地下化されるので、新橋駅を中心に撮ってたようです。
新橋駅で並ぶ湘南色とスカ色。30年後の今でも千葉辺りで見られるのが凄いですよね。

クリックすると元のサイズで表示します
夕方のラッシュ前でしょうね。今見てもそれ程違和感を感じないと言うのも歳をとったせいかな。

クリックすると元のサイズで表示します
まだ、153系普通列車の設定も多かったですね。2扉だとデッキ付近に人が集中してしまってるのが分ります。
グリーン車のデッキに立ってても、今ほど煩く言われなかった時代ですよ。

クリックすると元のサイズで表示します
東京〜上野の回送線も健在で荷物列車も見られました。
宇都宮のEF58が新橋駅を通過中。

クリックすると元のサイズで表示します
有楽町駅ホームからスカ線を。しかし、もう少し明るい時間に撮りに行っても良さそうな物の・・・

クリックすると元のサイズで表示します
折角なんで、現在のほぼ同じ位置からの写真も載せときましょう。
バックに見える建物は結構変わってますが、架線柱や鉄橋の雰囲気は昔のままですね。

113系など当たり前に走ってた車両ですが今や風前の灯。この辺でもイベント運転などあると大勢の人が訪れるとは、隔世の感がありますな。


いつもポチ有難うございます。
0
タグ: 横須賀線 国鉄 113系

2011/5/1  18:59

投稿者:line
瑞穂さん。
東海道線を共用してた頃はどちらに乗ってもそれ程時間が変わらなかったですが、品鶴線回りで駅が増える結果となるとかなり差が出たんでしょうね。
100系も既に新大阪には顔を出さなくなったようで、いよいよカウントダウン状況ですかね。また、最後は乗りに行かれるのですかー。

2011/5/1  18:48

投稿者:line
Cedarさん。
実はこの映画の垂れ幕が時代考察の参考になったんです。
昔からずぼらだったのか、ネガ袋に日付が入って無いのが多いので、外野が写ってると助かったりする事が多々あります。

2011/5/1  18:38

投稿者:line
シービーさん。
非冷房時代の大目玉スカ線は私も東京駅で1、2枚くらいしか撮って無かったです。
やはり、フィルム時代ブルトレは撮っても113系などフィルムの無駄と思いシャッターも押さなかったのかな。
用地買収と言うと新川崎、東戸塚の駅用地の関係ですかね。

2011/5/1  1:14

投稿者:瑞穂
私はまだまだ鉄じゃなかったのですが、なぜ横須賀線が「蒲田付近で見れなくなったのか」不思議でしょうがなかったです。鎌倉へ行くのに横浜まで行かなきゃいけないの?みたいな。
画像2枚目、後ろに0系が走ってますね!
100系も今年度いっぱいという噂があり、自分の年齢を感じます(T_T)

http://gray.ap.teacup.com/4005re_mizuho/

2011/4/27  23:53

投稿者:Cedar
「夕暮れまで」の垂れ幕が懐かしいです。なんでもないものを普通に撮っている価値、を感じますね。

http://cedarben.blog.so-net.ne.jp

2011/4/27  21:54

投稿者:シービー
ほぉ〜、走行シーンも撮ってましたか。
アチキは東京駅でブルトレ撮影の時に、一緒に入れて撮ったくらいでした。
単独でのスカ線は1枚しか撮ってなかったでした。
スルー運転が遅れたのは、用地買収に手こずったためだと思いますよ。
当時、湘南色とスカ色の半分ずつのクハが用地買収に難攻していてとかの説明がされている看板がありましたから。

それから道中、お気をつけて〜。。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ