2011/10/18

大鉄道時代展へ  展示会
先日、六本木の客先へ行く用事があったので、打ち合わせが終わってからAXISで開催中の"大鉄道時代展"へ足を運んでみました。
さすがに平日の昼間とあってお客さんも数人。ゆっくり見て回れましたね。
九州でこの夏に行われた同名のイベントを東京へ移して開催されたようですが、展示されてる内容は中々見ごたえのあるもので、特に本来の同業であるデザイン屋にとってはかなり参考になる展示でした。まあ、子供向けって感じではないですね。

デザイナーズブランドの鉄道車両の魁を築いた水戸岡鋭治さん。元々インテリアやアーキテクトのデザインが基盤にある方で、鉄道車両とは縁遠いところにいらしたようです。
まあ、国鉄時代を知ってる鉄にとっては、あの車両デザインは好き嫌いがはっきり分かれるとは思いますが、私としては世界に誇れる製品だと思ってますよ。
しかし、今でも手書きのラフスケッチを何度も書き込んでイメージを練っているとは。展示の中にそのスケッチブックもあり、その莫大な量にもビックリです。また、あの鈴木英人風のイラストも手書きの上にパントーンシートを貼りこんで製作されたと。まあ、かなりアナログな作品なんですね。
何か昔を思い出してしまった・・・

クリックすると元のサイズで表示します
中は撮影禁止なので、入口辺りを。
ドアの隙間からチョコッと座席が写ったかな。

クリックすると元のサイズで表示します
実はこの787系デビュー前に、このAXISでお披露目展も催されてたんです。私ゃその時もお邪魔しました。
しかし、この車両コンセプトはやはり「つばめ」でしたから、現状のような使われ方はデザイナーとしては如何なものなんですかねぇー。
スタッフの方にチョコッと聞いてみましたが、やはり・・・との事。
今後は塗装を含めたリニューアルもあるかも知れません。

クリックすると元のサイズで表示します
帰りに直筆サイン入りのイラスト画を買ってしまった。
印刷でなくインクジェット出力と言うのも凝ってますな。

開催は23日まで。入場無料ですし是非ご覧になってはと思います。
特に、JR九州で実現しそうな豪華寝台列車についてもイラスト展示されてます。ただ、6連のうち寝台1両と開放座席1両では客単価は相当なものになるんでしょうね。

いつもポチ感謝してます
0

2011/10/20  17:44

投稿者:line
saraさん。
多分、博多で開催された展示の縮小版って感じなんでしょうね。大半はイラストボードの展示でしたが、私なんかにとっては逆にゆっくり見れて良かったです。
しかし鉄道に限らず、船舶や飛行機までプレゼンされてるんですね。
座席はさすがに関東の車両では見られないので、例の転換クロスシートも含めて一通り全部座ってきました。

2011/10/18  21:57

投稿者:sara
会場前のお写真を見ていると、そちらで開催されている「大鉄道時代展」にも行ってみたいです・・。
座席も展示されてあったのですね。
そして、787系のこと・・私も同じように思います。
直筆サイン入りのイラスト画・・とても素敵ですね。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ