2011/10/28

特急「白鳥」の記録  国鉄特急
もう今年も2ヵ月ちょっと、過ぎてみると早いもんです。
ここの所、週末の天気もイマイチでしたし、仕事も忙しい事もあって出掛ける機会も無し。また、蔵出しネタが続きます。

関東ではあまり馴染みの無かった特急「白鳥」。もっとも昭和40年までは「上野白鳥」が日本海回りで大阪まで走っていたので、その頃を知ってる方々には馴染み深い特急であったとも思われます。
私ゃ生まれてましたが、見た記憶は無かったなー。
まあ、それ以降東京近辺で「白鳥」を見る機会は無くなったわけですね。ただ、たまに上野駅での幕回しの際「白鳥」が出てきたのもありましたけど。
そんな背景からか、遠征した際はなるべく撮れるよう努力はしてたようです。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和45年頃。既に大阪〜青森の単独編成となった「白鳥」。
キハ82は「白鳥型」とも称されてた通り、この「白鳥」用にデビューした形式です。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和49年、青森駅。昭和47年から青森持ちの485系となり在来線最長距離を走る電車特急として君臨。
この写真は「いしかり」用1500番台の試験運転として利用されてた頃のです。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和52年、敦賀付近。当時の編成がさっぱり分らないのですが、大阪寄り4両目にサシが入ってるので、青森持ちでも専用編成だったのかな。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和54年、湖西線内。サロの位置が2両目になってるので、この頃からは東北特急と共通運用が組まれてるようです。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和55年、秋田駅。当時、青森にはボンネットが配置されて無かったので、白鳥は200番台か300番台の姿しか見られませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します
平成?年。既にサシも外れて短編成化されてますね。塗装も変わって往年の長距離特急のイメージも無くなった姿だな。
この辺りから鉄離れしてたもので、記録も途絶えて・・・
そして平成13年に日本海を走り続けた「白鳥」は幕を閉じる訳です。

クリックすると元のサイズで表示します
しかし、1年ちょっとで何と復活。今日も走り続けてます。
まあ、新幹線開業までは安泰だと思いますが、スーパー化による消滅はありそうかな。

実はこれだけ撮ってても今だ一度も乗車した事が無かった列車でした。最後の写真撮った時、スーパーには乗ったんですけど。
そう言えばこの「白鳥」、485系の3線(60/50hz交流・直流)運転を発揮できる唯一の列車でもありましたね。


いつもポチ感謝してます
0
タグ: 白鳥 キハ82 485系

2011/11/16  20:22

投稿者:line
つばささん。
やっぱりイレギュラーな編成だったんですね。他の青森編成の写真見ても、こんな位置にサシが入ってるのは無かったです。
しかし、「日本海」ならこの距離を乗り通しても不思議じゃないけど、さすがに昼間の座席で乗り通すのは大変だったでしょうね。

2011/11/14  22:31

投稿者:キハ181つばさ
気動車の「白鳥」ってすごいですね。時代的には全く知りません。
昭和52年の「白鳥」はサロサロの13両編成ですね。この場所にサシが連結されているのは明らかにおかしいので、おそらくモハ1ユニットが欠車になっていると思います。故障とか閑散期とかの関係で減車したのかもしれませんし、かなりレアケースです。上野口では見たことがありません。

2011/11/4  16:56

投稿者:line
シービーさん。
青森近くだと早朝か夜間にしか見られなかったので、撮り難い列車でしたよね。青森区から受け持ちが変わってから、ボンネット「白鳥」も登場したようですが、私ゃ撮れなかったです。
今まで昼行特急で一番長い距離を乗ったのは、青森〜上野間の「いなほ」だったかな。

2011/11/3  21:21

投稿者:シービー
白鳥、青森で撮ったのは字幕が白くて文字が不鮮明でした。
北陸に行った時には、絵入りでしたがボンネットタイプを撮った事がありました。
やはりこの列車も乗った事がなく、青森〜大阪を乗ってみたかったです。果たしてアルコールの缶は何本空くのかなぁ〜(笑)

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ