2011/11/12

長距離フェリーに乗ってました  仕事のこと
ブログを書き始めて、おそらく初めてのカテゴリーとなる船舶の話です。
と言っても今から30年近く前の話。学生時代にやってたアルバイトで、長距離フェリーの船員として働かせてもらってました。
最初に乗ったのが昭和51年。それから昭和54年にかけて5回ほど乗船してました。通常、1往復を1航海と言って、9航海くらいを乗り続けたあと休みが入って、また同じサイクルを繰り返すと言うのが勤務形態でしたね。もちろん私の場合は、臨時雇用でしたから盆休みや正月休みの最繁忙期が掛かる時期の航海をヘルプするだけでしたけど。

さて、乗ってた船は川崎と日向を結ぶ日本カーフェリーの「美々津丸」。
当時は、もう一艘の「高千穂丸」と共に日本最速のフェリーと呼ばれていて東京〜九州間を下り20時間、上り19時間半の俊足で運転していました。最高速度で26ノット(時速約48km)は軍艦並みとも呼ばれてたかなー。
東京湾から浦賀水道を抜けると、その実力を発揮して一気に貨物船をぶっちぎって進む姿は、中々気持ちの良い物でしたよ。

当時、東京から西へ向う長距離フェリーは、日本高速フェリーの那智勝浦経由の高知行き、オーシャン東九フェリーの徳島経由の門司行き位しか無かったですが、途中寄港せず太平洋上を突き進むこの航路はやっぱり良く揺れましたね。初めて乗った時こそ船酔いぽくなりましたが、翌日からは慣れと言うか、台風の中でも全く酔うなんて事は無かったな。
まあ、バイトなのでレストランの洗い場が仕事場。揺れない時は忙しくて堪りませんでしたから、早く低気圧か台風でも来ないかなーと願ってたのは言うまでもありません。

クリックすると元のサイズで表示します
たとえアルバイトでも、船員手帳を持ってないとダメでした。

クリックすると元のサイズで表示します
当時としては、1万トンに迫る大型フェリーと言うのも売りでしたね。
そう言えば、何故かもう一隻の「高千穂丸」に当ることは無かったなー。

この頃は鉄道写真全盛期でしたから、乗船の際は必ずカメラ持参で乗り込んで日豊本線沿線に出没。そんなんで、当の船の写真ってあんまり撮って無かったんです。
その少ない中から少々紹介して見ます。

クリックすると元のサイズで表示します
東京湾内は速度規制があったので、どの船舶も同速で走ってましたね。ボートや漁船は関係ないのか、意外と速かったなー。

クリックすると元のサイズで表示します
ベタ凪の石廊崎沖。遠く、利島、新島、式根島、神津島が見えます。

クリックすると元のサイズで表示します
船尾は何も見えない海が続いてます。

クリックすると元のサイズで表示します
御前崎沖から見る富士山。水平線に珍しく蜃気楼が出来てますね。

クリックすると元のサイズで表示します
奥にやっと九州の山々が見えてきました。

クリックすると元のサイズで表示します
細島港に向けて入り江を進みます。神戸航路を走ってた「さいとばる」。
実は、この船1年余りで不運の沈没事故に会ってしまったのです。

クリックすると元のサイズで表示します
日向細島港へ着岸。隣は大阪航路の「ぶーげんびりあ」。
神戸、広島航路の船は沖止めでした。

クリックすると元のサイズで表示します
奥にチョコッと見えるのが、川崎航路の「美々津丸」。手前は大阪航路のもう一隻「せんとぽーりあ」。

クリックすると元のサイズで表示します
到着から出発までは自由に出歩けましたから、着岸するたび線路脇で写真撮りまくってましたよ。

クリックすると元のサイズで表示します
何故か写真撮ってくれと頼まれた。ガールズバンドの走りだった頃で、フェリーとタイアップ企画の一環だったような・・・
ファンネルのマークって確か鳶だったな。

当時、特急「富士」が東京18:00発で日向市着が翌日14:45。日本カーフェリーが川崎18:30発で日向が翌日14:30着。かなり良い勝負してたんですよね。
まあ、この戦いも今じゃお互いに過去帳入り。時代と共に需要も変化してるのを実感しますね。
しかし、今思えば良き時代を経験したなーと思ってますけど。

いつもポチ感謝してます
7

2016/8/24  7:32

投稿者:福島竹信
川崎〜日向への便が無くなって寂しい思いです。
以前は、何度か使って居ました❗
月に、何便かは欲しいです。

2014/7/11  19:03

投稿者:line
ひろさん。
私が乗ってた時は、川崎浮島から木更津航路がありました。これもアクアラインの開業前に廃止されてしまったと思います。
当時、夏場の台風や冬の低気圧によく遭遇しましたが、欠航などほとんどしなかったですね。やはり今より安全基準も緩かったのかも知れません。
まあ、レストランのバイトとしては、揺れてくれた方が忙しくなくて助かりましたけど(笑)

2014/5/21  17:33

投稿者:ひろ
今頃になってこのサイトにたどり着きました。
今、50歳。
小学校の頃から、中学生の頃にかけて、よく乗船しました。
当時は、東京湾内で2航路あったはず・・・?
川崎−日向航路も何度か、親と一緒に乗船しました。
船内のお風呂にも、揺れながら入った記憶があります。
あの頃を大変 懐かしく思います。
寂しいナ・・・。良い思い出です。

2011/11/16  20:13

投稿者:line
シービーさん。
予想通りのコメント有難うございます。やっぱり女性には目が無いですねぇー。
私もこのバイト以外で乗った大型フェリーは、太平洋フェリーの仙台〜苫小牧と関西フェリーの小倉〜大阪南港の2回だけでした。やはり時間の事を考えると、値段より速さを求めてしまうのかな。特に車を持ち込まない場合は・・・

2011/11/14  21:31

投稿者:シービー
昨日はお疲れ様でした。
フェリーには、まだ乗った事がない若輩者です。
川崎〜日向のフェリは、仕事上で使っていました。
海上コンテナで、繁忙期に百貨店の歳暮・中元などの贈答品を取引会社のセンターに送ってました。
ちなみに、一番下の画像では右から二人目が好みであります(笑)

2011/11/14  20:22

投稿者:line
瑞穂さん。
乗船されてましたか。多分、日本カーフェリーの名前じゃ無くなってた頃ですかね。
風呂はもちろん、夏場だとプールも有ったんですよ。
東京湾内はまず揺れる事は無いですが、観音崎を越えると一気に揺れが始まります。船内レストランの場合、揺れが売り上げを左右しますから、店長なんかは結構悩んでましたね。
夜、船尾から海を見ると夜光虫が青白い光を放ってて、それはそれは美しかったですよ。

2011/11/13  21:10

投稿者:瑞穂
川崎⇒日向、私も乗船しました。
…専門学校の卒業旅行ですが。
お風呂に入ってたらいきなり揺れが来て…湯船のお湯が全部流れてしまった。石鹸も泳いでった。当然気持ち悪くなりました。
翌朝、ご学友ともども全員ゲッソリ。いい思い出です。
多分もう一生乗らないような気がします。
でも、満点の星は綺麗でしたねー。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ