2012/3/29

梅香る茨城へvol.2  写真
昨年の写真とか見てみると4月3日で、都心の桜は1分咲きって感じでした。そう思うと、今年は遅いと言いつつも昨年並み位なんですね。
4月の週末で言うと7、8日あたりが一番の見頃でしょう。後は天気が良い事を願うしかないか。

さて、前記事の続きです。
折角の偕楽園なので梅を見ずに帰るわけにもいきませんよね。沿道には屋台も並んでて、お祭り気分も盛り上がってます。我々は早速ワンカップを購入。
しかし、人出に対して花の方はまだ見頃じゃなさそうで、早咲きの梅はそれなりに咲いてはいるのですが、全体を見ると今だ開花さえしてない株も目立つほどです。

クリックすると元のサイズで表示します
咲いてるところを狙って撮影。
梅は紅白とあるので、色味のコントラストは美しいですな。

クリックすると元のサイズで表示します
本物の花が少ない分、梅むすめさんが華を添えてくれます。
いつも鉄の塊ばかり撮ってるので、たまにはこの手の写真撮るのも楽しいですよ。

クリックすると元のサイズで表示します
抜けるような青空にも映えますね。
一通り園内を巡って、そろそろ鉄の塊の撮影へと移動。

クリックすると元のサイズで表示します
この改正で、651系が充当される本数も減ってしまったようですね。

クリックすると元のサイズで表示します
偕楽園駅近くの歩道橋から。
さすがにワンカップ飲みながら列車の写真撮ってるのは私らだけでしたよ。

クリックすると元のサイズで表示します
E657系ってのも初めて撮りましたけど、あんまり良い眼つきとは思えんな。
バックに写ってる梅は早咲きが多いのか、それなりに咲きそろってますね。

とりあえず短時間で特急車3種類とも撮れたので撮り鉄の方は終了。
帰りは、水戸駅までブラブラと歩いて見ます。しかし、道沿いにもこれと言って古い建物も無いし、途中に坂道の登りとかあるし結構大変な行程でしたよ。

クリックすると元のサイズで表示します
水戸駅で待ってる間にやって来たお座敷列車「いわき・ときわ路夢街道」。
本来なら飲み鉄の醍醐味を味わって見たいとこですが、18きっぷじゃ指定グリーンは乗れないとの事。残念・・・
そんなんで、お酒、つまみ、お土産なんぞ仕入れて普通グリーン車での帰宅と相成りました。

いつもポチ感謝してます
0

2012/4/11  19:47

投稿者:line
舞さん。
常磐線の特急も今が一番華やいでる時期ですかね。3種類を乗り比べできますし。
しかし、常磐線特急の自由席はいつも混んでますよね。首都圏を走る在来線特急の中では一番乗車率が良いように感じます。まあ、普通グリーン乗るより全然お徳感がありますしね。

2012/4/9  8:08

投稿者:
乗れるうちにスーパーひたちも乗らなきゃ、と思います。
お座敷列車、よく勝田で見かけるけど、乗ったことはありません。
車両センター公開イベントの時に、休憩所になってたそうなので、特急券がなくても見られるチャンスだったなぁと思いました。


http://ameblo.jp/mai-0311/

2012/4/7  16:56

投稿者:line
瑞穂さん。
今だお座敷に乗ったことないのですが、この車両って掘りごたつ式になってないので、長時間の乗車はかえって疲れそうです。特に私のような体格には・・・
そんなんで、普通車扱いでも十分なような気もしますね。
中間に挟まれたバブルの象徴のようなディスコ車も今だ健在でした。

2012/4/2  23:57

投稿者:瑞穂
おぉ、「リゾートエクスプレス・ゆう」ですね。
懐かしいです。
前は「欧風列車」だったのになぜかお座敷に改造されていた(いつの話やら?!)。水戸支社の陰謀ですかねー?
E657系、目つき悪いですねー。でも乗りたい(新し物好き)。

2012/3/31  16:58

投稿者:line
シービーさん。
あれー、腕が良いと言ってくれないんですかぁー。
真四角スタイルの車両って本当に減ってきてますよね。やはり昭和デザインってのが一番しっくりくる世代ですから、ここ最近のスタイルはどうも馴染めないかな。
しかし、シービー御大が花の写真撮ってる姿も馴染めなかったですよ。

2012/3/30  17:45

投稿者:シービー
カメラの機種がいいので、綺麗に写ってますねぇ〜。
こっちの梅娘さんも、イイなぁ〜。
鉄道車両、最近のデザインは合わないものになってきてます。
それもあって、街中の散策しながらの、のんびり撮りの方がこれからは増えそうです。
水戸駅、震災でかなり痛めつけられましたが、回復させた尽力は鉄道会社のおかげでしょうね。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ