2012/7/12

22年ぶりの信越線鯨波アングル  鉄道のある風景
大休東北スペシャル切符の2日目。
本来は鯨波で撮り鉄したのち柏崎から越後線、弥彦線を走破しようと企んで乗り継ぎ行程までしっかり用意してたのですが、週末に月曜朝までの制作仕事が入ってしまい撮影後そのまま事務所へ直行。まあ、不景気な昨今やっぱり仕事優先となりますよ。

クリックすると元のサイズで表示します
柏崎から信越線を上る始発列車は何と7:00発。
北海道でもそうでしたが、始発時刻ってビックリするほど遅くなってるんですね。国鉄時代の時刻表をちょいと眺めて見ると5:30、6:30としっかり走ってます。
この日、日曜日だからか6両編成の115系は空気輸送のまま発車。鯨波まで1駅乗って下車。

信越線の鯨波は昔から有名な撮影地でしたから知ってる方も多いと思います。
前回訪れたのが1990年5月なので、およそ22年ぶりの再訪となるわけです。しかし、20年なんて過ぎてみれば早いもんだな。
撮影地は駅から歩いて15分くらい。既に何人かがスタンバッており、軽くご挨拶。
普段中々来れる場所じゃないので、私ゃ上下列車とも無駄なく押さえたいし、通過時刻を書いたメモを見つつ右往左往してました。貨物列車は9時過ぎまでに5本あるので、意外と効率の良い時間帯なんですよね。

クリックすると元のサイズで表示します
上り列車は逆光になるので、ドカンアングルにしときます。
しかし、架線柱がいろんな方向へ傾いてるので水平が良く分からん。

クリックすると元のサイズで表示します
順光側の下り列車は気持ち良いほどスッキリ撮れますよ。
梅雨真っ只中とは思えない天気。

クリックすると元のサイズで表示します
逆光覚悟で海側からも。
さて、ここで22年前の写真と比較して見ましょう。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらが1990年の写真。まだ「雷鳥」が新潟まで運転してた頃。
一番の違いは奥にホテルが出来てしまった事かな。あとは、20年の木々の生育が凄い事くらい。

クリックすると元のサイズで表示します
コチラのアングルも比較して見ましょ。

クリックすると元のサイズで表示します
モノクラスの急行「とがくし」。前の写真に写ってたホテルが出来てしまったので、このアングルは撮れなくなってしまったような。
見た感じ線路脇の道が出来てしまった事が違うくらいかなー。

とこんな感じで、鯨波の撮影は終了。
さて、後は早く帰るだけなのですが、長岡での接続が悪くて1時間待ち。指定席6回分を使いきれるか分からんので、乗り込む「maxとき」で2回目を消費。

クリックすると元のサイズで表示します
このE1系も今年引退のようですから、これが乗り収めってとこですな。

まだ切符の有効期間が2日分残ってるので、平日休んで出かけちゃいました。
続く・・・

いつもポチ有難うございます。
0
タグ: 撮影地 鯨波 信越線

2012/7/24  20:28

投稿者:line
シービーさん。
ここって学生時代から結構有名でしたよね。
しかし、今じゃ走ってくる列車の本数も減ってしまったしと待ち時間ばかりが増えてしまった感がありますよ。
この区間、EH200なんかも走ってたので貨物列車撮るのには面白いとこですね。

2012/7/22  16:40

投稿者:シービー
鯨波、撮影ポイントで名は知ってても、まだ訪れた事がないです。
対比の写真も、興味深く見ちゃいました。
季節の違い、バックの雪山、それと潮の満ち引きの違いなど。
EF81、これはノーマルな姿のようですが、ここを走っている81は、バリエーション豊富ですね。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ