Salon LOTUS 公式ホームページ

セラフィーナ美梨子監修 ポータルサイト
〜天恵の祝福〜至福の愛のひとひら〜

〜ご予約状況〜


RSS更新通知パーツ


〜関連記事〜

@https://gold.ap.teacup.com/minako444/790.html

Ahttps://gold.ap.teacup.com/minako444/791.html


2014/10/6

ノスタルジックな心の旅〜  



「あなたにとって
 

あなたの心のあり方 あなたの生き方 あなたの愛する趣向の源につながる 


原点 初心に還る旅となるでしょう。」





私の守護天使セラフィーナから 伝えられた このような旅の啓示メッセージを


何度も 心の中で復唱し


今の自分の人生において 


心 精神的に 善き影響を受けているツールは何でしょう。


と 深く 内観しましたところ


母方の曽祖父さんと 曽祖母さんの事を思い出しました。



そして より深く内観してゆきますと


曽祖父さんとご縁あった ある場所が 脳裏に浮かび上がりました。



その場所とは 日本初の国立公園に指定された雲仙の

あるホテルにありました。



ダム建設を起業していた曽祖父が 

その雲仙のホテルを 避暑地としてよく利用し


滞在中は 毎夜 正装してダンスパーティーに 

葉巻タイムには 財政界の方たちと大きなお金が飛び交う話を楽しみ


派手に豪遊していたと  祖父から聞かされていました。



祖父は 素朴で 静かなお百姓さんなのに・・・


祖父のお父さんの 曽祖父は なんて豪快な人なんだろう〜


と 子供ながらに ダンディーな曽祖父さんを想像して 関心を持っていました。



その当時の雲仙のお客様の層は

ほとんどが西洋人の紳士・淑女で賑わい  外国人の避暑地でございました。



そのことから こちらのホテルも

外国の方の避暑地として建設されたホテルなので

ホテル自体が 美しい クラシックな洋館です。



曽祖父の 足跡を辿ろうと思い

この洋館ホテルへと足を運び 二泊 時を過ごさせていただきました。




クリックすると元のサイズで表示します



まるでホテルを守護する守護樹 番人のような緑の木々に囲まれた道の奥に

ホテルが 優雅に たたずんでいます。



西洋・東洋の名高い紳士・淑女

昭和天皇夫妻も この道を通り 宿泊された格式 歴史深いホテルの

参道のようにも思えます。



そのような歴史を築いて来られた先人の方と 同じ道を 

しとしと降る雨音とともに

感謝と敬意の念を込めて 一歩 一歩 歩み ホテルへと向かいました。 



そこで 出会ったホテルの精神が


一期一会に感謝〜真心こもるおもてなし〜 と ありました。



ホテルの いたるところに 心という愛が沁み渡り

ここで過ごされた先人の方の 心 が刻まれていました。



特に看護師をしていた曽祖母からは いつも


「最も 心が 大切」


「心を育てなさい」


「世に 人に 惜しみなく与えなさい」「人のためになる大人になりなさい」


と 繰り返し 繰り返し 子供の頃の小さい私に 

子守歌のように言い聞かされてきました。



そんな曽祖父 曽祖母から学んだ愛の教訓の全てが

このクラシックな洋館のホテルに集約されていました。



この洋館ホテルで

曽祖父の足跡 曽祖母の言葉 そして幼い小さな私に出会え


天使の啓示通り 初心 原点に還る


ノスタルジックな時間でございました。



そうして 感慨深い 二泊の宿泊が 名残惜しく終え

雲仙から 法要の行われる祖母宅へ バスでまいりました。



祖母宅に着いて


私の瞳に 一番に飛び込んできた 柱に張り付けている色紙。



クリックすると元のサイズで表示します




この色紙を通して 曽祖母から 心の教育を受けました。



心の大切さ〜


お人に与える喜びを 教えてくれた曽祖母に


改めて 深い感謝があふれました。




私達は 必ず 自分の心 あり方 人生に 善き影響を与えられている


人物や場所が 存在すると思います。



それは子供の頃のものもありますが

大人になってからのものもあることでしょう。



私の場合は たまたま曽祖父と曽祖母でしたが


脳裏を辿ってゆくと 皆さんにも


あの時の あの場所での思い出や 記憶が


今の自分の愛しているもの 好きなもの 心 響くものにつながっているのだな


と いう素敵なときめきが きっと あることと思います。



その記憶を呼び起こして


時間を作り その場所へ〜その人物へと 訪ねる感謝の旅は


自分の愛の器を大きくし 愛の信念 生命力が高まる


とっても 素敵なものでございますよ^^




クリックすると元のサイズで表示します




こちらの写真は 宿泊した 洋館ホテルの

お部屋の鍵です。


現代のホテルは ほとんどカードキーや現代的な鍵ですが


どうしてでしょうか。 このような古き時代を思わすクラシックな鍵を見つめますと


心が ほっと安らぐ自分がいます。



驚いた事が 一つございました。


外国人のために建築された洋館ですので

お部屋のノブが 私のハートの位置の高さで 高くて大変驚きました。




長くなりましたが 

ここまでお読みくださりまして ありがとうございます。




今の私達の魂は


原点に還る 原点回帰が いとしめやかに育まれていますので


皆様の 愛の原点 喜びの原点 魂の目的の原点を見出すインスピレーション

につながりましたら 嬉しいと思い


私事で お恥ずかしゅうございますが 語らいさせていただきました。






Love and Light.








※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ