Salon LOTUS 公式ホームページ

セラフィーナ美梨子監修 ポータルサイト
〜天恵の祝福〜至福の愛のひとひら〜

〜ご予約状況〜


RSS更新通知パーツ

2016/5/7

朱色のてまり  

私の産土様との思わぬ再会のお話しをさせていただきます。




前回の記事で このようにお伝えさせていただきました。



「一番近い神社 お宮参りをした神社が産土様と

思われていらっしゃる方が多いのですが。。。


それは少し 異なるところがございます」





実際 大変 まことにお恥ずかしながら 私も長らく

 

生まれ育った一番近い神社 お宮参りをした神社が


産土様と思い 慕っておりました。


 

ある心地のいいお昼下がりに 


別の神社が 私の産土様という事が分かりました。

 


それもですね。 空宙くんに指摘されてです^^





空宙くんが 関東から関西へ来て間もない頃。



私の産土様を 空宙くんに紹介しようと思い


私の産土神社へと 空宙くんを案内しました。





久しぶりの産土神社に 私が本殿前で 懐かしくひたっていましたら



空宙くんが 困った顔をしながら



「う〜ん。ここの神社は 美梨子さんの産土様ではないように思うよ。

僕の レーダーが反応しないんだ」




「空宙くん 何を言っているの!

ここの神社で お宮参りを全てしていただいて


千歳飴のお土産が嬉しかった思い出があるんだから!」




それでも 空宙くんレーダーが反応しないご様子でしたので 

 

 神社の社務所で 尋ねてみることにしました。

 


生まれ育った住所を お伝えしまして 



「ここの住所の産土様は

 
こちらの神社さんで 間違いはございませんよね。。。?」



と 疑いもなく お尋ねしましたら



 「いえいえ ここの住所の方の産土様は あちらの神社さんですよ。


ここから数キロ先の 〇〇神社です」

 


青天の霹靂のような 思わぬご返答が返ってきました。




このやり取りを 隣で聞いていた空宙くんは


「ほら! やっぱり!」 と 得意げです。




空宙くんは 風水師さんですので

様々な土地の神様とつながって お働きしていますので


空宙くんだけが察知する 土地の神様レーダーがあるようです。

 

 


もう その時の私は 産土様と思っていた所が異なっていると知り


とてもとても驚きました。

 

驚きが冷めない中 その日中に 本当の産土様へお参りへ行きました。

 

 


本当の産土様の神社の鳥居をくぐった時に

 

参道から 朱色の美しい柄が描かれた てまり が

 

とん とん とん と 静かに弾みながら私の元へ転がってきました。

 

 

クリックすると元のサイズで表示します






その朱色のてまり は 

 

なんと 私が辛く感じていた幼少時代に


一人で遊んでいた てまり だったのです。

 

 

 事実上 大人になってから 本当の産土神社へ参りましたが

 

私が 長い間 異なる神社さんを産土様と慕っていたにも関わらず

 

 産土様は 無上の愛の眼差しで


いつどの時も

 

大いなる愛で見つめてくださっていた事に 気付き


感動ひとしおな 産土様との再会のひと時でした。

 

 

生まれ育った一番近い神社  お宮参りをした神社さんも

 

もちろんご縁深いことには 変わりはございませんが

 

 私達の肉体に 魂を導いてくださって

 

私達の魂に 一霊四魂の光を宿してくださりました親神様は

 

産土様です。

 

 


  お客さまの方々の 産土様とふれあうたびに

 

お客さまの内奥に宿されている


聖なる泉から こんこんと湧き出る光の神性が


より 明らかに垣間見え

 

よりお客さまの 美しい愛の光の神性が


この地上にご存在してくださっていますことに



こんな広い世界で LOTUSという場で

 

同じ時代に お出会いしてくださりましたことに深い 感謝の想いがあふれてきます。





産土様のお話は 魂の深い所にふれますので

エンジェルリーディング時に 語らいさせていただいています。





もう時代は 愛と喜び 聖なる自立の中で


自分の真実を生きる時が訪れていますね。




いつどの時も 優しく受け入れてくれる世界が


いつでも立ち上がり 前進を応援してくれる世界が


自分だけの葛藤 お苦しみを 心から理解して


光の方へと導いてくれる世界が いつも私達とともにありますよ。






Love and Light.





 

 

 

 





※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ