Salon LOTUS 公式ホームページ

セラフィーナ美梨子監修 ポータルサイト
〜天恵の祝福〜至福の愛のひとひら〜

〜ご予約状況〜


RSS更新通知パーツ

2020/3/2

今年のお雛様の心〜  エンジェル☆エピソード



明日は 桃のお節句 雛祭りでございますね。



毎年 桃のお節句頃になりますと 私の幼少期のある思い出を回想します。



 両親・祖母からお祝いに贈られた雛壇のお雛様。




クリックすると元のサイズで表示します




〜まだ小さい私と お雛様〜



両親からしましたら せっかく娘のために求めたお雛様ですので

笑顔のショットを収めたいはずですが

どのお写真も 真っ赤な顔をして泣き叫んでいるような写真しかないのです。


両親が苦笑いをしながら 泣き叫ぶ私を抱っこしているお写真ばかりです。



まだ 幼稚園前のヨチヨチ歩きの頃ですが

でも はっきりと記憶しているのです。 



お雛様 お内裏様 三人官女 五人囃子のお人形が

私に向けて 話しかけるのです。



幼稚園前〜小学生になる前までの期間に 私だけに聴こえていた声でした。

その頃は 他の家族には聴こえないことが不思議でなりませんでした。



小学生以上でしたら お人形がお話しするなんて

考えられないとか 怖いとか思うものですが


まだ幼子の私は お人形は人間みたいにお話ししないという観念はありませんから

お人形がお話しすることを 怖がって泣いていたのではありません。



お雛様に宿る魂は 日本の神様の世界とつながっています。



なぜか上の世界に連れ戻されてしまう〜と思い込み

お雛様の前で 母親に必死につかまって泣き叫んでいたのです⁀⁀



もちろん神様はそのような事は決してなさりませんが

そのような事も簡単に可能な絶対的なお力を持つ神様のご存在に

幼子ながら畏怖を感じていたのです。



今はお雛様と出会いますと 幼子の時に抱いた意思に反する畏怖ではなく


私達人間の我では不可能 四面楚歌 八方塞なことを 

はかりしれない大いなる神の御業で 

光 癒し 救済へお導きくださる敬虔な畏敬の想いへと変わりました。




この幼子の時の経験から導かれた敬虔な畏敬の想いを大切にすべく


毎年 桃のお節句の頃に お雛様の歌を 天へ捧げます。

(私は音痴さんですので想像はなさらないでくださいね⁀⁀)




今日 祈りのひと時の中で 今年もお雛様の歌を天へ捧げました。


毎年 捧げるお雛様の歌を通して その年のお雛様の心とつながります。




今年も歌いながら降りてきたお雛様の返歌は



「静まりなさい 全ては静かな心から始まります」





お雛様に宿る神様が私達へ〜


もし今が幸福感 充実感を感じれないのなら

抱えている事 成果を出したい事があるのなら


騒ぐ心 揺れる心 不安心 損得・良し悪しの判断心 自分寄りの心を鎮め


ほんのひと時でも 静けさ とつながりましょう。


静けさ を通して 素晴らしい始まりが訪れます。


と 諭してくれています。




只今 世間・世界的に ある不安な種のニュースが拡散しており
早々の終息を祈るばかりですが


今すべき事は 恐れにフォーカスしないで


意識 感情 波動を下げないで 静かな心でいることが


全てから守られ 


ひいては世間世界の不安の種を宇宙へお返しすることができます。




お雛様の歌詞の 


 灯りをつけましょう ぼんぼりに〜


クリックすると元のサイズで表示します



ぼんぼりは〜女神界の柔らかさ〜


皆さまの心 世の中にも 柔らかな灯りをつけましょう⁀⁀




Love and Light.







※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ