野球の空論 BLOG

阪神タイガース中心に考える事を書くので、まさにタイトル通りの日記です。なんでもアリ!!

 
野球の空論 BLOG 

ランキング

ランキング

人気blogランキングへ            ↑↑↑↑                        ついでですが、ご協力を                                                             ブログランキング 国内野球                   ↑↑↑↑                   ついでですが、ご協力を

カウンター

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

カレンダー

2021年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:もりや
 スリムさん、どうもです。

>どちらも打てないチームですが、日ハムは
打てないからこそ走塁・守備を強化したが
阪神は打ち勝つ野球を目指していると。
昨日、もりやさんが岡田監督の野球は巨人の攻撃に中日の先発にJFKを足した野球だ
と述べていましたが同じ指摘ですね。

 日ハムのヒルマン監督って初年度は全く
バントをせずに勝利しようとして非難を浴び
て、「なら日本式でやりましょう」という事
でバントを取り入れましたよね。
 それを考えると、この人は作戦的な面で
「頑なに」という姿勢ではなく、その時の
戦力や環境を見て柔軟に変化させる
「合わせ上手」なタイプだと思うわけです。
 一方の岡田監督は、もう「頑なに」という
かまずは「信念」みたいなものか
「野球とはこういうもの」
「こういう野球をすれば勝てる」というのが
まずありきで、どのタイプの選手が集まって
いようが関係なく、岡田野球は変化はしない
と感じてます。
 つまり同じ打てないチームであったとして
も、「打てないなりにどうするのか?」とい
う対応力の差は歴然とするのは当たり前だ
と。
 元の形を作らない日ハムは、粘土気質みた
いなもので、変幻自在に環境に合わせられ
る。一方の岡田野球は、カチカチな鋼鉄気質
ですから、環境がどうあれ変化させることな
ど出来ないと。
 ですので岡田阪神が今年致命傷となったの
は、今岡・シーツの不調によるダメージが全てなんでしょう。その上金本が膝の故障によ
る不調となり、長打野球を目指す岡田野球で
は「どうにもこうにもならなかった」という
のが簡単に考えると、今年の岡田阪神の
まとめみたいなもんだと思いますね。

>CSシリーズに出場したら、その時点で系列のデパートはセールをするそうです。日本シリーズに出場しても何もしないが、日本シリーズの勝ち負け問わず、セールはするという予定だったみたいです。

 阪神と阪急が合体しての初年度ですから
何らかの形で「セール」を打ちたくてたまら
ないのでしょうね w



投稿者:スリム
こんばんは。今日も負けっぽいですね。
今日、日刊ゲンダイを読んでいたら興味深い
記事がありました。
阪神と日本ハムは似て非なるチーム。
どちらも打てないチームですが、日ハムは打てないからこそ走塁・守備を強化したが、
阪神は打ち勝つ野球を目指していると。
昨日、もりやさんが岡田監督の野球は巨人の攻撃に中日の先発にJFKを足した野球だ
と述べていましたが同じ指摘ですね。

残り全部負けて、岡田解任とならんかな。
私、昨年、猛追撃しているときは醒めてまして、まずダメだろうとおもってました。
今年は可能性があると思ってました。

追伸、どうでもいいことですが、CSシリーズ、3位だと遠征費で赤字になるそうです。
どうでもいい話をもう一つ、CSシリーズに出場したら、その時点で系列のデパートはセールをするそうです。日本シリーズに出場しても何もしないが、日本シリーズの勝ち負け問わず、セールはするという予定だったみたいです。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ