人魚日記

装飾塗装や空間デザインなどを手がけるユニット「ステンシルラボ」の代表MICHICOが創っているページです。
俳号、尾崎人魚から「人魚日記」と致しました。

 

カレンダー

2022
January
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近の記事

過去ログ

検索



このブログを検索

QRコード

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

最近の投稿画像

最近の投稿画像
1/11 子供の造形教室

最近の投稿画像
12/26 葉牡丹

最近の投稿画像
12/26 福引

最近の投稿画像
12/17 鍋

最近の投稿画像
12/10 冬

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

Tデパート吉祥寺店

クリックすると元のサイズで表示します

Tデパート/イートインコーナー

クリックすると元のサイズで表示します

かなり広い空間ですが、これまでは3メートルの高さの白い壁面に囲まれ、少々殺風景だったようです。

「癒しを感じる植物の絵を」との、デザイナーからの依頼。
最終的に、「蔦と鉢植えの植物」を描くことになりました。

「蔦物」の絵は、以前Sデパート関連の店舗で「アイビー」のデザインを全国展開をしていましたし、その施工記録をご覧下さった方々から、頻繁にオファーがありましたので、「蔦物屋さん」のようになってしまった時期もありました。

前回ご紹介した、介護老人施設の壁面も「蔦」でしたが、時間やご予算的が厳しい場合には「蔦物」をお勧めする事が多いのも事実です。

自然な感じに描く事で、広い面積のイメージアップを密度を上げなくても出来るからです。
自然な感じですから、繰り返し模様であって、繰り返しでない・・・寸分の狂いも無く正確にリピートするための寸法だしを現場でする必要が無いので、時間の短縮にもなるのです。

建物は正確に水平、垂直だと思っていますが、実際はそうでもないので、等間隔に同じ模様を真っ直ぐに並べるのは、意外に時間のかかる作業なのです。
正確にしたら、かえって曲がって見えた、なんて事も有りますからね・・・。
幾何学模様や、長い直線状の模様は本当に手間がかかるのです。

だからと言って、自然な感じに描くのが簡単なのではなく、アドリブでレイアウトしながら描くので、経験と勘と感性が必要ですけれど。

上の写真の鉢は1つが小さく写ってますが、2つとも幅が60センチ程ありますので、かなりの量感です。

すぐに下地の色の塗り替えをするかもしれないので、もしかしたら、この絵は短命に終わるかもしれません。

0
投稿者:ningyomn
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ