人魚日記

装飾塗装や空間デザインなどを手がけるユニット「ステンシルラボ」の代表MICHICOが創っているページです。
俳号、尾崎人魚から「人魚日記」と致しました。

 

カレンダー

2022
May
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近の記事

過去ログ

検索



このブログを検索

QRコード

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

最近の投稿画像

最近の投稿画像
1/11 子供の造形教室

最近の投稿画像
12/26 葉牡丹

最近の投稿画像
12/26 福引

最近の投稿画像
12/17 鍋

最近の投稿画像
12/10 冬

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

KIMA句会/五月

クリックすると元のサイズで表示します

 ガーベラやフランス人形目を覚す  人魚


今月の兼題
ガーベラ・蟻地獄・母の日

久しぶりに真摯に俳句に取り組んだ月だった。

俳句は、ものすごく集中力を要すし、感覚をうんと研ぎ澄まし、持てる知恵の全てを使ってやっと生まれる。
たぶん絵を描くことと、同じ脳みそを使うのだろう、両立ができない。
今月は俳句だけに集中した。

しかし、今月の「兼題」!
集中したとは言え、朝の4時まで悩みに悩み、電車の中でも、人の目も気にせず、ぶつぶつぶつぶつ。
特に「母の日」なんて、どう詠んでも思いいれが全面に出てしまう。
「思いいれ」は、どうも「邪魔」になる。
心情にせよ、言葉せよ、それに固執すると、独りよがりでしかなくなるからだ。
結果、駄作になることは、山ほど経験した。
そして、
真摯にといいながら、「母の日」は途中で捨てた。

蟻地獄と、ガーベラだけに集中してみた。
(でも出しましたよ、母の日の駄作も)

ガーベラは好きな花。
好きだと、また独りよがりになりがち。
できるだけ遠ざけて、物で詠もうと考えた。これがまた苦しい。
なぜか、ガーベラには眼を感じる。ハッと、見開かれた眼。カールした長いまつげ。
マスカラ、付けまつげ、連想ゲームの様にガーベラと眼の接点を探った。
句会に向かう途中の品川、大崎間、フランス人形が出てきた!
人形といえば、「人形の夢と目覚め」
すらっと、下5も決まった。
以前、よく感じた感覚が、ちょっと戻ってきた気がした。

静魚先生と、結女さんの特撰を頂いた。
苦労しただけに、嬉しい特撰だった。
新刊の句集「祝婚歌・荒井千佐代」を、特撰のご褒美に頂いた。
(物がかかると強いワタシ?笑)

「フランス人形」でガーベラの華やかさも加わった気がするのですが、いかがでしょうか?

素敵な句を読みたいけれど、
やっぱり、集中力。真摯に望む。
これしかないのだなあ〜。

人魚特撰

 しおれゆくガーベラや夜の肉色  留以

赤いガーベラの鮮烈な色、その赤をどうしたら表現できるか、もうひとつは、赤にこだわったのですが、こんなすごい句を留以さんが出されました。
ガーベラの深い赤は、バラとは違う単純な形にもかかわらず、血や、肉感的なかんじがします。その赤いガーベラの散り行くさまを、夜と、肉の色で、表現したこの句、すごい!

 言ふなれば本気の赤ぞガーベラ咲く  人魚

「本気の赤」にやっと行き着いたのですが、上5がねえ〜・・・
もう少し考えましょ!1年後くらいに完成するかな?

静魚先生特撰


 ガーベラやフランス人形目を覚す 人魚

 蟻地獄コルトレーンの低き音  桃兎
 ガーベラや首長くして誰を待つ 夜空
 


静魚撰

 ガーベラの花びら猫の舌に似し 桃兎
 蟻地獄しゃがめば見えし幼き日 毬
 母の日やアルバムめくりめくりして 桃兎
 蟻地獄うらはらなこと考へる 人魚
 しおれゆくガーベラや夜の肉色 留以
 ガーベラのするする伸びて茎青し 静夜
 ガーベラの一輪挿され骨董屋 留以
 言ふなれば本気の赤ぞガーベラ咲く 人魚


0
タグ: 俳句 句会 句集
投稿者:ningyomn
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ