人魚日記

装飾塗装や空間デザインなどを手がけるユニット「ステンシルラボ」の代表MICHICOが創っているページです。
俳号、尾崎人魚から「人魚日記」と致しました。

 

カレンダー

2020
November
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近の記事

過去ログ

検索



このブログを検索

QRコード

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

最近の投稿画像

最近の投稿画像
1/11 子供の造形教室

最近の投稿画像
12/26 葉牡丹

最近の投稿画像
12/26 福引

最近の投稿画像
12/17 鍋

最近の投稿画像
12/10 冬

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

蒔絵

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

昨日まで、広尾プラザ2階の、広尾ギャラリー(写真1枚目)で、手習いの蒔絵教室の展示会が有りました。

生徒の作品と、松田祥幹先生親子の御作品を展示し、毎年この時期に開催されています。
もう、5回なのだそうですが、私は、三回出品しています。
1週間の開催で、1日平均100人のお客様が、来てくださったそうです。
ギャラリーのご担当者がおっしゃるには、1週間で100人でも御の字なのだそうですから、正に大盛況でした。

「蒔絵をやっている」と言うと、「源氏物語絵巻」を想像するのか?「巻物」と思われる方が多かったのですが、超高価な携帯電話が話題になったお陰で、以来、「へえ〜すごい」といってもらえるようになりました。
フリーのお客様が多かったのは、その効果もあったようです。

今年は、普段使いの小さな丸盆(写真2枚目)と、アクセサリーを出品しました。
時間も、お金もないので、なかなか大作には挑戦できません。
何しろ、金粉は1グラム5千円もしますから、貧乏な私は、どうしても、みみっちくなってしまうんです。

上の狐は、背中に金、お腹側に銀を蒔いています。
これは、けっこう難しい技術なんですよ。
少し盛り上がっているのは、「炭粉上げ」という技術で、金を沢山使わなくても、立体感や、インパクトが出る技法です。

先生方の御作品が素晴らしいのは、当然なのですが、生徒の作品も、其々個性的で、この日のためにと精進した最高の舞台として、力作、大作を出品するので、素晴らしいです。

必要な物しか作らない私は、それを出すしかないのですが、「次回はもう少しがんばろうかな?」
・・・って、毎年思うのですけれどね?


クリックすると元のサイズで表示します

アクセサリーはプレゼント用に、毎年作っています。
「今年は、丸盆1点のみに」と思っていましたが、丸盆の仕上げの漆を乾かしている間に、アドリブで作り何とかペンダントも間に合わせました。

神戸の友人が、「シンプルで素敵」と言ってくれたので、忙しい中、立ち寄ってくれたお礼に、プレゼントする事にしました。

「アドリブなんて、すごい」と言われますが、実はすごい事でもなんでもなく、私レベルでは絶対ダメ!
言い訳にしていますが、自慢にも何にもなりません。(と思います)

きちっと構想を立てて、手順を踏まないと、大失敗しますし、そうして作られた作品こそ、本当に素敵だからです。
それに、一発勝負で、直しが効きませんからね?
手馴れた人が図柄を下絵無しで描く事はありますが、それは、経験や頭の中に構想がきちんとあるからです。


クリックすると元のサイズで表示します

先生方の作品です。
こんな素敵な「お棗」なんて、一生出来ないなあ〜

来年は、6月1日から、広尾ギャラリーで、開催されます。
鬼が笑う?

 




0
投稿者:ningyomn
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ