人魚日記

装飾塗装や空間デザインなどを手がけるユニット「ステンシルラボ」の代表MICHICOが創っているページです。
俳号、尾崎人魚から「人魚日記」と致しました。

 

カレンダー

2022
July
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近の記事

過去ログ

検索



このブログを検索

QRコード

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

最近の投稿画像

最近の投稿画像
1/11 子供の造形教室

最近の投稿画像
12/26 葉牡丹

最近の投稿画像
12/26 福引

最近の投稿画像
12/17 鍋

最近の投稿画像
12/10 冬

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

蕪蒸し

クリックすると元のサイズで表示します

今月のKIMA句会の兼題の一つは「蕪蒸し」。
季語のジャンルには、誰しも得て、不得手があると思いますが、人魚の不得手季語は、料理。
兼題に出なければ、まったく詠まないといっても過言ではありません。

料理の句は・・・

  フォンデュ冷め疑い解けぬまま寒し  人魚
  
くらいしか、 思い出せないなあ〜。 

  きんとんの隣り黒豆指定席   人魚
  
      なんて、句もありましたっけ。

他にはとんと思い出せません。


で、俳句を置いておいて〜
「蕪蒸し」じつは、「蕪」は我が家では、評判が芳しくないのです。

漬物は母(姑)のレシピの「からし酢漬け」をはじめとして、浅付けや ぬか漬けなどなどなど、そして、和風サラダ、イワシのカルパッチョにも入れたりと、とてもよく食すのですが、調理をすると、歯ごたえがないからか、NGなんです。

でもでも、私は、大好物なので、有無を言わさず昨夜は「蕪蒸し」!
また、「中途半端な感じ」と言われたくないので、イレギュラーな内容にしてみました。

普通は鯛なのですけど、輪切りの蓮根の上に、お酒たっぷり甘めで濃いめのだし汁に漬けておいた鮟肝を置き、
スライスした椎茸の形を元通りに整えて その上に置きます。

そして、しっかり泡立てたメレンゲを混ぜた「おろし蕪」を通常よりたっぷり山盛りにかけtて、蒸しあげました。
本葛で、とろみをつけた、濃いめお出汁もたっぷり掛けます。

実家の庭で収穫した「ゆず」と、ぎんなん、万能ねぎ をトッピング。
蓮根の歯ごたえと、これだけでもおなかがいっぱいになるくらいのボリュームに、文句の出ようはずがない。
 言えなかったのかな?

でも、この料理、時間の割に仕上がりが地味なので、来客のときには作りませんし、なかなか登場の機会がありません。

だから俳句なんてね〜〜〜〜・・・・・・

あ!もう一つイレギュラー。

   クリックすると元のサイズで表示します
                  これ!蕪の汁。

おろした蕪は絞らず、しばらく細かいざるにおいて、落ちた汁です。
ここに、ゆずを少し絞り、結んだ皮を飾りに。(冷蔵庫で冷やしておきます)
お好みで、ゆずこしょうを入れても美味かしら?
ジアスターゼで、脂も生臭さも吹っ飛びまあす。

今回、具が「鮟肝」なので、おもいついた一工夫。
グラスの縁に飾り塩をすれば、「蕪蒸しセット」で、おもてなしの一品にもなるかもしれませんね?

晩酌は、有無を言わさず、熱燗。

メインはお土産の大きな「カマスの干物」でした。
残りの蓮根は「きんぴら」にして副菜に。
今日のお弁当にも入れちゃいました。

ぎんなんの下ごしらえは、信じられないかもしれませんが、紙封筒に入れて、レンジへ。
ボン!という音がしたらOK。
薄皮もきれいに剥けます。
1
タグ: 料理 野菜 和食
投稿者:ningyomn
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ