人魚日記

装飾塗装や空間デザインなどを手がけるユニット「ステンシルラボ」の代表MICHICOが創っているページです。
俳号、尾崎人魚から「人魚日記」と致しました。

 

カレンダー

2021
October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近の記事

過去ログ

検索



このブログを検索

QRコード

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

最近の投稿画像

最近の投稿画像
1/11 子供の造形教室

最近の投稿画像
12/26 葉牡丹

最近の投稿画像
12/26 福引

最近の投稿画像
12/17 鍋

最近の投稿画像
12/10 冬

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

句集

クリックすると元のサイズで表示します

やっと、出版の準備が整いました。

念願の句集です。
装丁は、出来るだけシンプルにさりげなく。
そんな漠然としたイメージしかありません。

何しろ、まったく何もわかりませんから、
そそっかしい私を心配し、河内静魚先生が出版社に付き添ってくださいました。

株式会社 文学の森  

写真の句誌、「俳句界」でご存知の方も多いと思います。
お訊ねすると、たまたま、同誌編集顧問のO様がいらして、ブログ用にと、先生とツーショットで写真におさまるというオマケまで付きました。
後日、編集部の方々のブログを拝見すると、OH!本当に出てる
先生の句と並んで、俳句まで・・・いろんな汗がいっぺんに出てしまいました'_';

俳句界、出版部の方々は、担当のA様はじめ、皆様、懇切丁寧。
ドッキドキで、ガチガチの私でしたが、先生のお陰もあり、
何とかイメージをお伝えすることができました。

そして、私ごときに取締役専務T様から、お礼の直筆のお手紙が!本当にびっくりするやら、感激するやらで、またしても汗、汗。

予定は 212句 300冊。
クリスマスに自分にプレゼント・・・のつもり。
先日句稿を入稿し、只今「あとがき」を思索中です。

初稿が出来ると、また、あれこれ迷うのかもしれません。
いくつか関所がありそうです。

カットを考えながら、楽しみもジワリとこみあげてきました♪

そんな中、俳句界から、執筆依頼が舞い込みました。
ヒエ〜ッ
身に余る光栄・・・ありがとうございます。
だけど、どうしよう!

入稿期限が近づいて来ます
汗だけでなく、喉の奥に苦いものが・・・

精進精進!!!
0
タグ: 俳句 出版 句集
投稿者:ningyomn
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ