人魚日記

装飾塗装や空間デザインなどを手がけるユニット「ステンシルラボ」の代表MICHICOが創っているページです。
俳号、尾崎人魚から「人魚日記」と致しました。

 

カレンダー

2021
November
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近の記事

過去ログ

検索



このブログを検索

QRコード

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

最近の投稿画像

最近の投稿画像
1/11 子供の造形教室

最近の投稿画像
12/26 葉牡丹

最近の投稿画像
12/26 福引

最近の投稿画像
12/17 鍋

最近の投稿画像
12/10 冬

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

角川「俳句」俳句手帳

クリックすると元のサイズで表示します

静魚先生から、角川「俳句・二月号」付録(俳句手帳)に、人魚の句が出ているよ。と、お知らせをいただきました。

あらまあ、それは嬉しや♪ と、早速 AMAZONへ発注!

来ました来ました。

「俳句手帳」というのは、句帳・・・つまり俳句用のメモ帳。
角川のそれは、各ページに著名な俳人の句が1句ずつ、そして、最後に「季寄せ」があり、各季語ごとに1〜2句、凡例が挙げられています。

2月号は「春」の「季寄せ」。春の〜〜、日永、草餅、チューリップ・・・等々、春の季語が並んでいます。
人魚の句は・・・・ありました!

  
  肉皿に赤き嘘あり春の宵  尾崎人魚

ちょっと、かっこよい感じの句で良かった♪
作者に何の知らせもなく、こうして活字になるのも、俳句の面白いところ。
版権がどうの、著作権がこうの・・・などない、平和な感じ♪
以前、「十万人の俳句 歳時記 秋」のときにも、そうでしたが、店頭で自分の句を見つけて、購入しました。
でも、嬉しいなあと、いちいち買っているうちはまだまだ素人ね?

ついでに何を血迷ったか? 初心に帰ろうと思い過ぎか?こんなものも買ってしまった。
これで秀句が出来たらスゴイ!?

クリックすると元のサイズで表示します





もう1冊、俳句の本のご紹介♥これはお勧めです♪

クリックすると元のサイズで表示します「猫の恋」毎日新聞社

「猫の恋」は春の季語。

大好きな、岩合光昭さんの猫の写真と文、俳人の石寒太さんの選句と文。
写真に句が添えられ、ほのぼのとした猫の世界が展開されています。

 
 
 紅梅にほしておくなり洗ひ猫   小林一茶 

の句に始まり

 色町や真昼ひそかに猫の恋    永井荷風
 ランボーを五行とびこす恋猫や  寺山修司
 恋猫の恋する猫で押し通す    永田耕衣

俳句を短冊に乗せているのがちょっとうるさいけれど、それはそれとして、猫の句だけというのが何とも楽しい。


実はこれ、息子からの誕生日プレゼント♪
0
タグ: 季寄せ 季語 凡例
投稿者:人魚
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:人魚
桃兎さま

ありがとうございます。
猫好きにお勧めの「猫の恋」は写真俳句集にありがちなあの感じの装丁とページレイアウト・・・わかるでしょう?あの感じ・・・そこがちょっとね?うふ・・・

nmichiko@bea.hi-ho.ne.jp
投稿者:桃兎
良かったですね、人魚さん♪
角川に出るなんて、凄い!
それを見つけられる静魚先生も♪
おめでとう♪
AutoPage最新お知らせ