人魚日記

装飾塗装や空間デザインなどを手がけるユニット「ステンシルラボ」の代表MICHICOが創っているページです。
俳号、尾崎人魚から「人魚日記」と致しました。

 

カレンダー

2021
November
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近の記事

過去ログ

検索



このブログを検索

QRコード

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

最近の投稿画像

最近の投稿画像
1/11 子供の造形教室

最近の投稿画像
12/26 葉牡丹

最近の投稿画像
12/26 福引

最近の投稿画像
12/17 鍋

最近の投稿画像
12/10 冬

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

2月 KIMA句会

クリックすると元のサイズで表示します

19日はKIMA句会でした。

兼題:雲雀、淡雪、猫柳

何となくノスタルジックな気分になる兼題で、昭和に引き戻されました。

  テレビにはコマドリ姉妹ひばり啼く  人魚


今月は、ノロと思しき不調と、ひどい環境の仕事で発熱に見舞われ、体力無し。
挙げ句のごとくふざけつつ前日に句詠開始・・・。

先ずは、お怪我で、お休みの結女様への挨拶句から・・・・

  時といふ薬もありし春の雪  人魚

結女様と言えば、ぶっちぎりの特選続出で、投句を書き写した私としては、1点も入れられず、ごめんなさい。

猫、方言、マーブルチョコレート、チョコレートパン(チョココロネ)、駄菓子屋、などなど、織り込みつつ詠みましたが、このところ新しい自分を探していることもあり、なかなか句が定まりません。

今回、ちょっと気になったことがありました。
「駄菓子屋は、もう過去のもの、古すぎる」と先生がおっしゃったのですが、駄菓子ブームもありましたから、文房具屋と駄菓子屋がいっしょくたになったような小学校裏の店は、子供のころと大差ない雰囲気のまま、そこそこ健在で、自分の中ではノスタルジーありの現在形でもあります。

今回の「駄菓子屋」のように、取り入れた物が古いのか、一般的に自然に認証されるのか?
ついつい「思い込み」に陥りがちな私としては、また一つ課題を突き付けられた感じです。

諸々の理由から、拙句を紹介しないことにしましたが、こうした疑問には、やはりきちんと句をUPしなければ、ご意見はいただけませんね?

句集を出して以降、様々なプレッシャーの中、模索を続けております。



2
タグ: 季語 挨拶句 句会
投稿者:人魚
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ